Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
クイーンステッラ(クインネージュの2015)   [募集馬 / 宮内牧場]
2017/06/23
宮内牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋外、屋内のダート及びウッドチップコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「この中間も順調ですし、乗り出してからこれと言った頓挫もなく、スムーズに育成することが出来ています。先日、トレセンに入厩直前の馬の最終調整のパートナーに指名し、併せ馬を行いました。見立てとしては、進み具合から劣勢になるのは否めないと見ていたのですが、いい意味で裏切られました。遅れるどころか対等に動けていましたので、私も騎乗者も驚くほどの走りを見せてくれたんです。血統面や遅生まれの点を考慮し、じっくり進めてきましたが、こちらの想像以上に良化していますよ。それでもまだまだ奥がありそうですし、2歳の夏場に一度疲れが出る血統ですので、そこから上向いてきた段階で送り出せればベストですね。兄たちのような活躍を期待しています」とコメントしていました。ここにきて牧場での評価や期待が急激に高まっています。先週に開幕した函館競馬では、同場の生産馬が2勝をマーク。同馬もこの流れに乗って、有意義な夏を過ごし、秋に備えたいものです。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は462kgです。
2017/06/15
宮内牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋外、屋内のダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「15-15も交えながら進めていますが、これと言って気になるところはないですし、順調に乗り進めることが出来ていますよ。決して優等生とは言えませんが、気性面の成長を感じさせますし、走ることに対して前向きさがあってこの血統ならではの良さも出てきましたね。成長期に入ってきている様子で、これからドンドンいい方向へ変わってきてくれそうですよ。先日、飯田先生が来場され、同様に成長を感じておられる様子でしたし、この調子で進めていきたいと思います」とコメントしていました。ここにきて心身ともに期待通りの成長を見せており、秋の始動に向けて視界は良好です。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は461kgです。
2017/05/31
宮内牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋外、屋内のダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「坂路では速いところも交えながら乗り込んでいますが、同じタイムでも以前よりも余裕を持って走れるようになってきました。体付きも筋肉の厚みが増してボリューム感が出てきましたし、着実に成長しています。先日、兄のゴーインググレートが大穴を開けましたが、妹も古馬になってからが本領発揮だと見ていますので、秋を見据えて焦らずに育てる方針に変わりはありません。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。兄ゴーインググレートは12番人気という低評価を覆して快勝し、7歳にしてオープン入りを果たしました。窮屈さのない伸びやかで軽快な動きを見せており、全兄のグランドボヌール同様に芝にも十分に対応出来そうな印象です。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は450kgです。
2017/05/15
宮内牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋外、屋内のダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「屋外コースでの調教も積極的に取り入れていますが、堪えた様子もないですし、体力も備わってきていますね。見た目にも成長してきているのを実感していますし、ここまでは思い通りです。この血統は夏場に状態が落ちる傾向にありますので、そこから状態が上向いて本州の暑さがピークを超すタイミングで送れればベストだと考えています。遅生まれでまだ課題は多く残りますが、走りや動きも着実に良くなっていますし、良い雰囲気になってきていますよ。己の力をしっかりと発揮出来れば良いレースを見せてくれるはずだと見ていますので、心身のレベルアップに努めます」とコメントしていました。父の産駒は好調で毎週のように複数の勝ち馬が誕生しています。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
2017/05/01
宮内牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋外、屋内のダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「この中間も色々なコースで乗ってバリエーションに富んだメニューを組んでいます。様々な環境を経験することは今後にとってプラスになるはずですよ。まだ芯がしっかりとしきれていませんが、トモや肩周りを中心に必要な筋肉が付いてきました。気性的に難しい面がある血統なので、焦らずに様子を見ながら大事に進めたいですね。来場した飯田雄三調教師も能力の高さを感じているようでしたので、良い形でバトンタッチ出来るように努めていきます。ここまでは順調です」とコメントしていました。着実にレベルアップが図れていますが、まだまだ良化の余地を感じるだけに、秋を見据えて涼しい北海道で調整を進めていきます。現在の馬体重は442kgです。
2017/04/17
宮内牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋外、屋内のダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「現在は屋外、屋内のダートコースでのキャンターと、週に2回は坂路で15〜18秒ペースのメニューで乗り込んでいます。状態面に問題はありませんが、口向きに課題があったりとまだ心身ともに上昇の余地が多いように成長途上ですので焦らずに進めていきます。ここまでは順調です」とコメントしていました。徐々に体力面が強化され、動きや走りの質は高まってきており、着実に成長している様子です。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
2017/03/31
宮内牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びにダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「現在は屋内ダートコースで1800~2400mのキャンターを基本に、週に2回は坂路で15〜18秒ペースのメニューで乗り込んでいます。まだ成長途上なのは否めませんが、体付きや走りの質が良くなって調教の成果と成長を感じ取れるようになってきました。じっくり成長を促すタイプだと見ていますが、当初の見込みよりも良化度は早いですね。気持ちのコントロールが鍵になると思っていますので、今後もその辺りを意識して調整していきますここまでは順調ですね」とコメントしていました。全兄のグランドボヌールが先日、芝1800m戦を快勝し、待望の初勝利を挙げました。気性が出世を妨げているとのことながらも、素質は高く、妹には能力通りに走れるように育って欲しいものです。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
現在の測尺は体高157cm、胸囲179cm、管囲20.0cm、馬体重は445kgです。
2017/02/28
宮内牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びにダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「現在は屋内ダートコースで1800~2400mのキャンターを基本に、週に2回は坂路で18〜22秒ペースで調整しています。現時点で調教は問題なく進めることが出来ていますが、テンションが上がりやすいタイプだと思いますので、トレセンではそのあたりに注意する必要がありますね。着実に力を付けていますし、動きも良くなって来ましたが、遅生まれや血統面を考慮してじっくり育てた方が同馬のためになるはずです。まだ幼さが残りますが、素質は確かだとみていますよ。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。まだ成長途上ではあるものの、心身共に着実に底上げが図れている様子です。これから気温の上昇に比例して更なる良化を見せてくれることでしょう。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
現在の測尺は体高156cm、胸囲177cm、管囲20.0cm、馬体重は440kgです。
2017/01/31
宮内牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びにダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「現在は屋内ダートコースで1800~2400mのキャンターを基本に、週に2回は坂路で20〜23秒ペースで乗り込んでいます。いくらか敏感で怖がりな面はありますが、調教では併せ馬でも怯むことはなく、しっかりと走れているので現時点で育成に支障はありません。見た目は非力っぽく映るかもしれませんが、しっかりと力が備わっているようでフォームも安定しています。全兄のグランドボヌール号もポテンシャルは非常に高いですので、しっかりと向き合っていけば同馬も能力通りに走ってくれそうですよ。ここまでは順調です」とコメントしていました。ゲート難の多いエンパイアメーカー産駒ですが、同馬は通過・駐立は全く問題なく、すんなりと対応しています。砂の深いダートコースでも安定感のあるフットワークで、推進力抜群の動きを見せていました。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めて行きます。
現在の測尺は体高156cm、胸囲177cm、管囲20.0cm、馬体重は443kgです。
2016/12/30
宮内牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動とBTCの坂路並びにダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「この中間よりBTCでのトレーニングを開始しました。1周600mの屋内ダートコースで2000〜2400mのキャンターを基本メニューに、週に2回は坂路で20〜23秒ペースで乗り込んでいます。少しずつ力が付いてきており、今では古馬にもしっかりと食らいついていけるようになりました。エンパイアメーカー産駒は進めていくとうるさくなる馬が多いだけに注意していますが、現時点で問題はなく、動きに柔らかみがあるのも好感が持てます。ゲートもちゃんと入って中で我慢出来るものの、相変わらず洗い場に入るのが嫌なようです。ただ、これに関しては洗い場の後ろ側が壁になっているので、それが影響しているのかもしれません。仕上がりに手間取るタイプではなさそうですが、この兄弟は2歳の春先に状態が落ちて夏過ぎからグンと良くなるタイプが多いですし、遅生まれなだけに焦らずに進めていきます。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。血統背景から気性面で心配な部分もありましたが、現時点で調教に支障はきたしていません。冬の間は基礎固めに注力しますが、素質の高さは認められており、今後どんな成長を見せてくれるのか楽しみは尽きません。現在の測尺は体高156cm、胸囲177cm、管囲20.0cm、馬体重は439kgです。
2016/11/29
宮内牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動と牧場内の馬場で軽めの騎乗運動を行っています。担当スタッフは「現在は馬場でダクとハッキングを行っていますが、今後はBTCの馬場で乗り込んでいく予定です。馴致を開始するまでは大人しくしていましたが、血統のイメージ通り気難しさが出てきました。難しいというよりクセがあって頑固という表現が合うかもしれません。この血統ですから大人しすぎるよりは良いのですが、洗い場に入らなかったり、出なくなったりと手を焼く場面もあります。兄たちも難しさがありましたので、想定はしていましたし、根気強く接して良い方向へ導いていきたいです。動きは軽快で素質を感じますし、しっかりと育てていきます」とコメントしていました。今後はBTCでの調教を見据えて乗り込んでいきます。気の難しさはありますが、この血統を熟知しているスタッフが揃っているので心強い限りです。踏み込みが深く、柔軟性のある動きは特筆出来ます。現在の馬体重は417kgです。
page top
page top