Main Visual
 レポート
※他の募集馬のレポートを表示します。
グレイトペイジの2020   [入厩馬 / 坂東牧場]
2022/01/14
坂東牧場で育成中。引き続き角馬場と周回コースを中心に騎乗運動を消化しています。
担当スタッフは「体調に不安はないものの、ずいぶんスマートな体付きとなりましたので、年末年始は軽めのメニューに切り替えてリフレッシュを図りました。再びペースを上げているところですが、しっかり鍛えていける下地が整ったと見ていますよ。狙い通りに20kgほど増量しても、動きの良さは変わりません。体力に余裕があるうえ、落ち着いたメンタルを維持していて、操縦性も高めていますね」とコメントしていました。現在の馬体重は457kgです。
2021/12/27
坂東牧場で育成中。引き続き角馬場と周回コースを中心に騎乗運動を消化しています。
担当スタッフは「2500mほどトラックを周回させています。伸びる余地をたっぷり残した段階だけに、まだハロン20秒程度を上限にしていますが、飼葉をよく食べ、健康状態の低下はうかがえません。体は小粒でもピリッとした快活さを保っているうえ、体の使い方が上手になり、ストライドの伸びも良好です。蹄の状態もすっかり安定しました。この先もスムーズにステップアップしていけるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は436kgです。
2021/12/15
坂東牧場で育成中。この中間も角馬場と周回コースを中心に騎乗運動を消化しています。
担当スタッフは「徐々に調教時間を延ばし、ダク1000mに加え、キャンターを2400mほどこなしています。この間に体重が20kg近く絞れましので、乗り込みつつも増やすように配慮したいと思いますが、現状では適正な範囲と言えるでしょう。溌溂とした雰囲気は変わらず、毛艶や張りも落ちていません。両前の蹄に関しても、定期的に装蹄師のチェックを受け、丁寧な角度調整を行っていますので、安定した状態を保っていますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は446kgです。
2021/11/26
坂東牧場で育成中。現在は角馬場と周回コースを中心に騎乗運動を消化しています。
担当スタッフは「トラックにて入念にダクを踏ませたうえ、2000mほど軽めのキャンターを消化しています。爪質が柔らかく、減りやすい面に配慮しながら調整していますが、歩様に悪化は見られません。体調は変わらず良好であり、乗り込みつつもボリュームアップしています。四肢に運びに力強さを増し、ずいぶん乗り味が安定しました。気持ちの部分でも余裕が感じられ、快活さを保っていますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は463kgです。
2021/11/15
坂東牧場で育成中。この中間も角馬場と周回コースで軽めの騎乗運動を消化しています。
担当スタッフは「少しずつトラックでの乗り込み量を増やしていますが、素直な態度を崩さず、着々と操縦性を高めてきました。飼葉をよく食べ、安定した健康状態をキープしています。丸みを帯びていた腹周りが引き締まり、ずいぶん大人っぽい雰囲気になりましたね。若干、爪が薄いため、蹄鉄を履かせてからペースアップしていく予定ですが、スムーズな歩様を保ち、軽快に動けています」とコメントしていました。現在の馬体重は452kgです。
2021/10/28
坂東牧場で育成中。現在は角馬場と周回コースで軽めの騎乗運動を消化しています。
担当スタッフは「一通りの馴致を終え、調教環境に慣らしながら角馬場や屋内のダートトラックにてハッキングを開始しました。従順な態度を崩さず、きちんと鞍上とのコミュニケーションが取れています。まだコロンとした幼児体型ながら、芯はしっかりしていて、疲れた様子など見せません。背中を柔らかく使え、乗り味も上々ですよ。スムーズにペースアップしていけるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は463kgです。
半姉ダークペイジ(父Dark Angel)が新馬戦に続いて、りんどう賞を制して無傷の2連勝を挙げており、暮れのG1競走の有力馬と目されています。
2021/10/15
坂東牧場で育成中。現在は馴致を行うとともにウォーキングマシンでの運動を消化しています。
担当スタッフは「育成馬用の厩舎に移り、ブレーキングを行っています。快活な雰囲気を保ち、飼葉もよく食べ、引き続き健康そのものと言えるでしょう。成長が著しく、この間に体重が20kgほど増えています。素直な性格の持ち主であり、人を信頼してくれていますので、順調に基本事項をマスターしつつあり、短期間でロンギ場での騎乗運動へと移行できました」とコメントしていました。現在の馬体重は463kgです。

先月時点の測尺 
体高149.5僉ゞ三178.0僉ヾ桧19.3
2021/09/30
坂東牧場で育成中。現在は昼夜放牧を行っています。
担当スタッフは「現在は昼夜放牧を行い、成長を促している段階ながら、しっかりした骨格を誇り、バランスも整ったグッドルッキングです。活発に放牧地を動き回っていても、食欲が旺盛であり、疲れた様子など見せません。良好な毛艶からも、体質の強さが伝わってきます。まもなく馴致を開始しますが、スムーズにクリアしてくれるでしょう。いまから背中の感触を確かめるのが楽しみでなりません」とコメントしていました。現在の馬体重は440kgです

現状は馬体に余裕があることで重めに映りますが、セール上場時は身体能力の高さが際立っていただけに、調教を進めるにつれて頭角を現すことになるでしょう。現在行っている夜間放牧は競走馬にとって重要な過程であり、将来への礎となるはずです。なお、半姉ダークペイジ(父Dark Angel)が9/4の小倉・芝1200mの新馬戦を快勝しています。
page top
page top