Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ガヴィオラの2019   [入厩馬 / ファンタストクラブ]
2020/10/28
ファンタストクラブで育成中。現在は角馬場、ダートコース、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「順調にダートコースで1600m程度のハッキングを消化中です。素直な調教態度を崩さず、ハミ受けも安定してきましたので、ウッドチップコースや坂路へも入れ始めました。現時点でも体力が豊富であり、疲れた様子など見せません。メニューを強化しながらも、体重が増加して、馬体の張りも上向いてきましたね。調整進度の早さだけでなく、奥の深さも伝わってくる個性だけに、磨けば磨くほど魅力が際立ってくるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は485kgです。
馴致開始時にはどこか頼りなさも感じましたが、トレーニングの効果や成長も相まって逞しさを感じさせるようになってきました。
2020/10/15
ファンタストクラブで育成中。現在は屋内ダートコースを中心に騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「毎日、元気に調教に励んでいますよ。屋内馬場でのハッキングを1600mまで延ばしていますが、現時点で目立った課題はありません。良いタイミングで当場に移動してきましたので、良い流れで育成を進めることができています。いくらか硬さが残りますが、ジョイントがしっかりとしていて力強さを感じさせてくれる1頭です。この先、どういう成長を見せてくれるのか楽しみは尽きません」とコメントしていました。
2020/09/29
ファンタストクラブで育成中。現在は屋内ダートコースを中心に騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「馴致、乗り慣らしの段階をスムーズに卒業し、周回コースにて1200m程度のハッキングへと移行させました。とても健康的であり、体力的に堪えた様子などうかがえませんよ。性格的にも素直で賢く、ゲートの通過などもスムーズにこなしています。乗り味がしっかりしているうえ、背が高く、伸びやかなスタイルだけに、距離の融通も利くでしょうね」とコメントしていました。現在の馬体重は473kgです。
半兄のゴーストが8月に札幌日刊スポーツ杯を制して3勝目を挙げました。母の競走実績を思えば、産駒の成績には物足りなさも覚えますが、充実期を迎えた兄に続き、母の晩年の傑作と呼ばれるような活躍を期待したいところです。

測尺:体高161.0僉ゞ三179.0僉ヾ桧20.5
page top
page top