Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
クイーンキセキの2019   [入厩馬 / 愛知ステーブル本場]
2021/01/15
愛知ステーブル本場で育成中。この中間もBTCの直線コースを中心にダートコースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「周回トラックでの乗り込み量を増やすとともに、直線コースにてハロン20秒ペースのキャンターを消化中です。準備運動中は相変わらず落ち着きを欠きがちであっても、体力の向上に伴い、走り出せば集中してくれるようになりましたよ。体の使い方も上手になり、乗り味に安定感を増しています。さらにメニューを強化しても、難なくこなしてくれるでしょうね」とコメントしていました。現在の馬体重は460kgです。
2020/12/25
愛知ステーブル本場で育成中。現在はBTCの直線コースを中心にダートコースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「丁寧にトラックで周回を重ねるとともに、ウッドチップの直線コースにてキャンターを消化中です。騎乗するとカリカリしがちなだけに、まだハロン22秒くらいに止めているとはいえ、ボディコンデイションは落ちていませんよ。馬房内ではリラックスして過ごし、飼葉もよく食べています。いまが伸び盛りのタイミングだけに、ずいぶんボリュームアップしましたね。それでいて、手脚の軽さや、いい意味での反応の鋭さが目立ちます」とコメントしていました。現在の馬体重は460kgです。
精神面に配慮しながら進めており、一歩ずつ前進させて素質に磨きをかけていきます。
2020/12/15
愛知ステーブル本場で育成中。現在は牧場内の角馬場とBTCの直線ウッドチップコースを中心に騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「基礎的なことはほぼマスターし、この中間からBTCの直線ウッドチップコースでのトレーニングも開始しています。慣れないことが続き、イライラしている様子もありますが、精神面がピリッとしてきました。同時に牝馬らしい扱いの難しさが出てきているように思えます。まだ心身ともに幼いですし、1歩ずつ丁寧に進めていきたいですね」とコメントしていました。
2020/11/25
愛知ステーブル本場で育成中。現在は角馬場を中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「飼食いが落ちたりせず、体調に関しては安定しているのですが、乗り進めるにつれ、うるささを増したのが現状の課題です。繊細さが残る気持ちを傷付けないように配慮して、しばらくは角馬場でのダク、ハッキングを入念に行い、鞍上とコミュニケーションを図ることにしました。入念にハミ受けや口向きを整えたうえ、徐々にペースを上げていく予定です」とコメントしていました。現在の馬体重は445kgです。
先週は半兄マーキュリーセブンが2勝目を挙げましたが、兄も育成時には幼さが目につき、手を焼いた部分も多々あっただけに、妹にもじっくりと向き合っていく方針です。
2020/11/13
愛知ステーブル本場で育成中。現在はBTCの屋内ダートコース、直線コースなどを併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「入場してからの変化ということでは在厩馬のなかでも一目置かれる存在です。胴に前後の伸びが出てきており、見栄えのする体付きになってきましたね。元から身体能力は感じる存在でしたし、これからの調教によっていい方向へ成長してくれそうです。精神面の幼さは残りますが、じっくりと向き合いながら無理を強いないように育てていきたいと思います」とコメントしていました。
2020/10/28
愛知ステーブル本場で育成中。この中間も厩舎周りを中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「俊敏な身のこなしが目を引き、将来性の豊かさは疑いようがありません。ただし、現状は体質に繊細さが残り、日によっては飼葉を残すことがありますので、もうしばらくは軽めの乗り運動に止め、健康面を整えることにしました。気持ちの部分でも動揺しやすい現状だけに、焦らずに人とのコミュニケーションを教え込み、丁寧に基礎固めしていきたいと思います」とコメントしていました。現在の馬体重は430kgです。
精神面もそうですが、馬体を見ても成長の余地が大きいだけに、焦らすに育てる方針となっています。
2020/10/15
愛知ステーブル本場で育成中。現在は厩舎周りを中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「熱発の影響はありませんが、先日、仲良しだったプリンセスネージュの2019が鹿児島へ旅立ちましたので、寂しくなってしまったようで数日間、食欲が落ちました。辛いこともありますが、サラブレッドは様々なことを経験して強くなっていきますからね。現在はBTCの施設内にある分厩舎に在厩しており、軽めの騎乗運動を行っています。入場した頃は380圓阿蕕い任靴燭、当時に比べるとグッと良くなってきましたし、胴が伸びて見栄えがするようになり、確かな成長を実感しているところです。間もなく馬場入りをすることになると思います」とコメントしていました。現在の馬体重は430kgです。
2020/09/29
愛知ステーブル本場で育成中。現在は舎飼いして休養中です。
担当スタッフは「まだ心身ともに繊細さが目立つ状況であり、先日、40℃まで体温が上がりました。治療をして短期間で平熱に戻りましたが、血液検査の結果では、まだ白血球の値が高めで推移していますので、馬房内で静養させ、健康状態が整うのを待っているところです。四肢の運びが軽く、確かな才能が伝わってくるだけに、焦らず大切に育てていきます」とコメントしていました。現在の馬体重は420kgです。
田島調教師は「何度か見せていただいていますが、腰高な幼児体型で、調教を進めるにつれてグングン成長してくるはずですよ。フサイチセブン産駒の兄が勝ち上がっているわけですし、確実性が高いと見込んで期待していますよ」と期待を寄せていました。

測尺:体高154.0僉ゞ三177.0僉ヾ桧19.0
page top
page top