Main Visual
 レポート
※他の募集馬のレポートを表示します。
ロジャーズスーの2020   [入厩馬 / ノーザンファーム空港]
2022/01/14
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「年末までコンスタントに15-15を積み重ね、調教進度、動きの質とも満足いくレベルに達しましたので、年始はトレッドミルでの管理に切り替え、リフレッシュ期間を設けました。坂路入りを再開させ、ハロン17秒程度のキャンターを消化している段階ながら、狙い通りに減った体が戻り、ますます元気さを増し、コンディションは良好です。スムーズにペースアップしていけるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は441kgです。
2021/12/27
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「同期に先駆け、坂路にて15-15を開始しました。これからサイズアップする段階にあり、晩成かと思わせながら、最近の充実ぶりは著しいですよ。体力的に堪えた様子などうかがえません。キビキビと四肢を回転させ、スピードの乗りが早いうえ、背中に柔軟性を増し、無駄なく全身を使えるようになりましたね。フィジカルの強化に伴い、精神的も成長を遂げ、コントロールは容易です」とコメントしていました。現在の馬体重は432kgです。
2021/12/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路にてハロン16秒ペースのキャンターを消化中です。しっかり乗り込んでも、疲れなど見せません。依然としてトモが高い幼児体型ながら、だいぶ整ったスタイルに変化しつつあり、身のこなしの窮屈さが薄れてきました。写真撮影時など、以前は長時間、じっとしていられなかったのですが、精神的な落ち着きを増しただけでなく、四肢に均等な重心がかかるようになって、きちんと駐立できていますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は432kgです。
2021/11/26
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路を中心としたメニューに切り替え、キャンターのスピードもハロン16秒ペースまで上げました。一時的に体のバランスが崩れ、身のこなしが硬くなっていましたが、最近は無駄なく全身を使えていますよ。ミッキーアイル産駒らしい軽快さとともに、柔軟性やバネも際立って際立ってきました。ゆっくり基礎固めしたいと考えていたのに、同期に追い付き、追い越しそうな良化度ですね」とコメント。加藤士津八調教師は「今週、北海道で見させていただきました。体付きは成長途上の段階ですが、クッション性のある動きが目につきました。スピードも秘めているはずですし、楽しみですね」とコメントしていました。現在の馬体重は437kgです。
2021/11/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「トラックで周回を重ねるとともに、週に3日は坂路に入れ、ハロン17秒ペースまでキャンターのスピードを上げました。疲れた様子など見せず、キビキビと動けていますよ。最近は若干、硬めのフットワークではありますが、成長過程でよく見られる現象であり、馬体のバランスが整ってくれば改善されるでしょう。気性面に関しては、ずいぶん大人になりましたね。操縦性の向上は明らかです」とコメントしていました。現在の馬体重は448kgです。
2021/10/28
ノーザンファーム空港で育成中。この中間も周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「まだトモが高く、脚も長い幼児体型であり、身のこなしもアンバランスな現状だけに、成長を促すように配慮して、引き続きトラックを中心に軽めのキャンターを消化しています。それでも、調教環境にすっかり慣れ、鞍上の指示を素直に受け入れてくれるうえ、体力的にも余裕があり、溌溂とした雰囲気は失われていません。これからどんどん変貌を遂げていくでしょうね」とコメントしていました。現在の馬体重は448kgです。
卓越したスピードを秘めている印象で、将来的にはトップスプリンターの道を歩ませたい逸材です。
2021/10/15
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「一通りの馴致を終え、トラックや坂路での脚慣らしを開始しました。ミッキーアイル産駒らしい前向きな性格であり、素軽く動けていますよ。それでいて、人の指示を素直に受け入れ、無駄なところでテンションを上げたりしません。伸び盛りのタイミングにあるだけに、オーバーワークを避け、慎重に手順を踏みたいと思っていますが、健康状態は高いレベルで安定しています。このままスムーズにペースアップしていけるでしょう」とコメント。加藤士津八調教師は「昨日、牧場で見させていただきました。前回に見たときよりもボリューム感が増していましたし、この馬が持つ柔軟性も損なわれていません。距離の融通は望めませんが、期待は大きいです。オルコスに続き、素晴らしい馬を預けていただき、本当にありがとうございます」とコメントしていました。現在の馬体重は445kgです。

先月時点の測尺 
体高156.0僉ゞ三176.0僉ヾ桧20.0
2021/09/30
ノーザンファーム空港で育成中。現在は馴致を行うとともにウォーキングマシンとトレッドミルでの運動を消化しています。
担当スタッフは「9/20にノーザンファームYearlingより当場へ移動しました。馴致を開始してからも素直な態度を崩さず、スムーズにマスターしつつあります。ロンギ場での騎乗運動を開始しました。現在は標準サイズですが、飼葉をよく食べ、毛艶も冴え、とても健康的だけに、どんどん成長するでしょうね。トレッドミルの使用も開始しましたが、キビキビと四肢を運んでいて、運動神経の良さが伝わってきます」とコメントしていました。現在の馬体重は449kgです。
身体能力の高さが際立っており、筋肉量豊富でありながら、柔軟な動きが目につきます。
昨秋に下記の手術を行っていますが、購買時に獣医師の確認を受け、「予後は良好で競走能力の減退はないと見込まれる」との見解を得ています。

※本馬は左膝関節の感染性関節炎発症に伴い、関節鏡手術を行っています。(2020/9/24)
page top
page top