Main Visual
 レポート
※他の募集馬のレポートを表示します。
イプスウィッチの2020   [入厩馬 / ノーザンファーム空港]
2022/01/14
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「年末に坂路で15-15を消化しました。当面の目標をクリアできましたので、年明けに1週間、リフレッシュ期間を設けたうえ、周回トラックにてハッキングを開始しました。すでに坂路へも入れ始めていますが、馬体もふっくらと見せ、コンディションは良好です。落ち着いた態度を崩さず、メンタルに関しても文句なしと言えるでしょう。このままの姿をキープさせながら、丁寧にペースアップしていきたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は452kgです。
2021/12/27
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路にてハロン16秒ペースのキャンターを継続中です、牝馬としては調整が進んでいるグループ入りを果たしました。そろそろ15-15までメニューを強化できるでしょう。若干、体が絞れましたので、年明けにリフレッシュ期間を挟むことも検討していますが、元気さは失われず、手応えにも余裕があります。少し気が早いかもしれませんが、来夏あたりのデビューも見えてくるのではないでしょうか」とコメントしていました。現在の馬体重は443kgです。
2021/12/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「トラックで周回を積み重ねるとともに、坂路ではハロン16秒までキャンターのスピードを上げました。今後もオーバーワークにならないよう配慮して、丁寧に乗り進めたいと思っていますが、着々と体力を備えてきた手応えがありますよ。もう疲れを翌日に持ち越す心配はありません。カリカリした素振りが目立たなくなり、すっかり飼食いも安定して、以前のように体重が上下しなくなりましたね」とコメントしていました。現在の馬体重は458kgです。
2021/11/26
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路にてハロン18秒程度のキャンターを消化しています。細身のシルエットは変わりませんので、適切なタイミングでリフレッシュを挟みながら調整していく予定ですが、身のこなしが柔らかく、飼食いも落ちず、いまのところ疲れの蓄積はうかがえません。多少、ピリピリした面を見せるとはいえ、精神状態も安定していますので、年内には15秒ペース手前までスピードを上げたいと考えています」とコメントしていました。現在の馬体重は453kgです。
2021/11/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「まだ体質に繊細さが残り、食べたものが実にならない現状です。中間はトレッドミルでの軽めの運動に切り替え、リフレッシュを図りました。先週末より坂路入りを再開させたところですが、相変わらず反応は良好です。精神的に落ち着きを増し、コントロールにも難しさはありません。非凡な素質を見込んでいる馬だけに、今後も成長を促すように配慮しながら、丁寧に乗り進めたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は454kgです。
2021/10/28
ノーザンファーム空港で育成中。この中間も周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「幼さが残る気性に配慮し、馬のリズムを優先させてトラック中心にじっくりと乗り進めていますが、だいぶ我慢が利くようになりました。坂路入りする日を増やし、ハロン18秒程度までスピードを上げても、飼食いが落ちたりせず、健康状態に不安はありません。問題なく負荷を強めていけるでしょうね。現時点でも四肢の運びが素軽く、確かなポテンシャルが伝わってきます」とコメントしていました。現在の馬体重は466kgです。
ディープインパクト系の良さが出ている印象で、今後のスピード調教でどういう動きを見せるのか今から楽しみでなりません。
2021/10/15
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「馴致の過程をスムーズに卒業しました。先週はトレッドミルでのキャンターのみに止め、張り詰めた気持ちを解きほぐし、態勢を整え直しましたが、すでに周回コースや坂路にも慣れ、しっかり鍛えていける下地は整っています。週明けより騎乗を再開させ、徐々にキャンターの距離を延ばし始めました。成長を妨げないように配慮して、丁寧にペースアップを図っていきます」とコメントしていました。現在の馬体重は464kgです。

先月時点の測尺 
体高154.0僉ゞ三176.0僉ヾ桧20.0
2021/09/30
ノーザンファーム空港で育成中。現在は馴致を行うとともにウォーキングマシンとトレッドミルでの運動を消化しています。
担当スタッフは「8/24にノーザンファームYearlingより当場へ移動しています。昨年末にOCD除去手術を受けていますが、特に気になることはありません。気性面に難しさを秘めた母系だけに、慎重に馴致を進めましたが、飲み込みは早く、順調に騎乗調教へ移行できるベースが築けました。ただし、まだ体質は繊細であり、飼食いも細めですので、焦らずに成長の促進を図ったほうが良いでしょう。入念にロンジングを行うとともに、トレッドミルでのキャンターにも慣らしながら、今後のペースアップに備えています」とコメントしていました。現在の馬体重は461kgです。
母の父にDanehill Dancerを持つ牝馬のテルツェット、ヨカヨカが今夏の重賞を制し、夏競馬を大いに盛り上げました。期待の新種牡馬との組み合わせにより、本馬がどのような成長を見せるのか、期待は高まるばかりです。
昨秋に下記の手術を行っていますが、購買時に獣医師の確認を受け、「予後は良好で競走能力の減退はないと見込まれる」との見解を得ています。

※本馬は両飛節のOCD除去手術を行っています。 (2020/10/20)
page top
page top