Main Visual
 レポート
※他の募集馬のレポートを表示します。
メジャーフォルムの2020   [入厩馬 / 社台ファーム]
2022/01/14
社台ファームで育成中。引き続きトレッドミルによる運動と周回ウッドバークコースおよび坂路での騎乗調教を行っています。
担当スタッフは「年末に3ハロン48秒くらいのタイムをマークしましたが、無理なく走り切れました。疲れなど感じられませんが、将来に自信を深めることができましたので、年初はリフレッシュ期間を設けて気分転換を図ったうえ、再び直線コースに入り、16-16くらいまでペースを上げています。若干、太めに映るスタイルは変わりませんが、現状でも手応えに余裕があり、躍動感あふれる動きを披露していますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は503kgです。
2021/12/27
社台ファームで育成中。引き続きトレッドミルによる運動と周回ウッドバークコースおよび坂路での騎乗調教を行っています。
担当スタッフは「トラックでの乗り込み量を増やしているうえ、週3日、坂路でのキャンターを消化中です。そのうち2日は2本の登坂にメニューを強化しました。文句なしの健康体を維持し、気性も前向きだけに、調整に苦労はありません。自らハミを受けて楽々と加速できるだけでなく、集中力も高まり、ラストまでしっかりと走り切れています。調整進度、走りの質とも同期をリードしていると言えるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は504kgです。
2021/12/15
社台ファームで育成中。引き続きトレッドミルによる運動と周回ウッドバークコースおよび坂路での騎乗調教を行っています。
担当スタッフは「この間もトラックでのハッキングに加え、週に2、3回、直線コースに入り、しっかりとトレーニングを積むことができました。疲れた様子など見せず、相変わらず飼食いが旺盛であり、黒光りする好馬体は健在ですよ。立派な骨格にふさわしい筋肉が備わり、右肩上がりに成長していると言えるでしょう。とてもパワフルでありながら、身のこなしに柔軟性があり、乗り味の良さが評判です」とコメントしていました。現在の馬体重は506kgです。
2021/11/26
社台ファームで育成中。引き続きトレッドミルによる運動と周回ウッドバークコースおよび坂路での騎乗調教を行っています。
担当スタッフは「週に2日、直線コースで2本、キャンターを消化しています。段階的にトラックでの乗り込み量も増やしていますが、体調は高いレベルで安定し、一段とたくましい体付きになりましたね。スタミナやパワーが際立ってきたうえ、前進気勢み旺盛であり、フットワークに重苦しさを感じません。調教の進度だけでなく、動きの質に関しても同期たちを一歩リードしていると言えるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は504kgです。
2021/11/15
社台ファームで育成中。引き続きトレッドミルによる運動と周回ウッドバークコースおよび坂路での騎乗調教を行っています。
担当スタッフは「トラックでの乗り込み量を延ばすとともに、坂路入りを週3回に増やし、そのうち1日は2本、キャンターを消化する日も設けました。負荷を強めても飼葉が上がったりせず、健康そのものですよ。血統のイメージ通り前向きな性格だけに、促さなくてもグングン加速できるようになりました。跨った誰もが動きの良さを高く評価しています。このまま真っすぐ伸びてくれたら、文句はないでしょうね」とコメントしていました。現在の馬体重は494kgです。
2021/10/28
社台ファームで育成中。この中間もトレッドミルによる運動と周回ウッドバークコースにて軽めの騎乗調教を行っています。
担当スタッフは「皮膚炎はすっかり治まりました。健康面も安定していて、元気いっぱいですよ。トレッドミルでの運動とトラックにてハッキングを消化するとともに、週に2日は坂路入りしてハロン20秒ペースを基本としたキャンターを開始しました。現時点でもしっかりした馬格を誇り、とてもパワフルでありながら、背中を柔軟に使え、乗り味の良さが光りますね。無理なくペースアップしていけるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は494kgです。
スプリンターズステークス(G1)を制したピクシーナイト、3連勝でオープン入りを果たしたジェラルディーナなど、秋に入ってから父の産駒はさらに勢いを増しています。
2021/10/15
社台ファームで育成中。現在はトレッドミルによる運動と周回ウッドバークコースにて軽めの騎乗調教を行っています。
担当スタッフは「10/8に調教厩舎へ移り、周回コースに入り始めました。短期間で環境の変化に馴染み、乗り進めていける下地はしっかりと整っています。ただし、腹帯が当たる部分に軽い皮膚病を起こしているため、治療を施しながら、しばらくは控えめなメニューに止めることにしました。連日、飼葉を完食し、元気が余っているほどですので、トレッドミルで長めに運動させていますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は485kgです。

先月時点の測尺 
体高153.0僉ゞ三181.5僉ヾ桧20.5
2021/09/30
社台ファームで育成中。現在は馴致を行うとともにウォーキングマシンとトレッドミルでの運動を消化しています。
担当スタッフは「夜間放牧を継続して体質強化を図りながら、馴致を進め、ドライビングをクリアしたうえ、丸馬場での騎乗まで習得しました。物覚えが早く、気性の難しさなど感じられません。父モーリスと母父ダイワメジャーの特徴を受け継ぎ、がっちりした好馬体の持ち主でありながら、器用に体を使え、見た目以上の素軽さも兼備していますよ。トレッドミルの使用に慣れ次第、調教厩舎へ移ってトラックでのキャンターを開始できるでしょう。年末に関節鏡を用いた手術を受けていますが、影響は感じさせません」とコメントしていました。現在の馬体重は494kgです。
筋肉量が豊富でありながら、動かしてみると質感の良さも存分に伝わってきており、レースでは桁違いのスピードやパワーを存分に披露してくれることでしょう。
昨秋に下記の手術を行っていますが、購買時に獣医師の確認を受け、「予後は良好で競走能力の減退はないと見込まれる」との見解を得ています。

※本馬は右手根関節の感染性関節炎発症に伴い、関節鏡手術を行っています。(2020/12/8)
page top
page top