Main Visual
 レポート
※他の募集馬のレポートを表示します。
フォーシンズの2020   [入厩馬 / シュウジデイファーム]
2022/01/14
シュウジデイファームで育成中。この中間もBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「BTCの坂路にてハロン18秒までキャンターのスピードを上げ始めました。負荷を強めても食欲が旺盛であり、元気さも失われず、健康状態に不安はありません。左前の骨瘤はすっかり固まり、この間もスムーズな歩様を保てました。成長の余地をたっぷり残す小柄なスタイルではありますが、トモに良質の筋肉が備わりつつあり、傾斜を苦にせず、軽やかに推進できていますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は435kgです。
2021/12/27
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「トレーニングの場をBTCに移し、坂路をメインにしてハロン20秒程度のキャンターを消化しています。これから成長するタイミングにありますので、しばらくは余裕の残しのメニューに止めたいと考えていますが、小柄なスタイルのままであっても、飼葉を完食し、疲れた様子など見せません。きちんとコントロールが利くうえ、反応は上々であり、キビキビと動けていますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は430kgです。
2021/12/15
シュウジデイファームで育成中。現在は牧場内の屋内馬場を中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「左前の骨瘤はしっかりと固まりました。まだ幼さが前面に出たスタイルながら、飼葉をきちんと完食し、体調も安定しています、牧場内の屋内馬場にて速歩やスローキャンターを開始しました。快活な雰囲気を維持し、動きは軽快です。しばらくはスピードは求めず、運動量でカバーして、成長促進に重点を置く方向ですが、まもなくBTCの調教場に移り、メニューを強化していけるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は425kgです。
2021/11/26
シュウジデイファームで育成中。この中間もウォーキングマシンでの運動を行っています。
担当スタッフは「引き続き左前に見られる骨瘤の治療を行っています。歩様に見せるほどではないものの、まだ若干の触診反応が残っていますので、ウイークポイントとして尾を引かないよう、しばらくはウォーキングマシンでの運動のみで管理したほうが良いでしょう。元気にあふれ、食欲も旺盛であり、健康面に不安はありません。この機会に心身の成長に努め、将来の素質開花につなげたいと思います」とコメントしていました。現在の馬体重は429kgです。
2021/11/15
シュウジデイファームで育成中。現在はウォーキングマシンでの運動を行っています。
担当スタッフは「左前の管骨に骨瘤が出かかっていて、微熱を帯びるようになりましたので、骨代謝のバランスを整える効果があるティルドレンを投与して治療を行いました。ウォーキングマシンでの運動のみに切り替え、様子を見ているところですが、もう痛がる様子はなく、歩様もスムーズです。短期間で騎乗を再開できるでしょう。ちょうど良いリフレッシュとなり、ひと回りボリュームアップした体付きに変化しましたよ」とコメントしていました。現在の馬体重は426kgです。
2021/10/28
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「BTCの様々なコースに慣らしながら、徐々に負荷を強めていますが、素直な調教態度を崩さず、とても乗りやすいですね。しばらくはスピードは求めず、運動量でカバーして、馬体の成長を促す方向ながら、飼葉をきちんと完食し、健康面に不安はありません。コンパクトな幼児体型ながら、現状てもバランス自体は整っているだけに、実際よりも大きく見せますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は418kgです。
管理予定の栗田徹調教師は先日の菊花賞(G1)をタイトルホルダーで制し、中央競馬のG1競走を初制覇しました。本馬にかかる期待も一段と高まっています。
2021/10/15
シュウジデイファームで育成中。この中間も牧場内の屋内馬場を中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「少しずつ距離を延ばしながら、牧場内のトラックにてハッキングを継続しています。これからボリュームアップを遂げる段階にあり、見た目は非力に映りますが、背中を柔らかく使え、バネにも富み、推進力を高めてきましたね。とても健康的なうえ、素直で扱いやすい性格もセールスポイントです。成長を促しつつも、しっかりと乗り込んでいけるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は416kgです。

先月時点の測尺 
体高156.0僉ゞ三172.0僉ヾ桧19.5
2021/09/30
シュウジデイファームで育成中。現在は牧場内の屋内馬場を中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「現状は幼さが前面に出たコンパクトなスタイルながら、飼葉をよく食べ、とても健康的です。性格的にもしっかりしていて、理解力も高く、スムーズに乗り慣らしを終えました。牧場内の屋内馬場での速歩やスローキャンターをメインにしている段階ながら、キビキビと動けていますよ。成長を促すように配慮しつつ調整を進めますが、まもなく充実したBTCの調教場に移り、問題なくメニューを強化していけるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は412kgです。
心身ともに幼さが感じられますが、敏捷性に富んだバネのある動きを披露しており、父の産駒が大活躍を見せているだけに、本馬に対する期待はさらに高まっています。
page top
page top