Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
グランドサッチャーの2019   [入厩馬 / 愛知ステーブル小松分場]
2021/03/31
愛知ステーブル小松分場で育成中。この中間も角馬場、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「繊細さが残るメンタル面に配慮して、慎重なペースアップに努めていますが、坂路での15-15を積み重ねても、疲れが蓄積してきた気配はうかがえません。飼葉をよく食べ、体重もじわじわと増加傾向にあります。物見をすることが少なくなり、操縦性も高めてきました。仕上げに手間取らないタイプであり、現状でも小気味良いフットワークが目を引きますので、夏場のデビューにもしっかりと対応できるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は448kgです。
コンスタントに乗り込みを消化しながら、体重が増加してきたのは非常に良い傾向と言えます。早期始動に向けてこの調子で鍛錬を重ねていきたいところです。
2021/03/15
愛知ステーブル小松分場で育成中。現在は角馬場、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路での15-15を開始しました。緩やかなペースアップに努めてきたなかでも、良化の進度は早く、スイスイと動けています。着々と体力が向上してきましたね。コンパクトなルックスは変わりませんが、健康体をキープしているうえ、脚元のトラブルとも無縁です。先日、行った化骨検査では、同期と比べても骨質がしっかりしていると評価を受けました。今後の調整もスムーズに進むでしょう。仕上がりが早そうな印象ですので、加藤先生とも相談し、早期始動を目指すことになりました」とコメント。加藤和宏調教師は「新型コロナウイルスの影響により、牧場に足を運ぶことはできていませんが、牧場とクラブから順調な旨を伺っていますので、早めのデビューを検討したいですね。北海道開催でのデビューを目指したいと考えています」とコメントしていました。現在の馬体重は438kgです。
2021/02/26
愛知ステーブル小松分場で育成中。現在は角馬場を中心とした軽めの騎乗運動とプール調教を行っています。
担当スタッフは「リフレッシュ期間を設けたことで、精神的な落ち着きを増し、飼葉もよく食べています。小柄なままだとはいえ、ずいぶん丸みを帯びたスタイルになりましたね。軽めの乗り込みとともに、プール調教を開始しました。プールでは馬にとって敏感な目線の上で誘導しますので、人に気持ちを委ねるようになります。体力の向上だけでなく、精神面への効用も大きいでしょう。仕上がりが早いと思えるだけに、焦らず丁寧に基礎固めを進めていきます」とコメントしていました。現在の馬体重は436kgです。
2021/02/15
愛知ステーブル小松分場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動を行っています。
担当スタッフは「キビキビした動きは変わりませんし、体力的に堪えた様子は見せませんが、まだ気持ちに幼さが残り、テンションの高さが目立つようになりました。いまのうちに心身のバランスを整え直したほうが良いでしょう。期待ほどボリュームアップしない現状も踏まえ、いったんウォーキングマシンでの運動に切り替えました。しっかりリフレッシュを図ったうえで、騎乗を再開させる予定です。伸びしろが多いだけに、これからの変わり身が大きいと見込んでいます」とコメントしていました。現在の馬体重は422kgです。
2021/01/29
愛知ステーブル小松分場で育成中。現在は角馬場、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「小柄なスタイルのままだけに、どこかでリフレッシュを挟むことも視野に入れていますが、坂路2本のキャンターを積み重ねても、溌溂とした雰囲気は変わりません。体力的に余裕があり、きちんと飼葉を完食しています。もともと機敏な動きに見どころがあったうえ、中身がしっかり詰まり、持久力も高めてきましたね。サイズ以上の奥深さが伝わってきますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は422kgです。
2021/01/15
愛知ステーブル小松分場で育成中。現在は角馬場、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「年明けは楽をさせ、成長を促すブランでしたが、ハロン17秒ペースのキャンターを継続していても、じわじわと体重が増えています。疲れなど見せず、毛艶も落ちていません。いい意味で敏感であり、内面に気の強さを秘めていそうな印象を受けるとはいえ、反抗的な態度は見せず、コントロールは容易です。このままペースアップしても大丈夫ではないでしょうか。一度、15-15を課してこなせることを確認してからリフレッシュ休養を挟もうと考えています」とコメントしていました。現在の馬体重は419kgです。
2020/12/25
愛知ステーブル小松分場で育成中。現在は角馬場、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路にてハロン17秒ペースのキャンターを消化しています。体重は減少傾向にあるとはいえ、小さいなりに無駄肉が削がれたぶんであり、ずいぶん垢抜けたスタイルとなりました。張り艶が良く、実際より大きく見せますよ。体力的に余裕があり、飼葉を残すこともありません。年内に一度、15-15を課したうえ、プール調教を主体としたメニューに切り替え、さらに成長を促すプランです」とコメントしていました。現在の馬体重は412kgです。
父の産駒は育成を進める段階で気難しさを見せるケースも少なくありませんが、ここまでは従順な姿勢を崩しません。
2020/12/15
愛知ステーブル小松分場で育成中。現在は角馬場、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「調教の負荷を高めていますが、へこたれることもなく、連日前向きな走りを披露してくれています。見た目には幼児体型でいかにも成長途上といった印象ですが、走りやフットワークがレベルアップし、騎乗を開始してから評価を上げている1頭です。成長を阻害しないように配慮しながら今後の育成を進めていきたいと思います」とコメントしていました。
2020/11/25
愛知ステーブル小松分場で育成中。現在は角馬場、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「ウッドチップコースでのハッキングを行った後、坂路で2本、ハロン20秒程度のキャンターを開始しました。思うように体が増えてこないため、無理のないメニューの組み立てに努めていますが、体調の変動は少なく、飼食いも旺盛です。このまま乗り進めながら、ボリュームアップを図れるでしょう。現時点でも四肢の回転が速く運動神経の良さが伝わってきますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は416kgです。
先週に快勝したマーキュリーセブンをはじめ、父の産駒は時間の経過とともに力を付けていく傾向があり、本馬もじっくりと育成を進めていきます。
2020/11/13
愛知ステーブル小松分場で育成中。現在は角馬場とウッドチップコースで軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「まだソワソワした感は残っていますが、年上のお姉さんたちに交じって調教を進めています。まだ全体的に体をうまく使いこなせていない印象も残るだけに、しっかりと教え込みながら、心身の成長を促していきたいですね。父の産駒は多くお預かりしていますが、本馬も良さを感じるだけに、現役で走っている馬たちと一緒にお父さんの評価を上げられるようにしていきたいと思っています」とコメントしていました。
2020/10/28
10/24に愛知ステーブル小松分場に移動して育成中。現在は角馬場を中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「先週末に北海道の愛知ステーブル本場より到着しました。熱発なども見られず、体調は安定しています。多少、精神的に敏感だとの報告を受けていますが、環境に馴染むのは早く、扱いに苦労はありません。早速、角馬場でのハッキングを開始しました。北海道で丁寧に馴致を進めてきただけに、とても乗りやすいですよ。この後はスムーズにペースアップしていけるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は420kgです。
成長力豊かな一族の出身ですので、じっくりと育てながら優れた身体能力に磨きをかけていきます。
2020/10/15
愛知ステーブル本場で育成中。現在はロンギ場で軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「精神的な幼さが目立ちますが、馴致はひと通りこなしてくれており、現在はダク、ハッキングを行っています。これから始まる本格的なトレーニングに備えて操縦性を高め、体力を強化していきたいですね。削蹄の時にジッとしていられないなど、もう少し落ち着きが欲しいところですが、そのあたりは今後の様々な経験によって成長してくれると見込んでいます」とコメントしていました。現在の馬体重は418kgです。
2020/09/29
愛知ステーブル本場で育成中。現在は馴致を行うとともにウォーキングマシンでの運動を消化しています。
担当スタッフは「ウォーキングマシンでの運動を行いながら、ブレーキングを進めています。いつも元気一杯ながら、人には従順であり、すっかり馬装に慣れました。まもなく騎乗を開始できるでしょう。現状では薄めのスタイルですが、父の産駒はサイズ感を問わずに勝ち上がっていますからね。肌艶に光沢があり、実際より大きく見せています。このまま健康体を保たせつつ、ステップアップさせたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は428kgです。
この一族は鍛えていってレースを経験しながら味が出る傾向にありますが、ジェミニズ、スピーディクールといった近親で活躍を見せる同じ栗毛の先輩たちも同様でした。本馬も負けない活躍を期待したいところです。

測尺:体高157.0僉ゞ三179.0僉ヾ桧19.5
page top
page top