Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
レジーナファースト   [入厩馬 / 森田直行厩舎]
2018/04/19
栗東トレセンで調整中。坂路中心に乗り込まれています。そこで4/19には坂路にて入厩後1本目となる追い切りを併せ馬で消化しています。4ハロン57.2秒、3ハロン41.1秒、ラスト1ハロン12.8秒の時計を一杯に追われてマーク。併せたラブローレル(古500万、一杯)を1.2秒先行し0.4秒先着しています。森田調教師は「放牧で緩んだ印象もなく、状態面に問題も見られないことから、予定通り追い切りを行っています。かなり馬場が悪い状況でしたが、格上の古馬相手に優勢の動きを見せてくれました。先行していたとはいえ、評価できる内容だったと言えるでしょう。来週は新潟にも同じ条件のレースはあるのですが、信頼できる乗り役を乗せたいことから、デビュー戦と同様に幸とのコンビで京都に向かう予定です。来週に向けてしっかり仕上げていければと思います」とコメントしていました。次走については状態を確認しながら現時点では4/29京都競馬、3歳未勝利、芝1600mでの出走を予定。幸英明騎手に騎乗依頼しています。
2018/04/18
4/17に栗東トレセンへ入厩しました。近郊の吉澤ステーブルWESTからの移動でしたので特に問題なく、まずは無事に到着しています。森田調教師は「予定通り来週の競馬に向けて帰厩させていただきました。短期間でしたので、特に大きな変化はありませんが、少しでも息抜きはできたのではないでしょうか。明日から追い切りを行い、来週のレースを目指したいと考えています。素質はありますので、早めに勝ち上がらせたいですね」とコメントしていました。そんな中、森田調教師と次走について相談したところ、現時点では状態を確認しながら4/29京都競馬、3歳未勝利、芝1600mでの出走を視野に入れて調整することとなり、幸英明騎手に騎乗依頼しています。
2018/04/13
吉澤ステーブルWESTで調整中。現在は坂路でのキャンターを中心に乗り込まれています。担当スタッフは「ゲート試験に時間を要したこともあり、トレセンでの在厩期間が長かったことから、こちらにきてから疲れが出ることも想定していましたが、思っていたほどのダメージはなかったようで、そういった様子は見せませんでした。ゲートではかなり苦労したようですが、こちらではとても素直な性格で扱いやすい優等生ですよ。肉体面もタフですし、精神面もしっかりしています。森田先生からは緩めないように言われていますので、20秒を切るぐらいのキャンターで調整しており、遅くとも来週には帰厩することになりそうです」とコメントしていました。来週までには栗東へ移動し、出走に向けて調整を進めていく予定です。現在の馬体重は474kgです。
2018/04/05
4/4に吉澤ステーブルWESTへ移動しました。トレセン近郊への移動でしたので特に問題なく、まずは無事に到着しています。森田調教師は「前走後も目立ったダメージは感じられないのですが、ゲート試験に時間を費やし、在厩期間も長くなってきたことから、ここで1~2週ほど一服させることにしました。長い休みにするつもりはなく、優先権を行使できる期間内で出走させる予定です。前走も最後の脚は良かったですし、進路がスムーズに開いていればもっと上の着順に来ていたと思います。能力はありますので、私としては次で決めるつもりです」とコメントしていました。今後はまだ到着間もないことから徐々に調整を進めていく予定です。
2018/04/01
4/1(日)阪神競馬第4レース、3歳未勝利、芝1600m、18頭立て、三浦皇成騎手騎乗で出走し5着。馬体重は前走より-6kg、468kgでした。
騎乗した三浦騎手は「スタートはややゆっくりでしたが、道中は芝の切れ端や馬群に怯んだりすることもなく比較的スムーズに追走することができました。直線では前の馬たちがゴチャゴチャしたり、サイドから挟まれるような形で進路を確保するのに苦労したのですが、そんな状況でも気持ちを切らさずに走ってくれました。もう少し広いところに出せていれば、もっと前の馬たちに迫ることができたと思いますし、確実に脚を使ってくれますね。まだ体力が付ききっていないため、使える脚は決して長くはないのですが、現状でもこれだけ走れるのですから、体力が付けば良い脚を長く使えるようになると思いますし、先々が本当に楽しみな馬ですね」とコメント。森田調教師は「一度実戦を使ったことでレースに慣れてスタート、道中を含めて進境が伺える内容でスムーズに運べましたね。直線はもう少し進路が開いてくれれば、更に際どい勝負になっていたと思います。それでも能力を再確認することができましたし、最低でも権利は取りたいと思っていたので、ギリギリでも確保できてホッとしました。この距離にも対応できることが分かったので、今後に繋がる内容だったと言えるでしょう。このまま在厩で調整しますが、詰めて使ったので少し間隔は空けたいと考えています」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認してから判断していきます。
2018/03/29
4/1(日)阪神競馬第4レース、3歳未勝利、芝1600m、18頭立て、三浦皇成騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午前11時35分です。
3/28には坂路にて最終追い切りを併せ馬で消化しています。4ハロン54.5秒、3ハロン39.4秒、ラスト1ハロン12.9秒の時計を一杯に追われてマーク。併せたサンレイレッカー(古500万、一杯)に0.4秒先着しています。森田調教師は「当初は来週の出走を予定していましたが、想定を確認したところ芝1600m戦に出走できる可能性がありましたので、三浦皇成を確保したうえで投票したところ、3分の1の抽選を突破することができました。うちの厩舎もクジ運が強い方ですが、レジーナも強いのかもしれませんね。来週は3場開催でも出走できない可能性もありましたし、この幸運を生かしたいところです。初戦はスタート、道中を含めてロスの多い競馬になりましたが、慣れてくれればもう少しスムーズな競馬も可能だと思います。1ハロンの距離延長がどう出るかですが、能力はある馬ですので、期待を持って送り出します」とコメントしていました。ご声援ください。
2018/03/22
栗東トレセンで調整中。プール調教と坂路を併用して調整されています。そこで3/22には坂路にて前走後1本目となる追い切りを併せ馬で消化しています。4ハロン57.6秒、3ハロン42.0秒、ラスト1ハロン14.0秒の時計を馬なりに追われてマーク。併せたピオレ(3歳未出走、バテる)に1.1秒先着しています。森田調教師は「中間も順調で、前走の反動も感じられませんし、テンションが上がることもありません。今週の出走も検討していましたが、節が足りずに出走が叶いませんでした。来週は2場開催で出走のハードルが上がってしまうと見ていますので、早くても再来週の出走になりそうです。デビュー戦は着順以上に評価できる走りでしたし、良くなってきそうだと感触を掴んでいます。レース慣れも見込めるでしょうし、次走は前進を期待したいですね」とコメントしていました。そんな中、森田調教師と次走について相談したところ、現時点では同馬の状態を確認しながら4/7,8福島競馬、3歳未勝利、芝1200mもしくは4/7阪神競馬、3歳未勝利、芝1400mでの出走を視野に入れて調整することとなりました。
2018/03/15
栗東トレセンに滞在中。前走後は、レースに使ったなりのダメージが感じられましたが、歩様や身のこなしにも硬さはなく、まずは無事に運動を再開しています。森田調教師は「前走はデビュー戦ということでキャリアの浅さを露呈してしまいましたが、実戦を経験した効果は大きいはずですし、スタート、道中を含め、次走はきちんと対応できるようにしていきたいですね。権利が取れませんでしたので、具体的な目標は立てづらいのですが、反動はなく、テンションも上がっていませんので、このまま在厩で進めていくことにしました。ジョッキーからは『芝の短距離が良さそう』との話がありましたので、次走も同じような条件に出走させたいと考えています」とコメントしていました。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
2018/03/10
3/10(土)阪神競馬第4レース、3歳未勝利、芝1400m、16頭立て、幸英明騎手騎乗でデビューし8着。馬体重は474kgでした。
騎乗した幸騎手は「今日はデビュー戦でしたので、スタートのタイミングが合いませんでしたし、道中も芝の塊が飛んでくるのを気にして進んでいきませんでした。そういったこともあってロスを覚悟して外めを回しましたが、直線はとても良い脚を使ってくれましたし、能力はありますね。やや非力な印象ですので、ダートよりも芝が合いそうです。レースに慣れてくれれば勝ち上がりも近いと思います」とコメント。森田調教師は「懸念していたゲート入りと駐立は先入れながら問題なく対応してくれていたと思います。スタートの出を含めていかにもデビュー戦という感じで、前半はどうなることかと思いましたが、最後は見どころのある脚を使ってくれました。今日は良い経験になったと思いますので、次は更に良いレースができるのではないかと手応えを感じています。権利は外してしまいましたが、このまま在厩で出走可能な番組を探るつもりです」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認してから判断していきます。
2018/03/08
3/10(土)阪神競馬第4レース、3歳未勝利、芝1400m、16頭立て、幸英明騎手騎乗でデビューいたします。発走時刻は午前11時25分です。
3/7には坂路にて最終追い切りを併せ馬で消化しています。4ハロン54.4秒、3ハロン39.8秒、ラスト1ハロン13.0秒の時計を一杯に追われてマーク。併せたカフジブルー(3歳新馬、一杯)を0.1秒先行し0.4秒先着しています。森田調教師は「ようやく出走にこぎ着けることができました。新馬戦でデビューできれば良かったのですが、お待たせしてしまい申し訳ございません。ここまでの乗り込み量は十分過ぎるほどで仕上がりに不足はありませんし、水準以上の動きを見せています。能力的にはやれると思っていますが、既走馬が相手ですので、その点がポイントですね。ダートの適性も高そうですが、まずは芝でデビューさせたいと思います。まずはゲート入り、スタートを無事にクリアし、先に繋がるレースを見せてもらいたいですね」とコメントしていました。ご声援ください。
2018/03/01
栗東トレセンで調整中。坂路中心に乗り込まれています。そこで2/28には坂路にて入厩後17本目となる追い切りを併せ馬で消化しています。4ハロン55.4秒、3ハロン40.1秒、ラスト1ハロン13.1秒の時計を一杯に追われてマーク。併せたカフジブルー(3歳新馬、一杯)を0.1秒追走し同入しています。森田調教師は「変わらずにしっかりと走れていて動きはいいですね。ゲートで苦労した分、時間が掛かってしまいましたが、その分だけしっかりと乗り込めましたので初戦としては十分過ぎる仕上がりで臨めると思います。デビュー戦だけに外国人ジョッキーを含めて打診したのですが、都合が付かなかったため、今回は幸に依頼しました」とコメントしていました。次走については同馬の状態を確認しながら現時点では3/10阪神競馬、3歳未勝利、芝1400mでの出走を予定。幸英明騎手に騎乗依頼しています。
2018/02/23
栗東トレセンで調整中。ゲート練習と坂路を併用して調整されています。そんな中、21日にゲート試験に挑み、見事一発合格しています。2/18には坂路にて入厩後15本目となる追い切りを併せ馬で消化しています。4ハロン57.2秒、3ハロン41.4秒、ラスト1ハロン13.1秒の時計を馬なりに追われてマーク。併せたシグナルコール(3歳未勝利、馬なり)を0.2秒追走し同入しています。森田調教師は「時間が掛りましたが、ようやくゲート試験をクリアすることができてホッとしています。試験中はドキドキでしたが、思いの外スムーズでした。まだゴネたりはしますが、まずは一歩前進ですね。芝でデビューさせたいのですが、残っている新馬戦はダート戦しかありませんので未勝利戦に向かいたいと思います。乗り込み量は豊富ですが、既走馬が相手ですのでもう少し速い追い切りを積んでから出走させてください」とコメントしていました。厩舎関係者の尽力により無事に合格し、同馬もよく耐えてくれました。そんな中、森田調教師とデビュー戦について相談したところ、現時点では同馬の状態を確認しながら、3/10阪神競馬、3歳未勝利、芝1400mでの出走を視野に入れて調整を進めることとなりました。
2018/02/15
栗東トレセンで調整中。ゲート練習と坂路を併用して調整されています。中間はゲートに対する不安も払拭できている様子で、来週に試験を受ける予定となりました。そこで2/11には坂路にて入厩後14本目となる追い切りを単走で消化しています。4ハロン55.6秒、3ハロン40.8秒、ラスト1ハロン13.2秒の時計を馬なりに追われてマークしています。森田調教師は「馬も人も過酷な状況が続きましたが、その甲斐あってゲートは着実に上達してきています。練習通りに対応してくれれば、試験を突破できるレベルまでになりました。乗り込み量は豊富ですので合格できればすぐにデビューできると判断しています。調教の動きも良いですし、何とか来週合格して早めにデビュー戦を迎えたいですね」とコメントしていました。根気強く対応していただき、受験できるまでに上達してきました。今後は来週にゲート試験を受ける予定です。
2018/02/08
栗東トレセンで調整中。ゲート練習と坂路を併用して調整されています。中間は調教の動きが良化されており、順調に調整が進んでいます。そこで2/7には坂路にて入厩後13本目となる追い切りを単走で消化しています。4ハロン57.6秒、3ハロン42.8秒、ラスト1ハロン14.1秒の時計を馬なりに追われてマークしています。森田調教師は「入厩して相当数の追い切りを行っているので馬体はしっかりして、直ぐにでもデビュー出来そうな雰囲気ですね。7日の追い切り後にゲート練習を行い、今までで1番スムーズでしたね。これでしたら来週にはゲート試験に挑戦出来そうです。合格しましたなら早めのデビューを考えて行きます」とコメントしていました。やっと軌道に乗って来たようです。今後は同馬の状態を確認しながら来週にもゲート試験に挑む予定です。
2018/02/01
栗東トレセンで調整中。ゲート練習と坂路を併用して調整されています。中間は脚元の状態が良くなったことから、早速乗り込みを開始しています。森田調教師は「右前脚フレグモーネが完治したので、1日に坂路で軽めに乗って、その後にゲート練習を行いました。動きは特に問題なくゲートも入ってからスッと出たのでビックリしています。多分、ちょっと休ませてリフレッシュ出来たのでこのような結果になったのだと思います。再スタートですが、デビューに向けて乗り込んで行きます」とコメントしていました。ゲートをすんなりこなしてくれましたので、デビューが近そうです。今後は同馬の状態を確認しながら引き続きゲート練習中心に進めて行きます。
2018/01/25
栗東トレセンで滞在中。舎飼で様子を見ています。中間は状態が良くない事から安静にしています。森田調教師は「21日に坂路で併せ馬で追い切りを行って、新馬とは思えない良い動きだったのですが、その後、歩様が良くなかったので獣医師に診断してもらったところ、右前脚フレグモーネと判明しました。申し訳有りません。ゲート練習が徐々に良くなって調教の動きも良くなって来たところでしたが残念です。患部が良くなり次第調教を再開します」とコメントしていました。突然のアクシデントですが、同馬の奮起に期待です。今後は同馬の状態を確認しながら脚元優先で調整して行きます。
2018/01/18
栗東トレセンで調整中。ゲート練習と坂路を併用して調整されています。中間は引き続きゲート練習に力を入れています。そこで1/17には坂路にて入厩後11本目となる追い切りを単走で消化しています。4ハロン58.4秒、3ハロン42.6秒、ラスト1ハロン14.1秒の時計を馬なりに追われてマークしています。森田調教師は「引き続きゲートでは縛っていますが、そろそろ縛らずして通常のゲート練習にもどしてどのようになるか見極めたいと考えています。じっくり乗り込んだことで牝馬とは思えない体付きになって来ましたし、ゲート試験に合格した際にすぐにデビュー戦に出走出来る態勢には有ると思いますよ」とコメントしていました。今月中にはゲート試験にチャレンジ出来そうです。今後は同馬の状態を確認しながら引き続きゲート練習中心に進めて行きます。
2018/01/11
栗東トレセンで調整中。ゲート練習と坂路を併用して調整されています。中間はゲート練習を入念に行っています。そこで1/8には坂路にて入厩後9本目となる追い切りを単走で消化しています。4ハロン60.5秒、3ハロン44.5秒、ラスト1ハロン14.0秒の時計を馬なりに追われてマークしています。森田調教師は「追い切り本数が増えて来ましたが同馬の状況は良好です。ゲート練習も以前はゲート内で大暴れしていましたが、だいぶ大人しくなって来ました。これでしたら来週若しくは再来週にゲート試験に挑戦出来るのではないでしょうか。これだけゲート練習や乗り込み量も豊富なのでデビュー戦から勝てるようにしたいですね」とコメントしていました。ジワジワと中身が出来て来ました。今後は同馬の状態を確認しながら引き続きゲート練習を進めて行きます。
2018/01/04
栗東トレセンで調整中。ゲート練習と坂路を併用して調整されています。中間は乗り込みを重ねながら、順調に調整が進んでいます。そこで1/3には坂路にて入厩後8本目となる追い切りを単走で消化しています。4ハロン59.4秒、3ハロン43.8秒、ラスト1ハロン14.1秒の時計を馬なりに追われてマークしています。森田調教師は「継続してゲート内で縛って練習しています。まだ縛らないと座り込んだりゲートにもたれたりしています。徐々には良くなっているのでもう少し辛抱ですね。坂路での動きは順調そのものですので、ゲート試験に合格出来てからデビュー戦を考えて行きます」とコメントしていました。最近の坂路での動きは新馬とは思えないほどの力強さです。今後は同馬の状態を確認しながら引き続きゲート練習を継続して行きます。
2017/12/28
栗東トレセンで調整中。ゲート練習と坂路を併用して調整されています。中間は動きに鋭さが伺えて、順調に調整が進んでいます。そこで12/28には坂路にて入厩後6本目となる追い切りを単走で消化しています。4ハロン57.9秒、3ハロン42.6秒、ラスト1ハロン13.4秒の時計を馬なりに追われてマークしています。森田調教師は「引き続きゲート練習を行っており、ゲートで同馬を縛って慣れるように進めていますが、以前に比べれば進歩していますよ。追い切りは、本数を増すごとに良くなって来ており、28日の終いの走りは新馬とは思えない動きでした。ゲート試験に合格出来る頃には仕上がっていると思いますので、年明けにデビューする時期を決めて行きます」とコメントしていました。デビュー戦は芝のレースを模索して行きたいところです。今後は同馬の状態を確認しながら引き続きゲート練習を継続して行きます。
2017/12/21
栗東トレセンで調整中。ゲート練習と坂路を併用して調整されています。中間は同馬なりに着実に前進しており、順調に調整されています。そこで12/21には坂路にて入厩後3本目となる追い切りを単走で消化しています。4ハロン60.5秒、3ハロン44.8秒、ラスト1ハロン15.0秒の時計を馬なりに追われてマークしています。森田調教師は「スタッフの努力によりゲートは難なく通過出来るようになりました。並行して乗り込みも欠かさず行っており、基本坂路15-15秒程度をじっくり乗り込んでいます。この現状で判断して、ゲート試験に合格するころに直ぐにデビュー出来るように、引き続き坂路メインで調整を進めます。馬体や追い切りの動きは良いですので、なんとしてもゲート試験合格を目指します」とコメントしていました。坂路での動きが素軽いので芝でのレースにも対応出来そうな雰囲気です。今後は同馬の状態を確認しながら引き続きゲート練習を継続して行きます。
2017/12/14
栗東トレセンで調整中。ゲート練習、プール調教並びに坂路を併用して調整されています。中間は一歩一歩前進しながら、調整が進められています。森田調教師は「引き続きゲート練習を行っていますが14日は30分ほど練習して、その際3回ゲートを通過させましたが、最後はすんなり通過していたように見えました。ゲート練習は焦らずじっくり行きます。追い切りの動きはまだ15-15秒程度ですが、雰囲気は良いので週末に速めをトライしたいですね。とにかくゲート試験を受かるように集中して練習します」とコメントしていました。馬体はボリューム感のある好馬体ですので、何とかゲートに慣れて欲しいところです。今後は同馬の状態を確認しながら引き続きゲート練習を継続して行きます。
2017/12/07
栗東トレセンで調整中。ゲート練習、プール調教並びに坂路を併用して調整されています。中間はジワジワと練習の効果が出て来ており、順調に調整が進められています。そこで12/6には坂路にて入厩後1本目となる追い切りを単走で消化しています。4ハロン59.1秒、3ハロン44.0秒、ラスト1ハロン14.8秒の時計を馬なりに追われてマークしています。森田調教師は「プールで狭いところを潜らせた効果か、やっとゲートには入ってくれました。しかし、入ったと思ったらすぐに出てしまうので、まだまだ練習が必要ですね。相変わらずその他は馬体を始めとても素晴らしいので、何とかゲート試験を通過したいですね。初めて坂路で15-15秒程度で追い切りましたが、動きは良かったですよ」とコメントしていました。ここは焦らずじっくりゲート練習を積み重ねます。今後は同馬の状態を確認しながら引き続きゲート練習を継続して行きます。
2017/11/30
栗東トレセンで調整中。ゲート練習とプール調教を併用して調整されています。中間はゲート練習に手こずっていますが、徐々に前進しています。森田調教師は「引き続きゲート練習を行っているのですが、ゲートの扉付近までは行けるようになったのですが入ろうとしないですね。狭いところがいやなのだと考え、プールで狭いところなどを潜らせたのですがとてもスムーズに進んで行ったので、再度ゲート練習を試みましたが相変わらずゲートの扉付近で止まってしまいます。無理をして入れ込むと今後に悪影響を及ぼしますので、ゆっくり進めて行きます。申し訳有りません。その他は、馬体はとても良いですし、飼葉もしっかり食べてくれているので、その点は心配有りません」とコメントしていました。2〜3人掛でゲート練習を行っていますが時間を要しています。今後は同馬の状態を確認しながらゲート練習を継続して行きます。
2017/11/23
栗東トレセンで調整中。ゲート練習を中心に調整されています。中間はトレセンの環境にも慣れつつ有り、調整が進められています。森田調教師は「牝馬としては立派な馬体で父を彷彿とさせる感じですし、飼葉もしっかり食べているのですが、育成先でのゲートを手こずっていたのを確認していたので、トレセンでは真っ先にゲート練習を開始しています。しかし、想定通り中々ゲートに入らず、広めのゲートを試したところ今度はゲート直前で座り込んだりと気の強いところも父に似ているのでしょうか。無理をしてゲートに入れようとするとトラウマになるので、同馬に合わせて練習して行きます」とコメントしていました。強引にゲート練習を行うと今後に響きますので慎重に対応して行きます。今後は同馬の状態を確認しながら、暫くはゲート練習中心で調整して行きます。
2017/11/18
11/17に栗東トレセンへ入厩しました。トレセン近郊の名張・ヒイラギステーブルからの移動でしたので特に問題なく、まずは無事に到着しています。森田調教師は「まだ完調ではないですが、入厩出来る状態だと判断しましたので検疫を確保して入厩させることにしました。早目にトレセンの環境に慣らした方が良いですし、こちらでじっくり鍛えて行きます。まずは、ゲート試験合格に向けて準備を始めて行きます」とコメントしていました。今後は、同馬の状態を確認しながら徐々に調整を進めて、第一関門のゲート試験の合格を目指します。
2017/11/15
名張・ヒイラギステーブルで調整中。現在は角馬場でウォーミングアップを行った後に、坂路で乗り込まれています。担当スタッフは「坂路は整備されて使用可能になりましたが、中間にトモに疲れが見られましたので少しだけ楽をさせました。筋肉注射を打つなどケアした甲斐もあって徐々に上向いていますので、これから再度ピッチを上げていきたいと思います。入厩間近ではありましたが、やや筋肉が落ちたようにも見えますし、まだ全体的にパンとしきれていない印象ですので、無理をさせ過ぎないように注意したいです。早く入厩させたいと、森田先生も期待して下さっていますが、もう少し状態を上げてから入厩させた方がゲート試験合格、デビューへの近道になると思います」とコメントしていました。森田調教師の期待に応えるべく、万全を期して入厩させたいところです。今後は同馬の状態を確認しながら入厩の態勢を整えていきます。現在の馬体重は476kgです。
2017/10/31
名張・ヒイラギステーブルで調整中。現在は角馬場での騎乗運動を中心に調整されています。担当スタッフは「台風の影響で、坂路のウッドチップが大量に流出し、使用出来ない状況ということもあり、角馬場での騎乗運動を行っています。速いペースでは乗れませんが、この機会に口向きや体の使い方などをしっかりと教え込みたいですね。森田先生からは、早く入れたいということで入厩を示唆されていますので、心身ともに可能な限り良いコンディションで送れるように努めます」とコメントしていました。牧場には台風の爪痕が残ってしまいましたが、同馬は元気一杯で間もなく入厩する運びとなりそうです。今後は同馬の状態を確認しながら入厩の態勢を整えていきます。現在の馬体重は483kgです。
2017/10/16
名張・ヒイラギステーブルで調整中。現在は角馬場でウォーミングアップを行った後に、坂路で乗り込まれています。担当スタッフは「坂路では18~20秒ペースで乗り込んでいます。先日、森田先生が来場し、『なるべく早めに使いたいと思っていたので早いところをしっかりと乗り込んでください』と、話していました。まだ入厩するには物足りなさが残りますので、引き続き乗り込みながら態勢を整えたいと思います。中間にゲート練習をしてみましたが、かなり抵抗を感じる様子で一筋縄にはいきません。森田先生と相談し、こちらで怪我をさせてしまっては大変ですので、ゲート練習はトレセンに入ってから本格的にを行うこととなりました。動きの方は着実に良くなっていますので、更なる良化を求めていきます」とコメントしていました。ゲートでは苦労しそうな面を覗かせているため、施設の整ったトレセンで練習を行う予定です。今後は入厩に向けてピッチを上げていきます。現在の馬体重は487kgです。
2017/09/29
名張・ヒイラギステーブルで調整中。現在は角馬場でウォーミングアップを行った後に、坂路で乗り込まれてます。担当スタッフは「到着後も問題点はありませんでしたのですぐに騎乗運動を開始し、先週末から坂路入りしています。輸送でもそれほど体が減らなかったのですが、減った分の体も戻ってきていますね。坂路では20秒ペースで乗っており、様子を見ながらペースを上げていく予定です。口向きをもう少し改善させたいですし、トモがまだ頼りなくて後半になるとフラフラしてしまうので、入厩までにしっかりと乗り込んでいきます。森田調教師も来場する機会もありますし、相談しながら今後の方針を決めたいですね」とコメントしていました。入厩までに課題を克服させたいところです。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は485kgです。
2017/09/16
9/15に名張・ヒイラギステーブルへ移動しました。北海道からの長距離輸送でしたが特に問題なく、まずは無事に到着しています。担当スタッフは「9/13に北海道を出発し、初の長距離輸送ということで、栃木県の那須でワンクッション置いてからこちらへ到着しました。まだ着いたばかりですが、体調や脚元に問題はなさそうですね。検温したところ、熱も上がっていませんでしたのでまずは安心しています。とても落ち着いているのですが、輸送による疲れや、慣れない環境に警戒している可能性もありますので、心身の状態をよく確認しながら進めていきたいですね」とコメントしていました。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
2017/08/31
高昭牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの屋外と屋内のダートコース、ウッドチップコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「心身の状態は安定しており、スピード調教も交えながらコンスタントに乗り込めています。アコラサードや他馬に比べると乗り込み量が少ない分、良化の余地を残していますが、同馬なりに着実に上向いているのは確かです。牝馬としては腹回りがドッシリとしていて、飼葉もよく食べてくれます。これは大きな長所と言えるのではないでしょうか。今週から坂路が改装のため使用できませんので、タイムよりも長めに乗るように心掛けていきます」とコメントしていました。負荷を強めながらも馬体重が増えてボリューム感が出てきており、更に充実している様子です。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は490kgです。
2017/08/15
高昭牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋外と屋内のダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「この中間も順調で、更にピッチを上げて乗り込んでいます。牝馬としては飼葉食いが良く、在厩している牝馬の中で一番と言っても過言ではないですよ。父の産駒にしてはそれほどテンションが上がることもありません。1ハロン14秒台の調教も取り入れていますが堪えた様子はないですね。この調子で乗り進めていければ移動の態勢が整うと見ています。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。この夏で体が一回り大きくなり、心身ともに良い成長曲線を描けている様子です。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は484kgです。
2017/07/31
高昭牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋外と屋内のダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「再び移動してきてからおよそ一ヶ月が経過しましたが、馬の形や動きは良くなりましたし、まだ上向いてきそうな感触があります。まだ馬体に余裕があり、全体的にもう少しパワーが欲しいのですが、相対的に乗り込み量が不足している分だと見ていますので、これから乗り込んでいければ変わってくると見ています。現在は上限で17秒ペースですが、これから順次ペースアップしていく予定です。北海道も暑いですから、体調を見て小休止を挟みながら進めていきます。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。要所の筋肉の厚みが増し、より父の産駒らしい体付きになってきました。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は480kgです。
2017/07/14
高昭牧場で育成中。7/1にBTC側の厩舎へ移動し、現在は屋内の周回ダートコースで乗り込まれています。担当スタッフは「こちらに来てからも体調面や背腰、トモの状態に不安はないのですが、幾らか体に余裕がありますので、負担を考慮してもう少し絞ってから坂路入りしたいと考えています。現在はハロン23秒ペースのキャンターを3000m乗っており、良い汗をかいていますので着実に引き締まってきました。間もなく坂路に入れて仕上げていこうと考えています。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。余裕のあった体を引き締めてからピッチを上げていく予定です。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は468kgです。
2017/06/23
高昭牧場で育成中。現在は屋外の周回コースと坂路でのキャンターを行っています。担当スタッフは「まだ幾らか歩様の硬さは残りますが、コンスタントに乗り込んでいることで休養で落ちた筋肉が戻ってきましたね。行きっぷりが抜群で、速くなり過ぎないように抑えているほどですよ。いい意味で状態はキープ出来ていますし、BTCに送る前段階としては体付きに適度な余裕があって好感が持てます。活発で前向きな性格ですので、競走馬としては良い方向に働くのではないでしょうか。間もなくBTCに送ってピッチを上げることになると思います。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。体重こそ大きな変化はありませんが、トモを中心に筋肉が戻って良い頃の丸みのある体付きに戻りつつある印象です。再びスピード調教を重ねていけば、父の産駒らしいグラマラスなシルエットに変わってくることが楽しみです。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は471kgです。
2017/06/15
高昭牧場で育成中。現在は屋外の周回コースと坂路でのキャンターを行っています。担当スタッフは「この中間も順調に乗り進めることが出来ています。まだ脚元は完全ではないのですが、着実に良化しているのは間違いありません。BTCの厩舎へ移動することも検討しているのですが、もう少し体力を付けさせてから移したいと思います。動きや気配は上向いていますので、心身の状態を確認しながらピッチを上げていきたいですね」とコメントしていました。BTCでは更に負荷の強い調教を課すことになるため、もう一段階上向いてから移動する予定です。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は472kgです。
2017/05/31
高昭牧場で育成中。現在は屋外の周回コースと坂路でのキャンターを行っています。担当スタッフは「今ではトモの不安もすっかり解消し、順調に乗り進めることが出来ています。現在も上限18秒ペースで乗り込んでおり、まだ冬場の良かった頃には及びませんが、騎乗再開後は順調ですし、動きは上々で徐々にでも良い頃に近づいているのは確かですよ。やや硬さがあった脚捌きもほぐれてきた感があります。進めた分だけ、カリカリしてテンションが上がりそうなので、そこは注意したいですし、焦らずに進める中で更なる良化に繋げたいですね。体に余裕があるのは確かですが、ペースアップを図る前段階ですので、丁度いい貯金になると思います。心身の状態を見ながらペースを上げていきますが、来月にはBTC側の厩舎へ移すことになるかもしれません」とコメントしていました。一時的に見られた硬さが抜け、柔軟性のある動きに戻ってきました。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は471kgです。
2017/05/15
高昭牧場で育成中。現在は屋外の周回コースと坂路でのキャンターを行っています。担当スタッフは「リフレッシュ効果で馬は活気があって元気一杯です。キャンターは18秒ペースで乗るなど調教も徐々にピッチを上げていますが、トモの感じは悪くありませんし、雰囲気は上々ですね。ただ、乗り進めるにつれてテンションが上がりそうな感じがしますので、女の子だけにその点は注意しながら進めていきたいと思います。スピードもありそうなので、心身のバランスを上手く保ちながら走れるようにしたいですね」とコメントしていました。ややテンションが上がってきているようですが、体が楽になっている証でもあると見ています。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
2017/05/01
高昭牧場で育成中。現在は屋外の周回コースと坂路で軽めのキャンターを行っています。担当スタッフは「徐々に左トモの臀部の疲れも解消されてきましたので、坂路調教も取り入れています。休んだ分、体に余裕がありますが、それほど太くはないですし、成長分もあるのでむしろ良い傾向ではないでしょうか。トモをかばって走っているのか、背腰にハリが見られますが、軽めに乗りながら解消させたいと考えています。当初は早期始動も可能と見ていましたが、まだ成長してきそうな雰囲気もあるため、まずは焦らずに態勢を整えていきたいですね。前向きな馬ですので、オーバーペースにならないように心掛けています」とコメントしていました。管理予定の森田直行調教師は、今年既に10勝挙げ過去最高の成績を挙げています。森田調教師は同馬への期待も高いだけに、厩舎を支える大黒柱のような存在になってほしいところです。今後も背腰、左トモの状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は470kgです。
2017/04/17
高昭牧場で育成中。現在は屋外の周回コースで軽めのキャンターを行っています。担当スタッフは「中間に筋肉の専門医による診察を受け、左の臀部に疲れが溜まっているとのことで筋肉注射を打ってもらいました。その効果もあって歩様のぎこちなさもなくなってきましたので、軽めのキャンター1200mを乗っています。まだ立ち上げてから時間は経っていませんが、今の感じであれば徐々にペースアップ出来そうです」とコメントしていました。父の産駒は先週も3勝を挙げ、短距離戦を中心に産駒が堅実な活躍を見せています。同馬にも父の評価を高める役割を担って欲しいところです。今後は左トモの状態を確認しながらペースアップを図っていきます。
2017/03/31
高昭牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動を行っています。担当スタッフは「ここまではペースアップをして順調に乗り込めていたのですが、今月下旬になってから左トモに疲れが見られたことから、現在は騎乗運動を休止しています。早期デビューを目指していただけにこの時期の頓挫は残念ではありますが、まずはこの機会に心身のリフレッシュを図ることにしました。乗り込んできたことでトモを中心に筋肉に厚みが増して、更に見映えが良くなっています。疲れが見られた当初は踏み込みにぎこちなさが見られましたが、徐々に解消してきましたので、遠からず騎乗を再開出来る見込みです」とコメントしていました。頓挫は残念ですが、随所に成長の跡を感じさせており、焦る必要はありません。一旦リフレッシュさせ、状態を見ながら調整を進めていく予定です。
現在の測尺は体高158cm、胸囲183cm、管囲19.5cm、馬体重は448kgです。
page top
page top