Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ブライトガーランドの2019   [入厩馬 / 坂東牧場]
2021/01/15
坂東牧場で育成中。この中間も角馬場と周回コースで軽めの騎乗運動を消化しています。
担当スタッフは「小柄な馬体に負担をかけすぎないように注意を払いながら調整を進めていますが、きちんと飼葉を完食してくれ、徐々にではあっても上背が伸び、体重も増えつつありますよ。周回コースでのハッキングを2000mまで延ばしました。気持ちの部分でも、着実な成長を感じますね。前向きにハミを受けてくれるうえ、鞍上の指示を的確に理解し、乗り難しさはありません」とコメントしていました。現在の馬体重は410kgです。
2020/12/25
坂東牧場で育成中。現在は角馬場と周回コースで軽めの騎乗運動を消化しています。
担当スタッフは「入念にコミュニケーションを図りながら、ブレーキングの過程を終了しました。角馬場や屋内のダートトラックに入り、脚慣らしを開始したところです。軽い熱発があったため、先週末は休養させましたが、すぐに体調は回復しました。ただし、依然としてコンパクトなスタイルであり、体質的にデリケートさを残す現状だけに、成長を促すように配慮して、丁寧なステップアップを心がけたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は402kgです。
まだまだ多くの伸びしろが残るだけに、成長過程や状態を確認しながら無理のない程度に進めていきます。
2020/12/15
坂東牧場で育成中。引き続き馴致を行うとともにウォーキングマシンでの運動を消化しています。
担当スタッフは「馴致を進めており、現在は鞍付けの段階です。なんてことのない過程と思われがちですが、腹帯が締められることは息苦しく感じますし、体に物が密着するということにも慣れていないため、馬の反応を見ながら大事に進める必要があります。遅生まれですし、まだまだ体は大きくなるはずですので、丁寧に進めていきたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は408kgです。
2020/11/25
坂東牧場で育成中。現在は馴致を行うとともにウォーキングマシンでの運動を消化しています。
担当スタッフは「先週、育成馬用の厩舎に移り、ブレーキングを開始しました。寒い時季まで昼夜放牧を継続しましたので、だいぶ冬毛が伸びましたが、快活な雰囲気を保ち、飼葉もよく食べ、健康状態は良好です。現状では華奢な外見ながら、どんどん成長を遂げていくでしょうね。素直な性格の持ち主であり、人を信頼してくれていますので、馬装の際にも戸惑い見せたりしません。順調に基本事項をマスターしつつありますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は412kgです。
昼夜放牧に時間を割いたことで、馴致を始める前段階として必要な体力が備わってきた印象で、今後の調教でどんな成長を見せるのか注目しています。
2020/11/13
坂東牧場で育成中。この中間も昼夜放牧を行っています。
担当スタッフは「北海道の冷え込みは朝晩を中心に厳しさを増してきましたが、成長を促す観点から、引き続き昼夜放牧を行っています。遅生まれですし、晩成タイプと見込んでいますので、あえて馴致を遅らせてきましたが、その甲斐もあって体付きには成長の跡が感じられるようになりました。間もなく育成厩舎へ移動し、馴致を始める予定です」とコメントしていました。
2020/10/28
坂東牧場で育成中。引き続き昼夜放牧を行っています。
担当スタッフは「昼夜放牧を継続中ですが、安定した体調を保ち、疲れた様子などうかがえません。身のこなしが俊敏であり、現時点でも非凡な運動神経が伝わってきますよ。5月生まれだけに、まだ幼さが残るコンパクトな体型ながらも、狙い通りにボリュームアップを図れました。今後も順調に成長していくでしょうね。そろそろ騎乗馴致へと移行させたいと考えています」とコメントしていました。現在の馬体重は403kgです。
昼夜放牧をしながら栄養豊富な青草を食み、狙い通りに体に余裕が出てきました。間もなく騎乗馴致を開始する予定です。
2020/10/15
坂東牧場で育成中。継続して昼夜放牧を行っています。
担当スタッフは「成長を促すため、引き続き昼夜放牧を行っています。遅生まれでいかにも成長途上の感がありますので、もう少しの間は昼夜放牧を行いながら、体力の強化と温存を図ります。伸びしろが多く見受けられるだけに、乗り込みとともに頭角を現してくれることでしょう」とコメントしていました。
2020/09/29
坂東牧場で育成中。現在は昼夜放牧を行っています。
担当スタッフは「先月にトモトモリバーの2019と一緒に生産牧場から移動してきました。騎乗馴致に備え、体力強化は図るため、現在は昼夜放牧を行っています。小柄なスタイルであり、性格的にも幼さが目立つ状況だとはいえ、健康状態に不安はありません。常に快活さを保ち、キビキビした歩様が印象的です。将来は小気味よいスピードで勝負するタイプに育つのではないでしょうか。仕上がりも早いはずですので、あと1ヶ月くらい成長を促したうえ、騎乗馴致へと移行させるプランです」とコメントしていました。現在の馬体重は395kgです。
いかにも幼さを感じさせる現状ですが、軽快で俊敏性の高い動きを披露しています。マクフィ産駒は堅実に勝ち上がっており、ルーチェドーロが函館2歳ステークス(G3)で僅差の2着に好走。そして、先週はオールアットワンスがカンナステークス(OP)を制し、新馬戦に続き2連勝を挙げました。

測尺:体高152.0僉ゞ三170.0僉ヾ桧19.5
page top
page top