Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
トモトモリバーの2019   [入厩馬 / 坂東牧場]
2021/01/15
坂東牧場で育成中。この中間も角馬場と周回コースで軽めの騎乗運動を消化しています。
担当スタッフは「緩やかなペースながらも、馬体は順調に成長中です。周回トラックでのハッキングを2000mまで延ばしましたが、体調面は安定していて、疲れた様子などうかがえませんね。完食するのに時間がかかるとはいえ、与えたぶんの飼葉はきちんと平らげています。幼さが残る外見に反して、精神面はしっかりしていて、真面目な態度を崩しません。着々と操縦性を高めていますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は368kgです。
2020/12/25
坂東牧場で育成中。現在は角馬場と周回コースで軽めの騎乗運動を消化しています。
担当スタッフは「幼さが残る現状に配慮しつつも、スムーズに馴致を終えることができました。角馬場でのダクを1000mほど消化したうえ、屋内のダートトラックに入り、1000m程度のハッキングを行っている段階ですが、素直な態度を崩さず、きちんと鞍上とのコミュニケーションが取れています。小さなサイズは変わらないとはいえ、とても健康的であり、飼葉も完食していますので、どんどん成長していくでしょうね」とコメントしていました。現在の馬体重は362kgです。
見た目にも幼さが色濃く残るですが、多くの伸びしろが残されているだけに、じっくりと育ててていきます。
2020/12/15
坂東牧場で育成中。引き続き馴致を行うとともにウォーキングマシンでの運動を消化しています。
担当スタッフは「ブライトガーランドの2018と一緒に育成厩舎へ移動して馴致を進めており、現在は鞍を付けることに慣れさせている段階です。数字的にもそうですが、見た目にも幼さがかなり残るだけに、じっくりと進めながら成長を促していきたいと思います。気性的には素直ですし、人間との距離感も良好ですよ。焦らずに接して一歩ずつ前進を図っていきたいと思います」とコメントしていました。現在の馬体重は368kgです。
2020/11/25
坂東牧場で育成中。現在は馴致を行うとともにウォーキングマシンでの運動を消化しています。
担当スタッフは「先週、昼夜放牧を切り上げ、育成用の厩舎へ移動しました。装鞍などの基本を入念に教え込んでいるところです。性格的には従順であり、扱いに苦労はありません。スムーズに騎乗調教を立ち上げられるでしょう。幼さが残るコンパクトなスタイルだけに、今後も成長度合いに応じた対処に努め、大切に育てていきたいと思いますが、飼食いが落ちたりせず、健康状態は引き続き安定しています」とコメントしていました。現在の馬体重は368kgです。
見た目にも成長途上なのは明らかであり、晩成傾向が強いとみているため、成長を促しながら焦らずにじっくりと育てていく方針です。
2020/11/13
坂東牧場で育成中。この中間も昼夜放牧を行っています。
担当スタッフは「氷が張ったり、霜が降りたりとこちらは朝晩を中心に冷え込みが厳しさを増してきました。そんな中でも体調を崩すことなく、昼夜放牧を継続しています。まだまだ成長の余地が大きいのですが、移動してきた当初とは見違えるようになってきましたね。これから始まるトレーニングでどんどん変わり身を見せてくれそうだなと感じていますよ。間もなく育成厩舎に移して馴致を始める予定です」とコメントしていました。
2020/10/28
坂東牧場で育成中。引き続き昼夜放牧を行っています。
担当スタッフは「相変わらずスマートな外見ながら、この間も少し背が伸び、順調な成長がうかがえます。昼夜放牧を継続しても、体力的に堪えた様子はありません。馬房内ではよく寝て、飼葉もきちんと平らげていますよ。まもなく騎乗馴致をスタートさせる予定ですが、問題なく乗り越えてくれるでしょう。今後も体を減らさないように配慮して、丁寧な対処に努めていきます」とコメントしていました。現在の馬体重は372kgです。
数字上の上積みはもう少し欲しいところですが、着実に体に余裕が出てきました。まもなく騎乗馴致を開始する予定です。
2020/10/15
坂東牧場で育成中。継続して昼夜放牧を行っています。
担当スタッフは「朝晩を中心に北海道は冷え込みが増してきましたので、そろそろ馴致を始めたいところですが、もう少し体に余裕を持たせてから始めていきたいところです。小柄なのは否めませんが、キビキビとした動きに好感を抱いています」とコメントしていました。
2020/09/29
坂東牧場で育成中。現在は昼夜放牧を行っています。
担当スタッフは「無駄肉が付かない体質であり、現状ではコンパクトなスタイルながら、健康面に不安はありません。現在は成長を促すべく、昼夜放牧を継続中ですが、今後の変貌ぶりが楽しみです。とても従順な性格だけに、扱いに苦労はありませんね。運動神経が良く、身のこなしもシャープなだけに、仕上げに手間取る心配はないでしょう。10月末あたりから騎乗馴致を開始する予定です」とコメントしていました。現在の馬体重は367kgです。
現状はコンパクトな体つきですが、ダートの短距離戦で圧倒的なパフォーマンスを見せた母親も幼少期は小柄だったとのことで、調教を進めるにつれて進化を遂げてくれることでしょう。

測尺:体高147.5僉ゞ三162.0僉ヾ桧18.0
page top
page top