Main Visual
 レポート
※他の募集馬のレポートを表示します。
ウィズザフロウの2020   [入厩馬 / 愛知ステーブル本場]
2022/01/14
愛知ステーブル本場で育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「線が細いルックスに配慮して、石坂先生と相談のうえ、年明けは軽めの運動のみに切り替え、リフレッシュ期間を設けました。今後も成長を促すよう、丁寧に乗り進めていく方向ですが、ひと回り幅が出て、体調は安定しています。再びペースを上げ始め、坂路でのキャンターを再開させました。元気が余り、うるささを見せるとはいえ、精神的にもフレッシュであり、走り出せばきちんと集中してくれますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は461kgです。
2021/12/27
愛知ステーブル本場で育成中。この中間もBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「トラックでの乗り込み量を強化するとともに、週に3日は坂路に入れ、順調にキャンター調整されています。順調に背が伸びている一方、スマートな体付きのままであり、時季的に冬毛も目立つ現状ながら、溌溂とした雰囲気は変わらず、飼葉もきちんと完食していて、健康状態に不安はありません。春が訪れる頃にはボリュームアップして、見違えるようなルックスに変貌するでしょうね」とコメントしていました。現在の馬体重は455kgです。
2021/12/15
愛知ステーブル本場で育成中。現在はBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「おてんばな女の子だけに、先週、ウォーキングマシンでの運動中に顔や両ヒザに擦り傷を負うアクシデントがありました。ただし、症状はごく軽いものであり、調整に支障はありません。年内は心身の成長を促すよう、じっくり乗り進める方向で、石坂先生と打ち合わせていますが、相変わらず元気が余っているほどです。ハロン20秒程度を上限にしながらも、坂路中心のメニューに切り替えました」とコメントしていました。現在の馬体重は462kgです。
2021/11/26
愛知ステーブル本場で育成中。この中間もBTCのダートコースを中心に直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「直線のウッドチップコースを中心にして、順調にキャンターを消化しています。トモの踏み込みが深くなり、ハミに安定感も加わり、順当に推進力が高まってきましたね。体力的に堪えた様子はなく、飼葉をきちんと完食しています。ただし、現状は食べたものが実にならず、細めのシルエットは変わりません。オーバーワークに気を付けながら、しばらくは丁寧にペースアップを図っていきます」とコメントしていました。現在の馬体重は456kgです。
2021/11/15
愛知ステーブル本場で育成中。現在はBTCのダートコースを中心に直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「調教の場を充実した施設を有するBTCに移し、ダートのトラックや直線ウッドチップコースなどに慣らしながらキャンターを開始しました。依然として成長途上にありますので、ゆとりを持たせたメニューづくりを心がけていますが、飼食いは安定していて、快活な雰囲気も失われていません。落ち着いた精神状態を保ち、口向きやハミ受けにも片寄りはなく、とても乗りやすいですよ」とコメントしていました。現在の馬体重は455kgです。
2021/10/28
愛知ステーブル本場で育成中。現在は角馬場を中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「角馬場でのハッキングを開始しました。飼葉をよく食べ、引き続き健康状態は良好です。スラッとした上品なスタイルは変わらないものの、リフレッシュ期間を経て、ずいぶん馬体に幅が出ましたね。伸びやかに脚を運べているうえ、フォームに安定感が加わりつつあります。多少、敏感な面を見せるとはいえ、人には従順であり、乗り難しさはありません」とコメント。現在の馬体重は455kgです。
今月は紫菊賞をリブーストが、先週の新馬戦ではプレサージュリフトが新馬戦を圧勝。2歳世代はハービンジャー産駒の有力馬が続々と誕生しており、来春を大いに賑わせてくれることでしょう。
2021/10/15
愛知ステーブル本場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動を行っています。
担当スタッフは「軽めの乗り込みを開始した段階でも、背中を柔軟に使え、四肢の伸びも良く、確かな素質が伝わってきます。問題なくペースアップしていける下地も整っていますが、先日、来場した石坂先生と相談のうえ、いったんリフレッシュ期間を設け、成長を促進させることにしました。しっかりボリュームアップを図ったうえ、本格的なトレーニングへと移行させます」とコメント。石坂公一調教師は「先日、牧場で見させていただきました。芝の中距離が合いそうですし、楽しみな馬ですね。脚元が枯れてパンとし、馬体のバランスが整うまではじっくりと進めたいところです」とコメントしていました。現在の馬体重は453kgです。

先月時点の測尺 
体高161.0僉ゞ三182.6僉ヾ桧19.6
2021/09/30
愛知ステーブル本場で育成中。牧場内の屋内運動場で軽めに騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「牝馬らしい敏感さを垣間見せているとはいえ、とても賢い馬です。短期間で乗り慣らしを済ませることができました。牧場内の屋内運動場にてハッキングを開始しましたが、現時点でも肩回りやトモに良質な筋肉が備わっていて、乗り味に安定感があるうえ、手脚はすらっと長くできているだけに、重苦しさもありません。成長を妨げないように配慮しながら、丁寧にペースアップしていきたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は449kgです。
現状は幼い面も目につきますが、機敏なアクションなど身体能力の高さは秀でており、大事に育てて大成させたいと考えています。
page top
page top