Main Visual
 レポート
※他の募集馬のレポートを表示します。
アブソルートリーの2021   [入厩馬 / 辻牧場]
2022/11/15
辻牧場で育成中。この中間もBTCの屋内坂路を中心に、ダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「トラックにてハッキングの距離を伸ばすとともに、坂路ではハロン18秒程度までキャンターのスピードを上げ始めました。成長促進に主眼を置き、丁寧なペースアップに努めていますが、飼葉をしっかり食べ、体重もじわじわ増え始めていて、健康状態は安定して良好です。前向きな態度を崩さず、ますます反応が上向いてきましたね。シャープな身のこなしに見どころがあり、確かな素質が伝わってきます」とコメントしていました。現在の馬体重425kgです。
2022/10/26
辻牧場で育成中。この中間もBTCの屋内坂路を中心に、ダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「少し体が絞れましたので、トラック中心のメニューに切り替え、じっくりと乗り進めていましたが、この間も飼食いは落ちず、順調に回復しつつあります。今週より坂路でのキャンターを再開させました。きめ細やかな状態把握に努めながら、焦らずにペースアップしていく方向ながら、気持ちが先走ることもなく、スピード調整は容易です。心身とも着実に成長しているといえるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重420kgです。
2022/10/14
辻牧場で育成中。現在はBTCの屋内坂路を中心に、ダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「1周1600mある広いダートトラックやウッドチップが敷き詰められた屋内坂路へも入れ、順調にキャンターを積み重ねています。成長段階に応じて、丁寧に素質を磨いていく方針ながら、前向きな気性のうえ、体の使い方にも無駄がなく、着々と推進力を高めてきましたね。現時点でも非凡なスピードが伝わってきます。負荷を強めていながらも馬体減りもありませんし、小ぶりな外見以上に芯が強く、負荷を強めても食欲は落ちません。引き続き健康そのものといえるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重421kgです。
2022/09/30
辻牧場で育成中。現在はBTCのダートコース、直線コースなどを併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「スムーズに馴致を終え、BTCの屋内トラック、直線ウッドコース、1200mある野外の直線ダートなど、様々な施設に慣らしながら、スローキャンターを開始しました。まずは多角的に個性や状態を把握すべく、あえて騎乗者を固定していないのですが、真面目ながんばり屋であり、乗り難しさもありません。現状では小ぶりなスタイルだけに、成長を促すように配慮しながら、丁寧にペースアップしていきます」とコメントしていました。

体高(149.5cm) 胸囲(175.5cm) 管囲(19.7cm) 馬体重(422kg)
page top
page top