Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
クイーンステッラ   [外厩馬 / 宇治田原・優駿ステーブル]
2018/04/13
4/12に宇治田原・優駿ステーブルへ移動しました。近郊への移動でしたので特に問題なく、まずは無事に到着しています。飯田雄三調教師は「レース後も特に目立ったダメージは感じられないのですが、ここで一旦リフレッシュさせることにしました。前走にしても、もう少し踏ん張れてもいいはずですので、見えない疲れもあるのではないかと思っています。次走については、兄が芝で結果を出していること、ステッラの身のこなしを見ても一度芝を試したい思いがありますので、間隔が空く次走は芝も検討させてください」とコメントしていました。今後はまだ到着間もないことから徐々に調整を進めていく予定です。
2018/04/08
4/8(日)阪神競馬第1レース、3歳未勝利(牝馬限定)、ダート1800m、15頭立て、田辺裕信騎手騎乗で出走し8着。馬体重は前走より-6kg、464kgでした。
騎乗した田辺騎手は「スタートが下手とまではいかないまでも上手でもないので、あまり出が良くなくて、外からドンドン来られてしまってイメージよりも位置が後ろになってしまいました。今日はかなり風が強く、向正面では追い風に乗って上がって行けたのですが、逆に正面の直線では向かい風でしたので最後は苦しくなってしまいました。脚抜きの良い馬場よりもパサパサの方が良さそうですし、まだキャリアが浅くて非力さがあるので、使っていって体力が付いてくればすぐに勝てるだけの素質はあると思います」とコメント。飯田雄三調教師は「スタートがゆっくりめで位置取りが悪くなってしまいましたが、砂を被っても問題はなかったとのことで収穫はありました。風の影響も大きいとは思うのですが、現状では自分から勝ちに行く形だと最後まで踏ん張り切れないのかもしれないですね。体も減ってしまいましたし、入厩からゲートを含めて色々と経験してしんどくなってきているようにも思えますし、この後はひと息入れようと考えています」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認してから判断していきます。
2018/04/05
4/8(日)阪神競馬第1レース、3歳未勝利(牝馬限定)、ダート1800m、15頭立て、田辺裕信騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午前10時05分です。
4/4には坂路にて最終追い切りを併せ馬で消化しています。4ハロン54.1秒、3ハロン39.7秒、ラスト1ハロン12.9秒の時計を馬なりに追われてマーク。併せたクリノユナチャン(3歳未勝利、末強め)に同入しています。飯田雄三調教師は「今週も坂路で追い切りましたが、動き自体は良かったですね。使いつつ馬の雰囲気は良くなっていますし、力も付けてきているように思えます。しかし、飼い葉は変わらずに食べているものの、少し体が減ってきているのが少々気掛かりです。そんな状況ですので、長距離輸送となる福島ではなく、阪神で出走させることになり、今回は関東のリーディングジョッキーである田辺君に依頼しました。この馬の特徴をしっかり伝えれば、良さを引き出してくれるはずですよ。極端な馬体減りさえなければ上位争いも可能だと思います」とコメントしていました。ご声援ください。
2018/03/29
栗東トレセンで調整中。坂路中心に乗り込まれています。そこで3/28には坂路にて前走後2本目となる追い切りを単走で消化しています。4ハロン54.5秒、3ハロン40.2秒、ラスト1ハロン13.1秒の時計を一杯に追われてマークしています。飯田雄三調教師は「この中間も順調に調整が進んでいます。エンパイアメーカー産駒の牝馬ということで、警戒しながら見ているのですが、気難しさは感じせんし、飼い葉もよく食べてくれています。助手の話では徐々に追い切りでの反応が良くなっているとのことでしたし、気配は上向いている印象です。予定通り来週の競馬に向けて態勢を整えていきます」とコメントしていました。次走については同馬の状態を確認しながら現時点では4/7,8福島競馬、3歳未勝利、ダート1700mもしくは4/8阪神競馬、3歳未勝利(牝馬限定)、ダート1800mでの出走を予定しています。
2018/03/22
栗東トレセンで調整中。ウッドチップコース中心に軽めに乗り込まれています。飯田雄三調教師は「余程メンバーの薄いレースがあれば、今週の出走も考えていましたが、そこまで軽いメンバーのレースもなさそうでしたし、前回が間隔を詰めて使いましたので、もう少し間を空けることにしました。来週ですと、2場開催で相手関係も濃くなると見ていますので、再来週の出走を考えています。番組や騎手については想定を確認したうえで決めたいと考えており、相手関係を見てチャンスの大きいレースを狙うつもりです」とコメントしていました。そんな中、飯田雄三調教師と次走について相談したところ、現時点では同馬の状態を確認しながら4/7,8福島競馬、3歳未勝利、ダート1700mもしくは4/8阪神競馬、3歳未勝利(牝馬限定)、ダート1800mでの出走を視野に入れて調整することとなりました。
2018/03/15
栗東トレセンに滞在中。前走後は、レースに使ったなりのダメージが感じられましたが、歩様や身のこなしにも硬さはなく、まずは無事に運動を再開しています。飯田雄三調教師は「レース後も心身ともに状態に大きな変化はありません。疲れやダメージを感じさせるようであればリフレッシュさせることも検討していました。念のため、週末ぐらいまでは様子を見たいと思いますが、今の感じであれば出走に向けて進めていけそうです。先週は砂を被った際に嫌がったり、ハミを取らない場面もありましたが、距離を伸ばしたことで前進することができましたね。ゲート、スタートも問題なく対応してくれましたし、メドの立つ内容だったと言えるのではないでしょうか。来週以降の出走を考えていますが、状態面と相手関係を見ながら柔軟に検討したいと思います」とコメントしていました。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
2018/03/10
3/10(土)中京競馬第2レース、3歳未勝利(牝馬限定)、ダート1800m、14頭立て、丸田恭介騎手騎乗で出走し4着。馬体重は前走より-6kg、470kgでした。
騎乗した丸田騎手は「ゲート入りからスタートを含めて問題なく対応してくれました。短距離では追走に苦労しそうですが、無理なく良い位置を取れましたし、このぐらいの距離が良さそうですね。砂を被ると嫌がるとのことで、ブレーキを掛けるほどではないにしても怯むところはありました。砂を被らないようにコーナーで自ら外に行こうとしていたので、その分がロスになってしまいましたが、その辺りがよりスムーズなら3着に来れたと思います。しかし、慣れてくれば大丈夫そうですよ。2戦目で変わり身を見せてくれましたし、近いうちにチャンスがあると思います」とコメント。飯田雄三調教師は「ゲートも問題ありませんでしたし、距離を伸ばしたことで好位を確保できて見どころのある競馬ができましたね。鞍上も必要以上に砂を被らないように誘導してくれていたと思います。怖がりで気の小さい面はありますが、気が悪いわけではないですし、性格自体は素直ですから、テンションが一気に上がることはないと見ています。状態に問題がなければ続戦する予定です」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認してから判断していきます。
2018/03/08
3/10(土)中京競馬第2レース、3歳未勝利(牝馬限定)、ダート1800m、14頭立て、丸田恭介騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午前10時15分です。
3/7には坂路にて最終追い切りを単走で消化しています。4ハロン53.7秒、3ハロン39.8秒、ラスト1ハロン12.9秒の時計を強めに追われてマークしています。飯田雄三調教師は「中間も元気一杯で、デビュー戦の反動のようなものは感じられません。追い切りの動きを見ても、前走以上の内容と評価しています。来週以降の出走を考えていましたが、今の心身の状態であれば今週の出走でもいいのではないかと考えていたところ、出走メンバーが手薄なレースがありましたので、今週の出走に踏み切りました。距離延長もプラスだと思いますし、追走に余裕が生まれて前回とは違ったレースができるとみていますよ。人気にはならないかもしれませんが、どんな時でも全力投球してくれる鞍上にも期待したいですね」とコメントしていました。ご声援ください。
2018/03/01
栗東トレセンに滞在中。前走後は、レースに使ったなりのダメージが感じられましたが、歩様や身のこなしにも硬さはなく、まずは無事に運動を再開しています。飯田雄三調教師は「レース後も特に問題はないですね。まだ追い足りない中でのデビューでしたし、レースを経験したことで上積みが期待できると思います。このまま在厩で調整したいと考えており、今後の状態次第ですが、中2週ほど間隔は空けるつもりです。1200m戦は忙しい印象でしたので、次走は距離を延ばしたいと考えています」とコメントしていました。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
2018/02/24
2/24(土)京都競馬第3レース、3歳新馬、ダート1200m、16頭立て、大山真吾騎手騎乗でデビューし10着。馬体重は476kgでした。
騎乗した大山騎手は「懸念していたゲートは問題ありませんでした。しっかりと陣営の方で対処していただいたのだと思います。ただ、周りを気にしたり、砂を被ったら嫌がってしまい前半は進んでいきませんでした。本質的に距離も忙しいかもしれません。それでも道中は緩いペースながら最後は差を詰めていましたし、これからまだまだ良くなるでしょうから今後に期待が持てる馬ですよ」とコメント。飯田雄三調教師は「まず無難にゲートをクリアしてくれたのでホッとしています。今日は経験不足を露呈してしまった印象ですが、最後は脚を使っていますし、悲観する内容ではなかったと思います。あと1〜2本追い足りない状態でしたし、まだ良くなる余地が残っているだけに変わり身が期待できるはずです。問題がなければこのまま次走に向けて進めていきたいと考えています」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認してから判断していきます。
2018/02/22
2/24(土)阪神競馬第3レース、3歳新馬、ダート1200m、16頭立て、大山真吾騎手騎乗でデビューいたします。発走時刻は午前11時00分です。
2/21にはウッドチップコースにて最終追い切りを併せ馬で消化しています。5ハロン68.5秒、3ハロン40.9秒、ラスト1ハロン13.6秒の時計を一杯に追われてマーク。併せたオーミスマイル(3歳未勝利、一杯)の内を0.9秒遅れています。飯田雄三調教師は「今の新馬戦はかなり混み合っており、一度除外されて権利を得たとしても出走が安泰と言える状況ではないのですが、5頭枠(最初に投票した全馬の中から5頭選出)に収まりデビューする運びとなりました。そういう状況で今回は除外される確率がかなり高かっただけに、除外されて権利を得たかったというのが本音ですね。そのため、上位のジョッキーが空いておらず、クラブとも相談し、兵庫の大山騎手で投票しました。中央での知名度は低いかも分かりませんが、腕達者なジョッキーですからしっかりと競馬を教え込んでくれると思います。現時点ではまだ非力さが残りますし、良くなるのは先かなという印象で、今回は先々に繋がるレースを見せてほしいですね」とコメントしていました。ご声援ください。
2018/02/15
栗東トレセンで調整中。坂路中心に乗り込まれています。中間は体調面に大きな変化はなく、順調に調整することができています。そこで2/15には坂路にて入厩後3本目となる追い切りを単走で消化しています。4ハロン53.8秒、3ハロン39.9秒、ラスト1ハロン13.3秒の時計を一杯に追われてマークしています。飯田雄三調教師は「先週の追い切りは案外でしたが、今週は及第点の動きを見せていました。追うごとに動けるようになってきていますし、この感じであればデビューを視野に入れられるのではないでしょうか。現在は新馬戦が混み合っていますので除外の可能性が高いのですが、来週から投票していきたいと考えています」とコメントしていました。調教の動きも着実に良化しており、態勢も整いつつある状況です。そんな中、飯田雄三調教師とデビュー戦について相談したところ、現時点では同馬の状態を確認しながら、2/24阪神競馬、3歳新馬、ダート1200mでの出走を視野に入れて調整を進めることとなりました。
2018/02/08
栗東トレセンで調整中。坂路中心に乗り込まれています。中間はゲート試験合格後もガタッとくることはなく、デビューに向けてピッチを上げています。そこで2/7には坂路にて入厩後2本目となる追い切りを単走で消化しています。4ハロン56.8秒、3ハロン41.5秒、ラスト1ハロン14.2秒の時計を一杯に追われてマークしています。飯田雄三調教師は「ゲート試験合格後も心身とも状態は安定しており、今週は坂路で追い切りました。終始フラフラしていてピリッとしない内容でしたが、速めは初めてでしたので集中力や体力の問題だと見ています。エンパイアメーカー産駒の牝馬にしては変な癖もなく、飼葉もしっかり食べてくれるのでありがたいですね。新馬戦が少なくなってきていますので、番組に合わせるのではなく、仕上がり状況に応じてデビュー予定を立てられればと考えています」とコメントしていました。デビューに向けて着実に歩を進めています。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
2018/02/02
栗東トレセンで調整中。ゲート練習中心に調整されています。そんな中、2日に再度ゲート試験に挑み、合格しています。飯田雄三調教師は「今日は一緒に受験した馬も大きな問題はなかったですし、こちらも昨日と同様に対応してくれて合格することができました。出は最初の2、3完歩目はモタついたりするのですが、その後はすぐに勢いが付きますし、真っ直ぐに走ってくれますよ。お時間をいただいて大事に進めてきましたが、同馬もよく堪えて頑張ってくれましたし、性格的にも問題はなさそうですね。これからも血統面を考慮して詰め込み過ぎないようにしたいと思います。ゲート中心で疲れもあるとは思いますが、このまま在厩でケアしながらデビューに進めていきたいですね」とコメントしていました。前回の試験でトラブルもあって心配されましたが、厩舎サイドと中井騎手のサポートもあり、競走馬としての第一関門を突破することができました。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
2018/02/01
栗東トレセンで調整中。ゲート練習を中心に調整されています。中間は状態面に変わりはなく、ゲートへの不安も徐々に払拭できている様子です。飯田雄三調教師は「引き続きゲート練習を重ねていますが、だいぶ以前のように対応してくれるようになりました。今朝の練習の感じも良かったですし、再び合格できるレベルにまで持ってこられたと思います。明日、受験しようと思っていますが、同じように対処してくれれば合格できるのではないでしょうか。あとは一緒に受ける馬に癖のある馬がいないことを祈ります。中井騎手も丹念に練習してくれていますので明日は人馬ともに頑張ってもらいたいですね」とコメントしていました。運も必要となりますが、スムーズに試験が進むことを願うばかりです。今後はゲート試験の合否を元に判断することになっています。
2018/01/25
栗東トレセンで調整中。ゲート練習を中心に調整されています。中間も精神状態を確認しながら、ゲート練習を進めています。飯田雄三調教師は「少しずつゲートに関する恐怖心のようなものは払拭できていると思うのですが、入る時に頭を上げたり、拒否することがあるため、今週の受験も見送りたいと思います。エンパイアメーカー産駒は、一旦ゲートでこじれさせてしまうと修正がかなり難しくなりますので、無理強いだけはせずにじっくり進めさせてください。能力は感じる馬だけに、心身ともに良いコンディションでデビューさせたいと思います。お時間が掛かってしまって申し訳ないのですが、現状をどうかご理解ください」とコメントしていました。ゲートに対する恐怖心を緩和できるように懸命の練習が続いています。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
2018/01/18
栗東トレセンで調整中。ゲート練習を中心に調整されています。中間はアクシデントの影響を考慮し、ゲート練習と坂路でじっくりと乗り込まれています。飯田雄三調教師は「先週のことがありましたので、メンタルの面で少し落ち着かせてから練習を再開させました。やはりトラブルの影響もあって受験前よりも入りが良くないですね。前扉が開いている時は入るのですが、閉まった状態だと突っ張ってしまいます。隣の馬が結構な暴れ方でしたので、こうなってしまうことも想定はしていたのですが、それまでが順調にステップアップ出来ていただけにやるせない気持ちです。同馬自身は気が悪いという感じはしませんが、父の産駒ですので良からぬ方向へ行かないように慎重に対応させてください。『怖くない』ということをしっかり認識して納得してくれれば問題ないと思います。再受験は来週以降に延期し、心身のコンディションを見ながら受ける予定です」とコメントしていました。ゲートに対して恐怖心が出てしまったようですので、無理強いはせずに大事に進めていきます。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
2018/01/13
栗東トレセンで調整中。ゲート練習を中心に調整されています。1/12にゲート試験を受けましたが、残念ながら不合格となってしまいました。飯田雄三調教師は「心身の状態の問題がないことを確認し、予定通りゲート試験に臨みました。1本目は入り、駐立、出ともに問題はなく、思惑通り受かると見ていたのですが、2本目に一緒に受験していた隣の他厩舎の馬が立ち上がったり、座り込んでしまい同馬もつられるような形で立ち上がってしまいました。最初のうちは辛抱強く我慢してくれていただけに歯がゆいですし、一発で決めたかったのですが。両前脚に擦り傷を負ってしまったものの、それ自体は大きな影響はないと思います。しかし、精神面が心配ですので少しだけ楽をさせてから改めて来週の試験を受ける予定です」とコメントしていました。残念な結果でしたが、原因は明白ですので次こそは吉報を待ちたいところです。今後は来週に再度ゲート試験を受ける予定となりました。
2018/01/11
栗東トレセンで調整中。ゲート練習を中心に調整されています。中間はゲート練習も本格化しています。飯田雄三調教師は「引き続き慎重に進めていますが、着実に上達してきてくれましたね。10日にゲートから出してみたところ、出は早いとは言えないものの、まずまずでしたので試験を受けられるレベルまで達しつつあると判断しています。ややゲートの中で緊張しているような雰囲気がありましたので、1日空けて明日12日に状態を確認したうえで中井騎手を背に受験させる予定です。これまでは問題ありませんが、今後も精神面をよく観察していきたいと思います。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。ゲート試験は心身ともに負担が大きいだけに、試験を一発でクリアーしたいところです。今後は明日ゲート試験を受ける予定となっています。
2018/01/04
栗東トレセンで調整中。ゲート練習を中心に調整されています。中間はゲート試験合格に向けて一歩ずつ着実に前進しています。飯田雄三調教師は「エンパイアメーカー産駒ということで慎重に進めていますが、現時点では問題になるところは見せていません。まだゲートを手動で開けて開いたら出るということを理解させている段階で、あまり詰め込みたくはないのでじっくり教え込んでいます。しっかりと出ることを覚えさせてから受験する予定です。まだ速いところをやっていない段階ですので進めていってどうか心配はありますが、現在は飼葉もしっかり食べています。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。まずは一歩一歩慣らしながら練習を重ねます。今後はゲート試験合格を目標に調整していきます。
2017/12/28
栗東トレセンで調整中。ゲート練習を中心に調整されています。中間は環境に慣らしながら試験合格に向けてゲート練習を重ねています。飯田雄三調教師は「思っていたよりも気難しさを見せることはなく、ここまでは順調に進めることが出来ています。洗い場に入るのを嫌がったりはしますが、牝馬ではよく見られることなので心配はしていません。ゲート練習については、出すところまではいっていませんが、入りと駐立は問題なさそうですし、父の産駒に見られる難しさは今のところ見せていません。まずは試験合格に向けて注力したいと思います。ゲート試験は年明けになりそうです」とコメントしていました。しっかりと環境にも順応しており、まずはゲート試験合格を目指します。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
2017/12/23
12/22に栗東トレセンへ入厩しました。長距離輸送でしたが特に問題なく、まずは無事に到着しています。飯田雄三調教師は「クラブサイドから態勢が整ったとのことで、少々延びる形にはなってしまいましたが検疫を確保して入厩させることになりました。今のところ熱発や体調の異常はなく、見た目にも気になるところはありません。厩舎に着いてからも問題はなく、すぐに飼葉を食べてくれました。同馬は気の悪さがそれほどないと報告を受けていますが、ゲート練習を進めていくと難しさが出てくることが多い父の産駒ですので、注意しながら調整を進めていきます」とコメントしていました。今後は同馬の状態を確認しながら、ゲート試験合格に向けて調整していきます。
2017/12/15
阿見トレーニングセンターで調整中。現在はダートトラックコースにてダクとキャンターで乗り込まれています。担当スタッフは「北海道の牧場では、洗い場などに入るとチャカついていたそうですが、こちらに来てからはとても大人しいですね。引き続き乗り込めていますが、冬毛が出ていたのですが大分抜け落ちたようです。この状態でしたらトレセンに入厩しても大丈夫だと思いますので、それまでしっかりケアして行きます。血統背景からも活躍が期待出来そうなのでデビュー戦が楽しみですね。ここまでは順調です」とコメントしていました。先週、飯田雄三調教師に入厩の打診をしております。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めて行きます。現在の馬体重は495kgです。
2017/11/30
阿見トレーニングセンターで調整中。現在はダートトラックコースにてダクとキャンターで乗り込まれています。担当スタッフは「引き続き問題なく乗り込めています。寒さが増していますので冬毛もちらほら確認出来るのですが、動きには影響していません。これでしたら当初の予定通り来月中旬には送り出せると見ています。こちらに来てから1ヶ月以上経過しましたが、相変わらず大人しく騎乗者にも従順でいい仔ですよ。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。牝馬にしては飼葉をしっかり食べており、馬体も他の馬と引けを取らない好馬体です。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めて行きます。現在の馬体重は473kgです。
2017/11/15
阿見トレーニングセンターで調整中。現在はダートトラックコースにてダクとキャンタ乗り込まれています。担当スタッフは「そろそろ血統背景から推察して気の悪さが出て来ると思っていたのですが、その逆で引き続き大人しく馬場での動きも安定していますよ。季節的に冬毛が目立って来ましたが、特に問題なく飼葉もしっかり食べてくれています。この調子でしたら来月の中旬にトレセンに送り出せると考えています。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。牝馬ですが牡馬の様にどっしりしています。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は467kgです。
2017/10/31
阿見トレーニングセンターで調整中。現在はダートトラックコースにてダクと軽めのキャンタ乗り込まれています。担当スタッフは「こちらの環境にも慣れて、早速乗り出しています。エンパイアメーカー産駒ですが、とても大人しく乗り味もまずまずですね。血統的に兄が殆ど勝ち上がっているので同馬にも期待が集まりますね。徐々にペースアップしながら入厩態勢を整えていきます。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。エンパイアメーカー産駒で大人しい馬は結果を残しているようです。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は454kgです。
2017/10/26
10/24に阿見トレーニングセンターへ移動しました。北海道からの長距離輸送でしたが特に問題なく、まずは無事に到着しています。阿見トレーニングセンター担当スタッフは「長距離輸送でしたが熱発などもなく無事に到着しています。まずはこちらの環境に慣れさせてから、徐々に乗り込んで行く予定にしています。やはり北海道は寒さが増しているので同馬は冬毛が目立ちますね。状態は良さそうなので、早く栗東トレセンに入厩出来るようにして行きます」とコメントしていました。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
2017/10/16
宮内牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋外、屋内のダート及びウッドチップコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「捻挫に関してはもう心配ありません。再度ピッチを上げているのですが、冷え込んできていることで冬毛が伸びて見た目がモサッとしてきました。まだ体付きに余裕も残る状況ですので、見た目としては一息ですが、状態自体は悪くありません。まだ良くなる余地を残していますが、こちらに戻ってきている新馬戦4着の馬と併せても、劣ることはなかったので地力も強化してきましたね。ゲートや洗い場を入れるのに苦労した同馬ですが、馬運車に乗ってくれるのかも少し心配です。顕著に感じるわけではないのですが、血統面からどうしても心配が付きまといますからね。移動に向けてしっかりと乗り込んでいきます。ここまでは順調です」とコメントしていました。まだ余裕はありますが、調整は順調そのものです。今後は来るべき移動に備えて態勢を整えていきます。現在の馬体重は482kgです。
2017/09/29
宮内牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋外、屋内のダート及びウッドチップコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「中間に左トモを捻挫した影響で、少し緩ませたのですが、坂路が閉鎖されていましたので丁度良かったかもしれません。適度に息抜きが出来た印象です。改修が終わって今週から坂路がオープンしたのですが、まだチップが馴染んでいない感じですので速いペースでは乗っていません。まだ伸びしろはありますが、着実にレベルアップしてきましたね。これからペースを上げていきますが、入厩に備えて栗東の近くに移動させるのも一つだと思います。成長分もありますが、緩ませた分だけ、まだ体に余裕がありますのでしっかりと乗り込んでいきたいですね」とコメントしていました。晩成傾向が強い印象ですが、体力が備わって体幹もしっかりしてきている様子です。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は488kgです。
2017/09/15
宮内牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの屋外、屋内のダート及びウッドチップコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「1ヶ月弱の間、坂路が使用出来ませんのでコースでの調教が中心の状況です。心身ともに状態は安定しており、コンスタントに乗り込みを重ねることが出来ています。欲を言えば、もう少し迫力が欲しいところではありますが、遅生まれですし、同馬の本領発揮はこれからでしょう。即入厩とはいかないまでも、栗東近郊へ移してもいいかもしれませんね。ここまでは順調です」とコメントしていました。兄のゴーインググレートは、先週の阪神競馬、エニフステース(OP)、ダート1400mを低評価の中、勝ったウインムート(ドリームバレンチノ全弟)にはおよびませんでしたが大健闘の2着。同馬の期待が高まります。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は468kgです。
2017/08/31
宮内牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの屋外、屋内のダート及びウッドチップコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「いい意味で変わりはなく、コンスタントに調教メニューを消化できています。以前よりも逞しくなっていますし、まだ良くなりそうな気配ですよ。ゲートを含め、調教時に特に問題は見せていませんが、あとはトレセンへ入っても同じように対処してくれるかではないでしょうか。同牧場で育成したロワデベットもそうでしたが、トレセンへ入厩すると変わる場合がありますからね。今後もしっかりと乗り込む中で、更にレベルアップさせていきたいと考えています」とコメントしていました。来月の移動を視野に入れながら乗り進めていく予定です。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は471kgです。
2017/08/15
宮内牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋外、屋内のダート及びウッドチップコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「調整は至って順調で、体調面も良好です。まだ成長途上なのは確かですが、着実にレベルアップ出来ていますよ。同馬も敏感な一面を見せることがありますし、血統的にも精神面がポイントになってくると見ていますので、こちらで可能な限り課題をクリアさせてから送り出したいと思います。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。ここまで頓挫もなく、順調に鍛練を重ねることが出来ています。来月にも移動の態勢が整いそうです。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は466kgです。
2017/07/31
宮内牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋外、屋内のダート及びウッドチップコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「中間にかなり暑い日が続いたことから疲れが出る前に数日間リフレッシュ休養させましたが、その甲斐もあって元気一杯です。暑さに弱いタイプではないと思っており、ケロッとしていますよ。休んだ分だけ体には余裕がありますが、今後は輸送もありますのでこのぐらいで問題ありません。ゲートに関してはこちらでは問題なく対処していますが、トレセンでも同じようにこなしてくれるといいですね。初秋には移動の態勢が整うと見ています。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。状態は安定しており、随所に成長の跡が見受けられます。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は468kgです。
2017/07/14
宮内牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋外、屋内のダート及びウッドチップコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「徐々に力が付いてきた感じがしますね。この血統は古馬になってからが本領発揮と見ていますが、今の感じであれば夏の終わりか秋口には送り出せるのではないでしょうか。兄たちは時間を経て、経験を重ねながら力を付けていきましたが、同馬も同じように様々な経験を積みながら成長していって欲しいですね。父の産駒はゲートを課題にする馬が多いだけに、可能な限りこちらでも練習をしておきたいと思います。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。今後は移動を見据えながらしっかりと乗り込んでいきます。現在の馬体重は460kgです。
2017/06/23
宮内牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋外、屋内のダート及びウッドチップコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「この中間も順調ですし、乗り出してからこれと言った頓挫もなく、スムーズに育成することが出来ています。先日、トレセンに入厩直前の馬の最終調整のパートナーに指名し、併せ馬を行いました。見立てとしては、進み具合から劣勢になるのは否めないと見ていたのですが、いい意味で裏切られました。遅れるどころか対等に動けていましたので、私も騎乗者も驚くほどの走りを見せてくれたんです。血統面や遅生まれの点を考慮し、じっくり進めてきましたが、こちらの想像以上に良化していますよ。それでもまだまだ奥がありそうですし、2歳の夏場に一度疲れが出る血統ですので、そこから上向いてきた段階で送り出せればベストですね。兄たちのような活躍を期待しています」とコメントしていました。ここにきて牧場での評価や期待が急激に高まっています。先週に開幕した函館競馬では、同場の生産馬が2勝をマーク。同馬もこの流れに乗って、有意義な夏を過ごし、秋に備えたいものです。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は462kgです。
2017/06/15
宮内牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋外、屋内のダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「15-15も交えながら進めていますが、これと言って気になるところはないですし、順調に乗り進めることが出来ていますよ。決して優等生とは言えませんが、気性面の成長を感じさせますし、走ることに対して前向きさがあってこの血統ならではの良さも出てきましたね。成長期に入ってきている様子で、これからドンドンいい方向へ変わってきてくれそうですよ。先日、飯田先生が来場され、同様に成長を感じておられる様子でしたし、この調子で進めていきたいと思います」とコメントしていました。ここにきて心身ともに期待通りの成長を見せており、秋の始動に向けて視界は良好です。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は461kgです。
2017/05/31
宮内牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋外、屋内のダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「坂路では速いところも交えながら乗り込んでいますが、同じタイムでも以前よりも余裕を持って走れるようになってきました。体付きも筋肉の厚みが増してボリューム感が出てきましたし、着実に成長しています。先日、兄のゴーインググレートが大穴を開けましたが、妹も古馬になってからが本領発揮だと見ていますので、秋を見据えて焦らずに育てる方針に変わりはありません。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。兄ゴーインググレートは12番人気という低評価を覆して快勝し、7歳にしてオープン入りを果たしました。窮屈さのない伸びやかで軽快な動きを見せており、全兄のグランドボヌール同様に芝にも十分に対応出来そうな印象です。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は450kgです。
2017/05/15
宮内牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋外、屋内のダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「屋外コースでの調教も積極的に取り入れていますが、堪えた様子もないですし、体力も備わってきていますね。見た目にも成長してきているのを実感していますし、ここまでは思い通りです。この血統は夏場に状態が落ちる傾向にありますので、そこから状態が上向いて本州の暑さがピークを超すタイミングで送れればベストだと考えています。遅生まれでまだ課題は多く残りますが、走りや動きも着実に良くなっていますし、良い雰囲気になってきていますよ。己の力をしっかりと発揮出来れば良いレースを見せてくれるはずだと見ていますので、心身のレベルアップに努めます」とコメントしていました。父の産駒は好調で毎週のように複数の勝ち馬が誕生しています。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
2017/05/01
宮内牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋外、屋内のダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「この中間も色々なコースで乗ってバリエーションに富んだメニューを組んでいます。様々な環境を経験することは今後にとってプラスになるはずですよ。まだ芯がしっかりとしきれていませんが、トモや肩周りを中心に必要な筋肉が付いてきました。気性的に難しい面がある血統なので、焦らずに様子を見ながら大事に進めたいですね。来場した飯田雄三調教師も能力の高さを感じているようでしたので、良い形でバトンタッチ出来るように努めていきます。ここまでは順調です」とコメントしていました。着実にレベルアップが図れていますが、まだまだ良化の余地を感じるだけに、秋を見据えて涼しい北海道で調整を進めていきます。現在の馬体重は442kgです。
2017/04/17
宮内牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋外、屋内のダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「現在は屋外、屋内のダートコースでのキャンターと、週に2回は坂路で15〜18秒ペースのメニューで乗り込んでいます。状態面に問題はありませんが、口向きに課題があったりとまだ心身ともに上昇の余地が多いように成長途上ですので焦らずに進めていきます。ここまでは順調です」とコメントしていました。徐々に体力面が強化され、動きや走りの質は高まってきており、着実に成長している様子です。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
2017/03/31
宮内牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びにダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「現在は屋内ダートコースで1800~2400mのキャンターを基本に、週に2回は坂路で15〜18秒ペースのメニューで乗り込んでいます。まだ成長途上なのは否めませんが、体付きや走りの質が良くなって調教の成果と成長を感じ取れるようになってきました。じっくり成長を促すタイプだと見ていますが、当初の見込みよりも良化度は早いですね。気持ちのコントロールが鍵になると思っていますので、今後もその辺りを意識して調整していきますここまでは順調ですね」とコメントしていました。全兄のグランドボヌールが先日、芝1800m戦を快勝し、待望の初勝利を挙げました。気性が出世を妨げているとのことながらも、素質は高く、妹には能力通りに走れるように育って欲しいものです。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
現在の測尺は体高157cm、胸囲179cm、管囲20.0cm、馬体重は445kgです。
page top
page top