Main Visual
 レポート
※他の募集馬のレポートを表示します。
ラビルキンの2020   [入厩馬 / シュウジデイファーム]
2022/01/14
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「この間も順調に坂路でのキャンターを消化できました。たくましいルックスにふさわしい体力が備わり、力強く推進しています。装鞍からウォーミングアップにかけては落ち着きのなさが目立つとはいえ、人との信頼関係はしっかり築けていて、以前のように反抗的な態度を取らなくなりました。スピードに乗れば、集中力が高まり、まっすぐハミを受けてくれますよ。ゲート練習を行っても、特に問題は見られません」とコメントしていました。現在の馬体重は525kgです。
2021/12/27
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「調整はすっかり軌道に乗りました。坂路にてハロン17秒ペースのメニューを積み重ねても、飼葉をよく食べ、体調面に不安はありません。乗り込むごとにトモの筋肉量が増え、メリハリが付いたスタイルに変化しつつあります。パワフルに動け、走る意欲にあふれている一方、じっくり教え込んだ成果が表れつつあり、だいぶハミ受けが安定して、コントロールしやすくなりましたよ」とコメントしていました。現在の馬体重は530kgです。
2021/12/15
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路にてハロン17秒程度までスピードを上げ始めましたが、旺盛な食欲は変わらず、ますますパワーアップした印象もあり、余力がたっぷり感じられます。精神的にもずいぶん成長しましたね。気の強さがプラスに働くようになり、前向きにハミをくれるうえ、無駄なところで力んだりせず、コントロールにも難しさはありません。さらにペースを上げても、難なく対応できるのではないでしょうか」とコメント。林調教師は「先日、北海道で見させていただきました。育成は順調ですし、大型馬ながら身のこなしも良く、改めて期待が高まりました。良質な馬をお預けいただいただけに、結果を出せるように取り組ませていただきます」とコメントしていました。現在の馬体重は530kgです。
2021/11/26
シュウジデイファームで育成中。この中間もBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「トラックでの乗り込み量を増やすとともに、坂路にてキャンターのスピードを上げていますが、堪えた様子など見せず、安定した健康状態を維持しています。大型ながら、トモに古馬並みの筋肉を備えているだけに、楽々と加速でき、動きに重苦しさを感じませんね。性格的な幼さが薄れ、跨るのに苦労した過去が嘘のようです。きちんとハミを受け、他馬の動きにも躊躇しなくなり、着々と操縦性を高めてきましたよ」とコメントしていました。現在の馬体重は525kgです。
2021/11/15
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「課題だった気性面の難しさが解消に向かい、コントロールが容易になりました。充実した施設を誇るBTCに調教の場を移し、様々なコースに慣らしながらキャンターを開始しています。迫力あるボディーに違わず、体力的にはしっかりしているだけに、スムーズにペースアップできました。週に2日は坂路に入れ、ハロン18秒程度まで終いを伸ばし始めましたが、順当に筋肉の張りを増し、パワフルに動けていますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は525kgです。
2021/10/28
シュウジデイファームで育成中。この中間も牧場内の屋内馬場を中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「馴致の復習を入念に行ってきたところ、騎乗しても力みが薄れてきました。今後も気持ちを傷付けないように配慮して、慎重にステップを踏んでいきます。まだ牧場内のトラックで脚慣らしを行っている段階ながら、順調に乗り込み量を増やすことができました。馬房内では落ち着いた態度を崩さず、飼葉もよく食べていますよ。健康状態に不安はありません」とコメントしていました。現在の馬体重は510kgです。
管理予定の林徹調教師は先日の富士ステークス(G2)をソングラインで制しました。本馬も若き敏腕トレーナーの元でどのような活躍を見せるのか、今から楽しみでなりません。
2021/10/15
シュウジデイファームで育成中。現在は牧場内の屋内馬場を中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「慎重に乗り慣らしを進めましたが、わがままな面を見せなくなり、牧場内のトラックを周回させても平静を保てるようになりました。まだ身のこなしに緩さが目立つとはいえ、しっかりした骨格の持ち主だけに、一歩一歩に力がこもり、背中に安定感がありますね。もうしばらく丁寧に操縦性を磨いたうえ、問題なくメニューを強化していけるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は505kgです。

先月時点の測尺 
体高162.0僉ゞ三183.0僉ヾ桧20.4
2021/09/30
シュウジデイファームで育成中。現在は調馬索で運動を行っています。
担当スタッフは「がっちりした馬格の持ち主であり、とてもパワフルな馬です。良好な毛艶を保ち、健康状態に不安はありません。ただし、ドゥラメンテ産駒らしい気の強さがあり、暴れた際は制御にひと苦労しますので、ケガなどないよう、人との主従関係をしっかり築いたうえ、騎乗調教へと移行させたほうが良いでしょう。現在は念入りにロングレーンを用いたドライビングを行い、ハミ受けを教えているところです」とコメントしていました。現在の馬体重は505kgです。
父の長所も短所も引き継いでいるため、まずは基礎をしっかりと固めてから本格的な騎乗調教へと移行します。亡き父の名声を高める活躍を期待したいところです。
page top
page top