Main Visual
 レポート
※他の募集馬のレポートを表示します。
グランドサッチャーの2021   [入厩馬 / 愛知ステーブル小松分場]
2022/11/15
愛知ステーブル小松分場で育成中。この中間も角馬場、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「トラックでの乗り込み量を増やすとともに、坂路にてキャンターのスピードを上げ始めました。しっかり飼葉を食べ、張り艶も良く、健康状態は安定して良好です。年長の馬と集団で行動させていますので、ずいぶん幼さが抜け、堂々と立ち振る舞うようになりましたね。鞍上の指示を忠実に受け入れてくれ、操縦性の向上も明らかです。心身ともバランス良く成長しているといえるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は470kgです。
2022/10/26
愛知ステーブル小松分場で育成中。現在は角馬場、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「長距離輸送を経ても熱発などなく、体調は安定しています。20kgほど体が絞れたとはいえ、飼い食いも落ちていませんので、回復は早いでしょうね。前に誘導馬を置き、様々なコースに慣らしながら、翌日より軽めの騎乗を開始しました。環境が変わっても動揺した様子など見せず、乗り難しさはありません。脚取りもしっかりしていますので、スムーズにメニューを強化していけると思いますよ。姉のメイトゥリアークもお預かりしていましたが、こちらは牡馬らしく力強さに富んでいる印象です」とコメントしていました。現在の馬体重は459kgです。
2022/10/23
10/22に愛知ステーブル小松分場へ移動しました。
担当スタッフは「本格的な育成はこちらで進めることになり、冷え込みが増す前に移動しました。熱は上がっていませんが、少し元気がないように映りますので、輸送の疲れはそれなりにあるように見受けられます。ますは環境に慣らしながら輸送の疲労を取り除き、騎乗運動開始のタイミングを探っていく予定です」とコメントしていました。今後はまだ到着間もないことから徐々に調整を進めていく予定です。
2022/10/14
愛知ステーブル本場で育成中。現在はBTCのダートコース、直線コースなどを併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「気性に難しさがある血統ながら、とても聞き分けが良く、一通りの馴致をスムーズに終えました。飼食いが旺盛であり、健康状態に波がなく、体力的にもしっかりしていますね。BTCの屋内トラック、直線ウッドコースなどに慣らしながら、ハッキングを開始しました。現時点でも非凡なパワーが伝わってくるうえ、口向きやハミ受けに安定感があり、フォームのバランスも良好です。問題なく負荷を強めていけるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は479kgです。
2022/09/30
愛知ステーブル本場で育成中。現在は馴致を行うとともにウォーキングマシンでの運動を消化しています。
担当スタッフは「9/23に当場へ到着しました。張りのある好馬体が目立ち、健康状態は安定しています。性格的に幼さが残り、勝ち気な振る舞いを見せるとの引き継ぎ事項がありましたし、環境の変化が影響してテンションは高めですので、気持ちを傷付けないように配慮しながらブレーキングを開始しました。一瞬のアクションが速く、強力なパワーが伝わってくるだけに、ケガなどないよう、まずは丁寧な基礎固めに努めたいですね」とコメントしていました。

体高(159.0cm) 胸囲(183.0cm) 管囲(20.6cm) 馬体重(479kg)
page top
page top