Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
サマーハピネスの2016   [募集馬 / 上西育成センター]
2018/04/13
上西育成センターで育成中。現在は角馬場でウォーミングアップを行った後に海岸沿いの砂浜での騎乗運動を行っています。担当スタッフは「引き続き海岸での調教を中心にしっかりと乗り込むことができています。まだ腰高でいかにも幼い体付きですし、今後の成長が大いに見込めるのですが、以前よりも体力が付いて息遣いも良くなってきましたね。指示にも従順ですし、この調子で進めていきたいところです。まだトモの甘さがあったり、緩さが残るので焦らずに育成したいと考えています」とコメントしていました。遅生まれで伸びしろが大きいだけに焦らずに乗り込みを重ねる予定です。今後も状態を確認しながら調整を進めていきます。
2018/03/31
上西育成センターで育成中。現在は角馬場でウォーミングアップを行った後に海岸沿いの砂浜での騎乗運動を行っています。担当スタッフは「現在はキャンターで3000mほど乗っています。徐々に体力も備わってきたようで息遣いも良くなりましたし、動きに力強さが出て素軽さが出てきましたね。素直な性格でオンとオフがしっかりしていて、調教後は寝っ転がったりしてリラックスして過ごせています。肩周りにはしっかりと筋肉が付いてきていますが、比較するとトモはまだ物足りなさが残る印象です。伸びしろが多く残っているだけに、しっかりと鍛えながら更なるレベルアップを目指します」とコメントしていました。背はあまり変わりありませんが、着実に必要な筋肉が備わってきている印象です。今後も状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は428kgです。
2018/02/28
上西育成センターで育成中。現在は角馬場でウォーミングアップを行った後に海岸沿いの砂浜での騎乗運動を行っています。担当スタッフは「砂浜での調教を継続しており、少しずつペースを上げている状況です。走っている時はしっかりと対応してくれていますが、さすがに疲れが出てきているようで、朝はなかなか起きませんし、日中も放牧地で寝てることが多くなりました。これは他の若駒にも見られる傾向ですし、珍しいことではないので心配はないと思います。徐々にパワーが付いてきていると感じますし、暖かくなるにつれて体も大きくなって更なる成長を見せてくれるはずですよ」とコメントしていました。まだまだ成長途上ですが、数ヶ月後には別馬のようなシルエットに変貌を遂げていることでしょう。先週の中山記念(G2)は本馬を預託予定の畠山吉宏厩舎のウインブライト号がG1馬3頭を抑えて優勝しました。本馬の持てる資質も最大限に引き出してくださることでしょう。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は432kgです。
2018/01/31
上西育成センターで育成中。現在は角馬場でウォーミングアップを行った後に海岸沿いの砂浜での騎乗運動を行っています。担当スタッフは「だいぶ体力も備わってきたので中間から砂浜での調教を開始しました。見晴らしが良いこともあり、どの馬も最初は物見をしたり戸惑いますのでまずは場所に慣らしながら軽めのキャンターを行っています。砂がフカフカでかなり負荷が掛かり、若駒にはキツい部分もありますのでじっくりと体力強化を図りたいですね。まだまだ成長の余地がたくさん残されていますので負担を掛け過ぎないように注意したいと思います。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。ここまでの過程は順調そのもので、スムーズにステップアップすることができました。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は429kgです。
2017/12/28
上西育成センターで育成中。現在は角馬場で軽めのキャンターを行っています。担当スタッフは「これまでは、指示に対してどう対応したらいいのか分からないということもありましたが、理解できてきたようで反応も良くなってきました。今のところ気性面も気になることはありませんし、とても素直な性格で扱いやすいです。今はまだ体に余裕が残っていますが、海岸での調教を始めるとガクッと体が減る傾向があるだけに、気にしなくていいと思います。まだ体力の構築や基礎固めに注力している段階ではありますが、柔軟性が出て身のこなしも軽くなってきました。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。以前よりも動きに軽快さが出てきており、鍛錬の成果を感じさせます。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は434kgです。
2017/11/30
上西育成センターで育成中。現在は角馬場で軽めの騎乗運動を行っています。担当スタッフは「馴致を始めた段階では、何が何だか分かっていない感じでしたが、徐々にしっかりと対応してくれました。ハンドリング、走り方や乗り手とのコンタクトを更に取れるように角馬場でじっくりと体を動かしながら教え込んでいます。年内は体力強化も兼ねて角馬場でしっかりと基礎を固め、年明けから海岸沿いの砂浜で乗り込んでいく予定です。今のところは指示に従順で気になるところはありませんが、進めていくにつれて気持ちの強さが出てくる可能性もありますので、日々注意しながら接していきたいと思います。まだまだ腰高でこれからの成長の余地が大きいだけに、乗り込んでいく中でどういう風に変わってくれるのか楽しみですよ」とコメントしていました。心身ともに幼さが残りますが、両親譲りの力強さが目に付きます。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は438kgです。
page top
page top