Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ローズアライヴァルの2019   [入厩馬 / 愛知ステーブル小松分場]
2021/01/15
愛知ステーブル小松分場で育成中。引き続き角馬場、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「週に5日は坂路2本のキャンターを積み重ねています。段階的にメニューを強化しても、食欲は落ちず、体重が右肩上がりに増加しているうえ、トモの筋肉に張りが出てきましたね。どちらかといえば晩成に思われたのですが、同期に追い付き、追い越しそうな良化ぶりと言えるでしょう。まだハロン17秒ペースを上限にしているとはいえ、前進気勢が高まり、余裕の手応えで走り切れるようになりましたよ」とコメントしていました。現在の馬体重は492kgです。
2020/12/25
愛知ステーブル小松分場で育成中。引き続き角馬場、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路にてハロン17秒ペースのキャンターを消化しています。飼葉をペロリと完食し、健康状態に不安はありません。ますます幅が出ましたね。マイペースを崩さず、まだ促さないとハミを受けない傾向にあるのですが、精神面が安定しているあたりは心強いですよ。着々とスタミナ面も強化されてきました。このまま乗り進めていけば、自ずと反応も変わってくるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は475kgです。
騎乗者の扶助に反応しきれないシーンも見受けられますが、今後の育成によって改善できるとみています。
2020/12/15
愛知ステーブル小松分場で育成中。この中間も角馬場、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「脚元や体調面に異常はなく、坂路調教も問題なく消化することができています。古馬に混じって調教していることもあり、余計な仕草を見せることもありませんし、心身ともに逞しく成長してきました。見た目にも見栄えが良くなってきており、この流れで乗り進めていければ春先にはさらに成長した姿を披露することができるでしょう」とコメントしていました。
2020/11/25
愛知ステーブル小松分場で育成中。現在は角馬場、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「飼葉をよく食べ、すっかり体調が安定しました。適度に余裕を感じるスタイルを維持しています。トラックでのハッキングを継続するとともに、連日、坂路へも入れ、ハロン20秒ペースのキャンターを開始しました。こちらの環境に馴染み、調教時は古馬に先導してもらっている効果もあり、やんちゃな態度が目立たなくなりましたね。このまま順調にメニューを強化していけるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は469kgです。
移動当初は幼さが目立った様子ですが、ここまで様々な経験を積みながら逞しく成長しています。
2020/11/13
愛知ステーブル小松分場で育成中。現在は角馬場とウッドチップコースで軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「根本的におとなしいとは言えない性格ですが、北海道で自分が暴れて怪我をした経緯があったことで、人間を頼るようになったことはプラスに捉えて良いのではないでしょうか。一緒に移動してきたアンジェリックの2019や古馬と一緒に馬場入りしていますが、しっかりと対応してくれています。柔軟性に富み、弾力性のある動きが目立つようになりましたし、お預かりしていた兄スピーディクールとはタイプが異なりますが、同じように資質は高そうです。様子を見ながら坂路にも入れることになると思います」とコメントしていました。
2020/10/28
10/24に愛知ステーブル小松分場に移動して育成中。現在は角馬場を中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「先週末に北海道の愛知ステーブル本場より到着しました。輸送熱を発症してしまい、39.5℃まで体温が上がりましたが、翌日にはすっかり回復しました。環境の変化に戸惑い、うるさいところも見せているとはいえ、飼葉も順調に食べ始め、元気いっぱいですね。問題なく騎乗調教を立ち上げることができました。問題なくペースアップしていけるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は460kgです。
見た目には傷跡がまだ残っていますが、馬自身は気にする様子を見せません。坂路入りに向けて下地を固めていく予定です。
2020/10/15
愛知ステーブル本場で育成中。現在は馴致を行っています。
担当スタッフは「まだ傷跡は残りますが、後遺症などもなく順調に回復してきましたので、獣医師とも相談のうえ、馴致を開始しました。ここまでは思っていたよりも素直に対応してくれています。自分が暴れたことにより負傷して痛い思いをしたわけですから、馬自身も学んだ部分があるのではないでしょうか。様子を見ながら基礎的なことを会得させていきたいと思いますが、もう少し進めてから小松分場へ移動させる予定です」とコメントしていました。現在の馬体重は460kgです。
2020/09/29
愛知ステーブル本場で育成中。現在は舎飼いで休養中です。
担当スタッフは「先日、ウォーキングマシンでの運動中、何かに驚いて暴れ、左目の上に外傷を負い骨折するアクシデントがありました。縫合して処置し、順調に回復に向かっているとはいえ、まだ周囲に腫れが残り、しばらく体温も不安定でしたので、現在は馬房内で静養させています。少しずれていたら視力や神経系統に影響が出ることも危惧される箇所であり、予後に与える影響も心配されましたが、幸いその心配はなさそうです。まずは慎重にコンディションを整えますが、幅がある好馬体の持ち主であり、大物感を漂わせているだけに、乗り始めるのが楽しみでなりません」とコメントしていました。現在の馬体重は469kgです。
思わぬアクシデントが発生し、募集を取り下げることも検討しましたが、獣医師より予後に与える影響はないとの見解を示されました。将来性を感じるだけに、まずは患部の回復を待つ方針です。

測尺:体高154.0僉ゞ三182.0僉ヾ桧20.0
page top
page top