Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ティーエスベリーの2019   [入厩馬 / シュウジデイファーム]
2021/01/15
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「健康状態は良好ながら、ウォーミングアップ時にテンションを上げ気味だけに、精神面を傷付けないよう、一歩引いたスピードでの乗り込みを継続しています。ただし、走り出せば集中力が高まり、口向きやハミ受けも改善されてきましたよ。スローペースのキャンターでも折り合いが付くようになり、ずいぶん乗りやすくなっています。まだ腹周りに余裕を感じるとはいえ、馬体のバランスも整ってきましたね」とコメントしていました。現在の馬体重は467kgです。
2020/12/25
シュウジデイファームで育成中。この中間もBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「依然として馬装の際や跨った当初にうるささを見せるとはいえ、BTCの調教環境にも慣れつつあり、走り出せば集中してくれるようになりました。坂路ではハロン20秒ペースまでスピードを上げていますが、飼食いが落ちたりせず、体力的に堪えた様子は見せません。これから伸びる余地をたっぷり残しているだけに、今後も丁寧な対処に努めますが、問題なくペースアップしていけるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は465kgです。
気難しい一面は変わらずに見せていますが、着実に進歩できていますので、馬の成長に見合った負荷をかけていきます。
2020/12/15
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「この中間からBTCでの調教を開始しました。人が跨がるところから馬場入りまでは余計なことばかりしてしまって乗り役を困らせており、現状は技術が高い担当者でないと乗りこなせません。それでも走り出してしまえば大丈夫ですので、普段の振る舞いも教育しながら改善できればと思っています。現在は22〜23秒ペースのキャンターを行っており、様子を見ながらペースアップを図る予定です」とコメントしていました。
2020/11/25
シュウジデイファームで育成中。引き続き牧場内の屋内馬場を中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「牝馬らしくシャープなスタイルであっても、体力が余っているほどであり、健康面に不安はありません。ただし、お転婆盛りであり、慣れたスタッフでないと馬装を嫌がったり、騎乗時も反抗的な態度を見せがちだけに、誰が接しても平静を保てるよう、入念にコミュニケーションを図っていますよ。じっくり手をかけた成果が表れつつありますので、まもなくBTCの充実したコースへ移り、メニューを強化できるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は465kgです。
依然として敏感な面が目につきますが、丁寧に接していただいているおかげで人間との意思疎通が図れるようになってきました。今後も一歩ずつ調教の負荷を強めていく予定です。
2020/11/13
シュウジデイファームで育成中。引き続き牧場内の屋内馬場を中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「気性面に配慮し、しっかりと騎乗者とコミュニケーションが図れるようにこの中間も牧場内で入念に運動を行っています。気性面はまだまだ成長が必要な段階ですが、体の使い方が良くなってきましたし、フィジカル面の進歩は十分と言えるでしょう。今後も気性面に注意しながら一歩ずつじっくりと進めていきます」とコメントしていました。現在の馬体重は465kgです。
2020/10/28
シュウジデイファームで育成中。現在は牧場内の屋内馬場を中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「馴致の復習を入念に行ってきたところ、跨っても過敏に反応することが少なくなりました。それでも気性面には今後も注意したいですし、気持ちを傷付けないように配慮しながら、慎重にステップを踏んでいきます。まだ牧場内のトラックで脚慣らしを行っている段階ながら、順調に乗り込み量を増やすことができました。馬房内では落ち着いた態度を崩さず、飼葉もよく食べていますよ。健康状態に不安はありません」とコメントしていました。現在の馬体重は462kgです。
2020/10/15
シュウジデイファームで育成中。この中間も調馬索を行っています。
担当スタッフは「やや気性面で難しさがあり、手を焼いている現状です。初めが肝心ですし、中間も人間との距離感を縮め、コミュニケーションをとることに時間を割いています。素軽い動きで素質は感じていますので、まずは騎乗調教に向けて信頼関係を高めていきたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は462kgです。
2020/09/29
シュウジデイファームで育成中。現在は調馬索で運動を行っています。
担当スタッフは「一通りの馴致を終えていても、牝馬らしい敏感さが目立ち、騎乗すると体を硬くしがちです。焦らずに基礎を復習させながら、慎重なペースアップに努めるべきでしょう。入念に手をかけ、コミュニケーションを図るとともに、ロンジングでハミ受けを確認しているところです。脚元や健康面に気になるところは見当たりません。シャープな身のこなしからも、確かなポテンシャルが伝わってきますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は458kgです。
気性面で敏感な部分を見せているため、まずは人間とうまくコンタクトが取れるように進めています。身体能力は存分に感じるだけに、焦らずに取り組む方針です。

測尺:体高160.0僉ゞ三180.0僉ヾ桧20.5
page top
page top