Main Visual
 レポート
※他の募集馬のレポートを表示します。
ポケットチャーリーの2020   [入厩馬 / 坂東牧場]
2022/01/14
坂東牧場で育成中。引き続き周回ダートコースと坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「脚元や健康状態に不安はないものの、年末までしっかりと乗り込みましたので、年明けにリフレッシュ期間を設けました。なかなか体が増えずにいましたので、20kg近くボリュームアップしたのは好材料です。順調にメニューを強化し、すでに坂路入りも再開させていますが、飼葉の完食が続き、溌溂とした雰囲気は変わりません。この先もスムーズにペースアップしていけるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は449kgです。
2021/12/27
坂東牧場で育成中。この中間も周回ダートコースと坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「一時的にトモに疲れが感じられたため、トラックでの乗り込みに止めた時期もありましたが、無事に乗り越えてくれました。坂路入りを再開させてからも、安定した健康状態を維持しています。もっとボリュームアップさせたい現状であっても、着々と基礎体力が強化されてきましたね。フォームのぶれが少なくなり、滑らかに四肢を伸ばせています。精神的にも安定していて、乗りやすさは変わりません」とコメントしていました。現在の馬体重は430kgです。
2021/12/15
坂東牧場で育成中。この中間も周回ダートコースと坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「順調にトラックで周回を重ねる一方、1日置きに坂路でのキャンターを消化中です。しばらくはハロン20秒くらいを上限にして、丁寧に乗り進める方針ですが、体力的に堪えた様子などうかがえません。従順な態度を崩さず、着々と集中力が高まり、メンタル面も安定しています。これからの成長が大いに見込める状況ながら、思い描いた通りにステップアップしていると言えるでしょう。同時期は400圓△襪ないかで頼りなかった全姉が新馬勝ちを果たしましたので、本馬に対する期待がさらに膨らみますね」とコメントしていました。現在の馬体重は433kgです。
2021/11/26
坂東牧場で育成中。この中間も周回ダートコースと坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「トラックでのキャンターを2500m程度まで延ばすとともに、坂路に入れる日も増やしました。体型的には幼さが前面に出た現状だけに、成長促進を図りながらペースアップしていきたいと思いますが、外見のイメージ以上に芯が強いですよ。安定した健康状態を維持し、気持ちのフレッシュ感も失われていません。背中を柔軟に使え、四肢の伸びも良く、優秀な身体能力が伝わってきます」とコメントしていました。現在の馬体重は437kgです。
2021/11/15
坂東牧場で育成中。現在は周回ダートコースと坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「順調にトラックでの周回を重ねるとともに、週に2回、坂路へも入れ始めました。負荷を強めても飼葉をきちんと平らげ、体力的に堪えた様子などうかがえません。楽な手応えでキビキビと動けています。ハミ受けが安定し、フォームにまとまりも出て、着々と推進力を高めてきましたね。この間にも少し背が伸び、じわじわと体重も増え、順調な成長曲線を描いていると言えるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は437kgです。
2021/10/28
坂東牧場で育成中。引き続き角馬場と周回コースで軽めの騎乗運動を消化しています。
担当スタッフは「連日、丹念に2500m程度のハッキングを消化しています。華奢なスタイルのままであっても、体調は高いレベルで安定していて、疲れた様子など見せません。真面目な態度を崩さず、精神的にも余裕が感じられます。この先も成長を促すように配慮しながら、大切に乗り進めたいと思いますが、問題なくペースを上げていけるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は430kgです。
現状は腰高で幼さが目につき、アンバランスに移りますが、遅生まれで伸びしろが多いことから、今後の育成でどのような成長を見せるのか、今から期待に満ちあふれています。

2021/10/15
坂東牧場で育成中。この中間も角馬場と周回コースで軽めの騎乗運動を消化しています。
担当スタッフは「まだ幼さが前面に出たスタイルであっても、きちんと飼い葉を完食し、進めながらも順調に体重が増えています。段階的に乗り込み量を増やしても、快活さは失われていません。キビキビと動けるうえ、全身を上手に使えるようになり、フォームに安定感が加わってきました。この先も大切に素質を伸ばしていきたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は431kgです。

先月時点の測尺 
体高154.0僉ゞ三175.0僉ヾ桧19.3
2021/09/30
坂東牧場で育成中。現在は角馬場と周回コースで軽めの騎乗運動を消化しています。
担当スタッフは「当場の生産馬であり、スタッフとのコミュニケーションはしっかり取れていますので、他馬に先駆けてブレーキングを開始し、スムーズに乗り出せる態勢が整いました。牝馬らしい敏感さがありながら、真面目な態度を崩さず、コントロールに苦労はありません。徐々にトラックでの乗り込み量を増やし、2400m程度のスローキャンターを消化中です。飼葉をよく食べ、とても健康的だけに、今後も順調な成長曲線を描いていくでしょうね」とコメントしていました。現在の馬体重は426kgです。
全姉の同時期は400堊宛紊悩擔箸頁和里任靴燭、既にトレセン近郊の育成場に移動しており、体重も450圓鯆兇┐討い襪箸里海箸如∨槐呂眇覆瓩襪砲弔譴憧待通りの成長を見せてくれることでしょう。
page top
page top