Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ガヴィオラの2019   [入厩馬 / フォレストヒル]
2021/03/31
フォレストヒルで調整中。現在はフラットワークに加え、坂路での騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「長距離輸送を経ても、ほんとんど体重が減らずに到着しました。健康状態に不安はありません。早速、騎乗を立ち上げました。性格的にも大人びていて、こちらの調教環境に馴染むのは早く、とても乗りやすいですね。問題なくペースアップできるでしょう。北海道でもしっかり乗り込まれていきましたので、体力面に余裕があり、力強く四肢を運んでいますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は493kgです。
母親が高齢時の産駒だけに、体質面がどうか気がかりではありましたが、その心配も杞憂に終わりました。頼りなさも影を潜め、逞しい姿に成長を遂げています。
2021/03/25
3/24にフォレストヒルへ移動しました。
小崎調教師は「先日もお伝えしたように、まずは淡路のフォレストヒルへ移動させていただきました。少し見ない間にスケールアップしましたし、これからの成長も楽しみです。無事に到着し、輸送熱や大きなダメージもないとのことですので、明日からスクーリングを兼ねて軽く乗り出してもらいます。状態を確認しながら、入れるタイミングやデビューの時期を検討していきましょう」とコメントしていました。今後はまだ到着間もないことから徐々に調整を進めていく予定です。
2021/03/15
ファンタストクラブで育成中。引き続き角馬場、ダートコース、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「この間も坂路を中心にしっかりと乗り込めました。15-15の本数を週2回に増やしましたが、疲れた様子は見せません。脚元のトラブルとも無縁です。調整の進度としては十分であり、余裕の手応えで消化でき、走りの質としても上々と言えるでしょう。とにかく何の不安もなく、順調すぎるほどの調整過程を辿ってこれました。現時点でも完成度が高く、コンスタントな活躍が期待できるうえ、優秀な母系だけに、奥の深さも伝わってきます」とコメント。小崎調教師は「コロナの影響でしばらく見れていませんでしたが、聞いていたように成長の跡が見て取れました。私の中では期待が増しています。近いうちに栗東近郊へ移し、問題がないようであれば早めのデビューを目指していきたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は498kgです。
2021/02/26
ファンタストクラブで育成中。引き続き角馬場、ダートコース、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「週に1本、坂路での15-15を織り交ぜながら、順調にキャンター調整されています。体重に変化がなくても、筋肉の張りが上向き、メリハリの付いたスタイルとなりましたね。動きも着実に良化しています。スピードの乗りが早くなり、ラストまで楽な手応えで走り切れ、スタミナ面も強化されました。鍛えて味があるタイプだけに、今後のさらなる変貌ぶりが楽しみですよ」とコメントしていました。現在の馬体重は500kgです。
2021/02/15
ファンタストクラブで育成中。引き続き角馬場、ダートコース、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「少しずつキャンターのスピードを上げ、坂路ではハロン15秒ペースまでラストを伸ばし始めました。飼食いが落ちたりせず、健康状態に不安はありません。ディープブリランテ産駒らしく、ますます体に厚みを増し、たくましい雰囲気が備わってきましたね。バランス的にも大人っぽく変化しつつあります。この調子ならば、早めのデビューにも対応できるのではないでしょうか」とコメントしていました。現在の馬体重は500kgです。
2021/01/29
ファンタストクラブで育成中。引き続き角馬場、ダートコース、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「じっくりと屋内トラックで周回を重ねたうえ、坂路を1本、ハロン18秒くらいのペースで駆け上がっています。厳寒期は基礎体力の強化に主眼を置き、緩やかなペースアップに努めますが、体重に大きな変化がないなかでも、腹周りが引き締まり、トモの筋肉に張りを増し、競走馬らしいスタイルになりましたね。フォームのブレが少なくなり、着々と推進力も高まっていますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は492kgです。
2021/01/15
ファンタストクラブで育成中。引き続き角馬場、ダートコース、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「明け2歳の調整進度としては十分なレベルに達していますので、年始の3日間はウォーキングマシンでの運動にとどめてリフレッシュさせましたが、この間も文句なしの健康体を保てました。屋内トラックで2400mほどハッキングを行ったうえ、坂路でもしっかり乗り込めていますよ。落ち着いた精神状態を保ち、操縦性に課題は見当たりません。この先も順調にステップアップしてくれるのではないでしょうか」とコメントしていました。現在の馬体重は490kgです。
2020/12/25
ファンタストクラブで育成中。引き続き角馬場、ダートコース、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「1周900mあるダートトラックにてハッキングを3周ほど消化したうえ、屋内の周回コースや800mの坂路へ入り、順調にキャンター調整されています。着々と中身が詰まりつつあり、フットワークに力強さを増しました。飼葉をモリモリ食べ、快活な雰囲気をキープして、健康状態に不安はありません。前向きにハミを受けながらも、きちんとコントロールが利き、操縦性に関しても同期を一歩リードしている印象です」とコメントしていました。現在の馬体重は489kgです。
以前は全体的に硬さが見受けられましたが、育成の成果と成長により、柔軟性が増してきました。
2020/12/15
ファンタストクラブで育成中。引き続き角馬場、ダートコース、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「この中間も様々な調教を課していますが、しっかりと応えてくれています。屋内坂路では17~18秒ペースのキャンターも交えていますが、しっかりと駆け上がることができています。まだまだ良くなる余地がありますし、じっくりと育成を進めて完成へと導いていきたいですね。視察に来られた小崎師も成長した姿に目を細めていました」とコメント。小崎調教師は「体も一回り以上大きくなり、成長した姿を確認できました。まだ体は大きくなりそうですし、ディープブリランテ産駒らしい体付きですので楽しみにしています」とコメントしていました。現在の馬体重は489kgです。
2020/11/25
ファンタストクラブで育成中。引き続き角馬場、ダートコース、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「屋内のダートトラックでハッキングを消化するとともに、ウッドチップの坂路も活用してキャンター調整を開始しました。文句なしの健康体を保ち、筋肉の張りが素晴らしいですよ。最新の調教ビデオを見ていただければ、お分かりいただけると思いますが、真面目な態度を崩さず、ハミ受けや口向きもスムーズであり、乗り難しさはありません。すべての面でバランス良く成長していると言えるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は490kgです。
豊かな成長力を見せ、購買時よりもグッと逞しくなってきました。半兄のゴーストは有力馬が揃った先週の西宮ステークスを快勝。連勝を飾ってオープン入りを果たしており、本馬に追い風が吹き始めています。
2020/11/14
ファンタストクラブで育成中。引き続き角馬場、ダートコース、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「この中間も至って順調に乗り込むことができています。屋内ダートコースで2000mのキャンターを中心に、屋根付き坂路でハッキングキャンターの調教なども交えながら調整しており、週に2〜3回はゲートの通過もさせていますが、まったく問題ありません。現状でこれといった課題もありませんし、素質も感じさせていますので、この調子で鍛えていきたいですね」とコメントしていました。
2020/10/28
ファンタストクラブで育成中。現在は角馬場、ダートコース、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「順調にダートコースで1600m程度のハッキングを消化中です。素直な調教態度を崩さず、ハミ受けも安定してきましたので、ウッドチップコースや坂路へも入れ始めました。現時点でも体力が豊富であり、疲れた様子など見せません。メニューを強化しながらも、体重が増加して、馬体の張りも上向いてきましたね。調整進度の早さだけでなく、奥の深さも伝わってくる個性だけに、磨けば磨くほど魅力が際立ってくるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は485kgです。
馴致開始時にはどこか頼りなさも感じましたが、トレーニングの効果や成長も相まって逞しさを感じさせるようになってきました。
2020/10/15
ファンタストクラブで育成中。現在は屋内ダートコースを中心に騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「毎日、元気に調教に励んでいますよ。屋内馬場でのハッキングを1600mまで延ばしていますが、現時点で目立った課題はありません。良いタイミングで当場に移動してきましたので、良い流れで育成を進めることができています。いくらか硬さが残りますが、ジョイントがしっかりとしていて力強さを感じさせてくれる1頭です。この先、どういう成長を見せてくれるのか楽しみは尽きません」とコメントしていました。
2020/09/29
ファンタストクラブで育成中。現在は屋内ダートコースを中心に騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「馴致、乗り慣らしの段階をスムーズに卒業し、周回コースにて1200m程度のハッキングへと移行させました。とても健康的であり、体力的に堪えた様子などうかがえませんよ。性格的にも素直で賢く、ゲートの通過などもスムーズにこなしています。乗り味がしっかりしているうえ、背が高く、伸びやかなスタイルだけに、距離の融通も利くでしょうね」とコメントしていました。現在の馬体重は473kgです。
半兄のゴーストが8月に札幌日刊スポーツ杯を制して3勝目を挙げました。母の競走実績を思えば、産駒の成績には物足りなさも覚えますが、充実期を迎えた兄に続き、母の晩年の傑作と呼ばれるような活躍を期待したいところです。

測尺:体高161.0僉ゞ三179.0僉ヾ桧20.5
page top
page top