Main Visual
募集馬データ

ローズアライヴァルの2019

ローズアライヴァルの2019

父:ルーラーシップ 母の父:フジキセキ 鹿毛 2019年5月10日生 牡

  • ■生産地:浦河
  • ■生産者:高昭牧場
  • ■育成先:愛知ステーブル小松分場

1口価格:39,000円

募集総額:1,560万円
募集口数:400口

度胸を据え豪快に立ち向かえ。疾風のごとく駆け抜ける

ローズアライヴァルの2019

父 SIRE ルーラーシップ

競走成績:20戦8勝(海外1勝)

Qエリザベス二世C(G1)、AJCC(G2)、金鯱賞(G2)、日経新春杯(G2)、鳴尾記念(G3)


手にしたG1はQエリザベス二世Cのみながら、競走時代も破格のポテンシャルを垣間見せたルーラーシップ。キセキ、メールドグラースと順調にG1ウィナーを送り出し、種牡馬としても確固たる地位を確立しています。豪華に発展を遂げるキングカメハメハの後継であり、母エアグルーヴは年度代表馬に輝いた名牝。昨年のJRAサイアーランキングは5位に上昇しました。

種牡馬成績

2013年より供用
2016年総合&JRAファーストシーズンサイアーチャンピオン

ルーラーシップ

©上田美貴子

代表産駒
  • ●キセキ:菊花賞(G1)、ジャパンC(G1)2着、宝塚記念(G1)2着2回、大阪杯(G1)2着
  • ●メールドグラース:コーフィールドC(G1)、小倉記念(G3)、鳴尾記念(G3)、新潟大賞典(G3)
  • ●ダンビュライト:京都記念(G2)、AJCC(G2)、皐月賞(G1)3着、京都大賞典(G2)2着
  • ●リオンリオン:セントライト記念(G2)、青葉賞(G2)
  • ●ムイトオブリガード:Ar共和国杯(G2)、同2着
  • ●フェアリーポルカ:福島牝馬S(G3)、中山牝馬S(G3)

母の父 BROODMARE SIRE フジキセキ

競走成績:4戦4勝

朝日杯3歳S(G1)、弥生賞(G2)、もみじS(OP)


サンデーサイレンスのファーストクロップにして、長きに渡って代表的な後継の座を守ったフジキセキ。この父系ながらスピードやパワーに優れ、芝・ダート、距離を問わずに11頭ものG1ホースを送り出しました。母の父になっても信頼度は断然であり、2010年以来、BMSランキングの10位以内をキープしています。

母の父代表馬
  • ●サウンドトゥルー(父フレンチデピュティ) チャンピオンズC(G1)、JBCクラシック(Jpn1)
  • ●ホワイトフーガ(父クロフネ) JBCレディスクラシック(Jpn1)2回、さきたま杯(Jpn2)
  • ●アリゼオ(父シンボリクリスエス) 毎日王冠(G2)、スプリングS(G2)
  • ●パドトロワ(父スウェプトオーヴァーボード) 函館スプリントS(G3)、キーンランドC(G3)、アイビスサマーD(G3)
  • ●アナザートゥルース(父アイルハヴアナザー) ダイオライト記念(Jpn2)、アンタレスS(G3)

Point - 特徴と適性

クラブ所属馬のスピーディクールの半弟です。その兄は3歳時に3連勝を飾り、オープンや重賞での活躍が期待されました。思わぬ不振により、その後は期待に応える走りを見せることができませんでしたが、南関東への移籍後に初戦を飾って復活の狼煙を上げ、今後は重賞戦線での活躍が期待されています。半姉のナイスプリンセスもダート戦で鋭い末脚を武器に2勝しており、さらなる飛躍も見込める存在です。父はサンデーサイレンス(SS)系種牡馬を父に持つ繁殖との相性が良く、活躍馬の多数がSSの血を有しています。父と母の父の組み合わせも好相性であり、重賞級の走りを見せているウラヌスチャームらが活躍中です。兄や姉とはガラッとタイプの違う産駒が誕生しており、雄大なフットワークが魅力的な本馬には芝のマイル〜中距離戦での活躍が期待されます。気難しさもある血統ですが、兄と姉で結果を出している石栗龍彦調教師に預託をお願いしており、心強い後押しになるでしょう。大物感も漂うだけに、目指すはタイトル獲得です。

Pedigree - 五代血統表

Pedigree - 五代血統表

Family Line - 母系

Family Line - 母系
Back
page top