Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
プリンセスネージュの2019   [入厩馬 / 鹿児島・山下牧場]
2021/01/15
鹿児島・山下牧場で育成中。引き続き牧場内のダートコースで騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「年末年始はウォーキングマシンでの運動に切り替え、リフレッシュに努めた効果があり、一時的に感じられた疲れはすっかり解消しました。元気さを増しても、意のままにコントロールが付き、従順な性格は変わりません。周回コースにて2400mほどキャンターを消化しています。まだハロン20秒ペースを上限にいますが、余力はたっぷり感じられますので、問題なくスピードを上げていけるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は495kgです。
2020/12/25
鹿児島・山下牧場で育成中。引き続き牧場内のダートコースで騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「丁寧に段階を踏みながらもスムーズにペースアップでき、キャンターの距離を2400mまで延ばしました。飼葉を平らげるのに少し時間がかかるようになり、若干の疲れもうかがええるものの、毛艶が落ちたりせず、健康状態に不安はありません。この時期の若駒にしてはフットワークが力強く、背中の感触に安定感がありますね。このまま調整を継続しても、無事に乗り越えてくれるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は485kgです。
数字的には大きな増加ではありませんが、無駄な肉が削げて必要な筋肉が備わってきたことで見栄えのするシルエットになってきました。
2020/12/15
鹿児島・山下牧場で育成中。引き続き牧場内のダートコースで騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「生活のリズムや調教にも慣れてきましたし、徐々に集中力も高まってきました。体力面も強化され、現在はダク、ハッキング、普通キャンターで計2400mほどの調教を行っています。あと2ヶ月ほどは牧場内のダートコースで調整を進め、海岸での調教開始に向けて体力強化と基礎固めに注力する予定です」とコメントしていました。
2020/11/25
鹿児島・山下牧場で育成中。現在は牧場内のダートコースで騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「こちらの環境に慣れ、飼葉をきちんと完食し、すっかり健康状態が安定しました。順調にメニューを強化でき、トラックでのダク2000mに加え、1600mほどのキャンターを消化中です。とても従順であり、ハミ受けに片寄りもなく、調整に苦労はありません。これからの成長がたっぷり見込めるうえ、現時点でも肩周りやトモの筋肉量が豊富であり、パワフルに推進していますよ。先日、調教の様子を撮影していただき、最初は撮影者を気にして物見をしていました。動画でもそんな素振りが見受けられるかと思いますが、良い経験になったはずですよ」とコメントしていました。現在の馬体重は480kgです。
トレーニングの成果により、心身の着実な成長が感じられるようになってきました。今後のさらなる進化が楽しみな存在です。
2020/11/13
鹿児島・山下牧場で育成中。現在は角馬場とダートコースで軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「角馬場で一通りの復習をさせることができ、騎乗者と意思の疎通がスムーズに図れるようになり
ましたので、中間からダートコースにも入れています。現在はダク、ハッキングで脚慣らしをしており、来週には動画の撮影をしていただきますので、キャンターを披露できるように準備している段階です。体がしっかりとしていますし、走りも古馬のような安定感がありますね。これからどう変化してくれるのか、今から楽しみは尽きません」とコメントしていました。
2020/10/28
鹿児島・山下牧場で育成中。現在は角馬場を中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「この間も熱が上がることはなく、飼葉もよく食べているものの、一時的に鼻水の症状が見られ、若干、リンパ腺も張っていましたので、しばらくは馴致の復習を行いながら、リフレッシュに努めました。すっかり元気さを取り戻し、もう健康状態に不安はありません。この機会に整歯も実施し、ハミ受けに影響がある狼歯を抜きました。しっかりと調整を進められる下地が固まったと思います。今週より角馬場での騎乗をスタートさせたところですが、スムーズにステップアップできるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は475kgです。
北海道からの移動後は心身に疲労が認められましたが、環境や気候にも慣れてきており、今後は順調に進めていけると見込んでいます。
2020/10/15
10/4に鹿児島・山下牧場に移動しました。現在は騎乗馴致を行っています。
担当スタッフは「到着してから体温が少し高く、左前肢の球節から繋ぎにかけて若干ながら熱感と腫れがありましたが、幸いすぐに引きました。恐らくは長距離輸送の疲れが出てしまったものと思われます。体調は安定してきましたので、まずはひと安心です。他の生産牧場から直接来た2頭と一緒の馬運車で到着しましたが、本馬は愛知ステーブルさんで人に触られることやコミュニケーションの取り方などを躾けていただいているのでとても扱いやすいです。生産牧場から来た組は人に触られることに慣れていない段階ですので、スタートの時点で大きな開きがあります。牝馬ながら雄大な馬格で飼葉もよく食べてくれますし、輸送で減った体はすぐに回復しました。環境が変わりましたので、まずはドライビングや調馬索を行い、コミュニケーションを図っていきます」とコメントしていました。現在の馬体重は476kgです。
2020/09/29
愛知ステーブル本場で育成中。現在は馴致を行うとともにウォーキングマシンでの運動を消化しています。
担当スタッフは「ウォーキングマシンでの運動を消化しながら、馴致を行っています。理解力が高く、ハミや鞍の装着にもすっかり慣れました。飼食いが旺盛であり、健康状態にも不安はありません。牝馬ながら雄大な馬体を誇り、現状でも筋肉量が豊富です。まもなく鹿児島の山下牧場に移動する予定ですが、問題なく騎乗調教へと移行できるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は483kgです。
生産者より「母の産駒の中で1番と思えるデキ」との評価の通り、恵まれた馬格を有しています。動かしてさらに良さを感じることができ、母の代表産駒へ育つ可能性は高そうです。

測尺:体高157.5僉ゞ三183.0僉ヾ桧20.5
page top
page top