Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
サマールナの2019   [入厩馬 / シュウジデイファーム]
2021/03/31
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「順調に坂路での15-15を消化しています。コンパクトな体付きは変わらず、伸びる余地をたっぷり残す状況ながら、馬体の張りは良好であり、コンディションの低下はうかがえません。従順な態度を崩さず、精神的には大人びていますので、安心して鍛えることができますよ。ペースの緩急が自在なだけに、やんちゃ盛りの同期の誘導役を努めたり、併せ馬で折り合いを教えたりもしています」とコメントしていました。現在の馬体重は408kgです。
目下の課題は馬体のボリュームアップですが、内面と精神面は着実に成長しています。今後も焦らずに進めながら成長を促す方針です。
2021/03/15
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「コンスタントに坂路での15-15をこなしています。体力的に余裕があり、キビキビと動けるうえ、メンタルも落ち着いたままであり、操縦性の課題も見受けられません。決して細くは映らないとはいえ、馬体の成長がスローなのが唯一、気がかりな点でしょうか。必要に応じてリフレッシュを図ることも視野に入れ、今後も大切に育てていきたいと思います」とコメントしていました。現在の馬体重は404kgです。
2021/02/26
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「週に1本、坂路での15-15を継続していますが、飼食いが落ちたりせず、気持ちの部分でもフレッシュ感があり、オーバーワークの心配はありません。少し体重は減ったものの、細くなったように映らず、毛艶や張りが上向きました。ただし、成長の余地をたっぷり残す現状だけに、しばらくは現行のメニューを繰り返しながら、もっとボリュームアップさせたいと思っています」とコメントしていました。現在の馬体重は416kgです。
2021/02/15
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路にて15-15を開始しました。きちんと飼葉を平らげ、安定したボディコンディションをキープできています。なんとも愛らしい性格も変わりません。集団調教の先頭に立っても素直な態度を崩さず、同期たちをスムーズに誘導できるうえ、併せ馬では自由自在にポジション取りができます。反応も着々と上向いてきました。このまま真っすぐに伸びてほしいですよ」とコメントしていました。現在の馬体重は420kgです。
2021/01/29
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「丁寧な基礎固めが実を結びつつあり、順調に中身が詰まってきた実感があります。週2日は坂路でのキャンターを2本に増やしました。メニューをワンランク強化しても、飼食いが落ちたりせず、適度に余裕を感じる好スタイルに変化しつつあります。ここ最近の上昇ぶりには目を細めていますし、期待がさらに増しました。鞍上に信頼を寄せてくれ、大型の牡馬と併せても怯んだりしません。現時点でもセンスの良さが伝わってきますね」とコメントしていました。現在の馬体重は423kgです。
2021/01/15
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「ハロン20秒ペースをメインにして、順調に乗り込めていますが、体重がやや減少傾向にあります。体力的に堪えた様子はなく、健康状態に不安はないのですが、飼葉を平らげるのに時間がかかるようになりましたね。とても素直で乗りやすく、相変わらず機敏に動けているとはいえ、しばらくは軽めのメニューに切り替え、ふっくらとしたスタイルに戻す方針です。これから良化する余地が大きいだけに、まずは成長を促しながら焦らずに進めていきます」とコメントしていました。現在の馬体重は403kgです。
2020/12/25
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「ワンランク負荷を強め、坂路をメインにしてハロン20秒程度のキャンターを消化しています。これから成長するタイミングにありますので、しばらくは余裕の残しのメニューに止めたいと考えていますが、小柄なスタイルのままであっても、飼葉を完食し、疲れた様子など見せません。きちんとコントロールが利くうえ、反応は上々であり、キビキビと動けていますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は409kgです。
数字的にも見た目的にも成長途上の感が強い現状ですが、資質の高さは評価されていますので、成長を阻害しないようにじっくりと進めていきます。
2020/12/15
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「BTCの坂路や各コースにも慣れてきており、現在は坂路で22〜23秒ペースのキャンターを中心に乗り込んでいます。随所に素質を感じる部分もありますが、現状は成長途上でこれから伸びる余地が多く残るだけに、ペースを上げるよりも適度な負荷を与えてじっくりと成長を促していきたいですね」とコメントしていました。
2020/11/25
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「BTCの様々なコースに慣らしながら、徐々に負荷を強めていますが、素直な調教態度を崩さず、とても乗りやすいですね。しばらくはスピードは求めず、運動量でカバーして、馬体の成長を促す方向ながら、飼葉をきちんと完食し、健康面に不安はありません。コンパクトな幼児体型ながら、現状でもバランス自体は整っているだけに、実際よりも大きく見せますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は408kgです。
まだまだ伸びる余地が残されているだけに、しばらくは基礎固めに注力していきます。
2020/11/13
シュウジデイファームで調整中。現在はBTCの屋内ダートコース、直線コースなどを併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「まだまだ伸びる余地を多く残している段階ですので、急激なペースアップをすることは避けますが、BTCの施設を活用した調教へと切り替えています。幼さが残る現状ですが、変わり身は大きいですし、これからのトレーニングによって逞しい変化を遂げてくれるはずですよ。これからも成長度合いに見合った調教を課していきたいと思います」とコメントしていました。現在の馬体重は405kgです。
2020/10/28
シュウジデイファームで育成中。引き続き牧場内の屋内馬場を中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「まだ幼さが前面に出た体型であり、これから成長する段階だけに、この間も牧場内の屋内トラックでじっくり乗り込みを進めました。脚取りは軽快であり、疲れた様子など見せません。飼葉もよく食べています。気持ちの部分でも安定していて、着々と操縦性を高めていますので、そろそろBTCのコースに入れ、メニューをワンランク強化しても問題はないでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は408kgです。
いかにも成長の途上段階にありますが、これから育成調教を進めるにつれてグンと良くなる印象を持っています。
2020/10/15
シュウジデイファームで育成中。この中間も牧場内の屋内馬場を中心にとした騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「お兄ちゃんのデストゥリエーレの馴致で苦労した経緯があっただけに、慎重に進めているところですが、今のところ素直に対応してくれていますし、気性面の難しさを感じることはありません。ただし、遅めの生まれということもあり、もう少し体を大きくさせたいところです。成長度合いを見ながらBTCに入れていくタイミングを図っていきます」とコメントしていました。現在の馬体重は405kgです。
2020/09/29
シュウジデイファームで育成中。現在は牧場内の屋内馬場を中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「牧場内の屋内馬場での速歩やスローキャンターをメインにしている段階ながら、キビキビと動けています。まもなく充実したBTCの調教場に移り、問題なくメニューを強化していけるでしょう。小ぶりなサイズながら、飼葉を残さずに平らげ、健康状態に不安はありません。1頭になると嘶いたり、幼い仕草が目立つとはいえ、人の指示には素直に従ってくれます。遅めの生まれですし、伸びしろという点では随一の存在です。今後の成長や変化が楽しみでなりません」とコメントしていました。現在の馬体重は408kgです。
遅生まれの部類に入りますので、これからの育成により、来春には見違える姿に変貌を遂げていることでしょう。身体能力の高さは認められていますので、じっくりと育てながら素質に磨きをかけていきます。

測尺:体高154.5僉ゞ三173.0僉ヾ桧19.5
page top
page top