Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
サンピラーアイ   [外厩馬 / 名張ホースランドパーク]
2019/01/15
名張ホースランドパークで調整中。この中間も坂路を中心に乗り込まれています。
担当スタッフは「すっかり健康状態が安定し、入場時より体重が30キロも増えました。それに伴って、メニューを強め、週に2回、15-15を開始しています。こちらの坂路は前半に5%もの急傾斜が待ち構え、かなりの負荷がかかります。オーバーワークにならないよう、十分に配慮していますが、ちょうど疲れが出るタイミングですし、しっかり全身を使えている分、先週になって右肩の下部あたりと左トモに軽い筋肉痛が認められました。入念にケアしながら乗り込んでいきます。栗東の坂路でも2〜3%の上り勾配ですので、現行のメニューを乗り越えてくれたら、帰厩後の調教ではもっと楽に動けるようになるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は507kgです。
2018/12/28
名張ホースランドパークで調整中。現在は坂路を中心に乗り込まれています。
担当スタッフは「徐々に疲労も抜けてきたようで、毎日元気に坂路を登っています。現在は月曜日だけ登坂本数を2本、火曜日から土曜日は3本という内容で調整中です。ペース的には17〜18秒ペースで乗り込んでいます。飼葉も食べて体も増えている状況ですが、もっとふっくら見せるようになってほしいですね。トモを中心にまだ馬体に緩さが残り、成長途上の感はありますが、今の雰囲気であれば、もっと走れるのではないかと思えます。精神面も問題はありませんし、今後の成長やきっかけ一つで変わってくれるのではないでしょうか」とコメントしていました。現在の馬体重は494kgです。
2018/12/14
名張ホースランドパークで調整中。現在は坂路を中心に乗り込まれています。
担当スタッフは「大きな反動やダメージもなく、目立った疲労も感じさせません。動きが硬いうえにトモを中心に緩さが残りますし、本当の意味で良さが出てくるのはこれからではないでしょうか。脚元も問題ないですし、昨日来場された西村先生からは『疲れが出ないようなら坂路でしっかり乗り込んでほしい』と指示を受けていますので、そのつもりで乗り進めていきます。しかし、移動から間もない今の段階でビッシリ乗るわけにはいきませんので、現在は坂路を1日に3本ハッキングで登っています。運動量はしっかり確保していますし、これからもトモの強化を最優先に進めていく予定です」とコメントしていました。現在の馬体重は481kgです。
2018/12/10
12/9に名張ホースランドパークに移動しました。
西村調教師は「入厩からゲート試験を経て2戦しましたので、レース後間もないですが、早めにリフレッシュさせることにしました。あのメンバー構成でしたら、最低でも掲示板に載れると思ったのですが…調教での動きがレースで発揮できていない印象もあるので、試行錯誤しながら浮上のきっかけを掴めるようにしたいと思います」とコメントしていました。今後はまだ到着間もないことから徐々に調整を進めていく予定です。
2018/12/08
12/8(土)中京競馬第1レース、3歳未勝利(牝馬限定)、ダート1800m、12頭立て、国分恭介騎手騎乗で出走し9着。馬体重は前走より-8kg、484kgでした。
騎乗した国分恭介騎手は「前に行く馬が少なかったですし、先生から積極的に運んでほしいと指示を受けていましたが、思うように出脚がつかずに後方からの追走になりました。乗った感触は良い馬ですし、返し馬の雰囲気からも期待できると思っていたのですが、実戦で良さが出なかったですね。決して行く気がないわけではないのですが、思うように脚を使うことができませんでした。まだ非力な部分が残っていますので、変わる余地は十分にあるはずです」とコメント。西村調教師は「ハナに行くぐらいのつもりで乗ってほしいと指示していましたが、今日はスタートから出脚がひと息で終始流れに乗れない感じでした。切れる馬ではないだけに、ダートの方が良いはずですし、前々で運べれば内容や結果も変わってくると思います。デキは上向いていましたし、今日のメンバーならやれると思って期待していたのですが、もう少し力を付けさせる必要があるかもしれません。まだ変わる余地がありますので、使いながら成長を促していきたいです。一旦、リフレッシュさせていただき、牧場での状態を見ながら今後を考えます。期待を裏切る結果となってしまい、申し訳ございません。なんとか良さを引き出せるように努力いたします」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認しながら検討いたします。
2018/12/06
12/8(土)中京競馬第1レース、3歳未勝利(牝馬限定)、ダート1800m、12頭立て、国分恭介騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午前10時00分です。
12/5には坂路にて最終追い切りを併せ馬で消化しています。4ハロン56.1秒、3ハロン39.6秒、ラスト1ハロン13.2秒の時計を一杯に追われてマーク。併せたタイセイモナーク(2歳未勝利、一杯)を0.2秒先行し0.1秒遅れています。
西村調教師は「大きく変わった感じはしませんが、稽古の動きは決して悪くありません。元からダートの方が良さそうだとみていましたし、前走とは違ったところを見せてほしいですね。前回はデビュー戦だけに仕方がない部分もありましたし、今回は相手関係も手薄な印象ですので、ガラリ一変があっても不思議ではないと思っています。期待馬ですので、ここで変わり身を見せてほしいところです」とコメントしていました。ご声援よろしくお願いいたします。
2018/11/29
栗東トレセンに在厩。レース後も特に異常はありません。
西村調教師は「先週は初戦からあのようなレースになってしまい、申し訳ありませんでした。調教の感触からすれば、シンガリ負けを喫するとは思いもしなかったのですが、ダート戦なら違うはずですし、一変があってもおかしくありません。レース後もそれほどダメージはないように映りますし、来週の競馬に向かう方向です。前走の結果に捉われないで手抜きせずにしっかり乗ってほしいと考えていることから、全力投球してくれる恭介に依頼しました」とコメントしていました。次走は12/8(土)中京競馬、2歳未勝利(牝馬限定)、ダート1800mでの出走を予定。国分恭介騎手に騎乗依頼しています。
2018/11/25
11/25(日)京都競馬第5レース、2歳新馬、芝1800m、16頭立て、大野拓弥騎手騎乗でデビューし16着。馬体重は492kgでした。
騎乗した大野騎手は「初めてのレースだけに、返し馬では戸惑った様子もありましたが、スタートは良かったですし、スッと二の脚も付きました。向正面まではリズムに乗ってハナを切れましたよ。でも、3コーナー手前で外から一気に来られ、馬が怯んで自らブレーキをかけました。促したら、またハミを取ったとはいえ、影響は大きかったと思います。スピードアップに対応できず、直線で追ったらフォームがバラバラになってしまって…もっと走れる感触があったのに、残念な結果となり申し訳ないです。フットワークが硬めですし、ダートの1800mくらいが合っていると思います」とコメント。西村調教師は「ワンペースな脚質に合わせ、前々で競馬をしたいと思っていたんです。頭を上げ気味でしたが、タイミング良くゲートを出て、スムーズにハナを奪えました。いったん下がってしまうまでは期待して見守っていたのですが、盛り返すどころか、ラストは止まってしまいましたね。まだ体に余裕があるとはいっても、調教の動きも順当に上向いていただけに、こんなに離されるとはショックですし、たいへん申し訳なく思っています。大野も話していたように、フットワークが硬いタイプ。ダートのほうが向いているとみています。まずは敗因をしっかり探り、状態把握に努めたうえで、次の目標などをご相談させてください」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認しながら検討いたします。
2018/11/22
11/25(日)京都競馬第5レース、2歳新馬、芝1800m、16頭立て、大野拓弥騎手騎乗でデビューいたします。発走時刻は午前12時00分です。
11/21には坂路にて最終追い切りを併せ馬で消化しています。4ハロン57.8秒、3ハロン41.2秒、ラスト1ハロン12.8秒の時計を馬なりでマーク。併せたサラス(古1600万、馬なり)に0.6秒先行し同入しています。
西村調教師は「入厩当初は平凡な動きでしたが、ここ2週の動きは良くなってきましたね。水準以上の動きを見せてくれています。牝馬にしては飼葉も良く食べてくれますし、気性的にも変な癖はなく、思い通りの調整ができました。やや動きに硬さがあるだけに、芝への適性がどうかというところですが、素質は感じていますし、期待感を持って送り出します」とコメントしていました。ご声援よろしくお願いいたします。
2018/11/15
栗東トレセンで調整中。坂路中心に乗り込まれています。
そこで11/15には坂路にて入厩後3本目となる追い切りを併せ馬で消化しています。4ハロン53.4秒、3ハロン38.6秒、ラスト1ハロン12.6秒の時計を一杯に追われてマークしています。併せたオーヴェルニュ(2歳未勝利、一杯)に0.5秒先行し同入しています。
西村調教師は「正直なところ、先週までは硬さが目立ちましたし、ハミに乗っかるような走りで仕掛けてからの伸びがひと息でした。納得のいく動きとは言えなかったのですが、先週末や昨日の動きは良かったですね。今週出走予定の既走馬相手に先行して同入の形でしたが、1週前追い切りとしては上々の内容でしょう。まだ芯に力が備わりきっていない印象ですが、現状でも恥ずかしい競馬にはならないと思っていますよ。ここまでの感触ではダートの方が良いかもしれないなという印象もあるのですが、血統面からまずは芝で下ろさせてください」とコメントしていました。デビュー戦は11/25(日)京都競馬、2歳新馬、芝1800mでの出走を予定。大野拓弥騎手に騎乗依頼しています。
2018/11/08
栗東トレセンで調整中。坂路中心に乗り込まれています。
西村調教師は「まだ馬名登録がされていないため、各媒体での時計は記載されていませんが、昨日気合を付けて4ハロンで56秒台のタイムをマークしました。1本目の追い切りとすれば上々でしょう。ディープブリランテ産駒にしては切れるという感じではありませんが、力強い動きでした。もう少しシャープさが欲しいところではあるので、これから追い切りを重ねていきながら引き出したいですね。京都の最終週を目標に置いており、まずは芝でデビューさせたいと思います。当日はジャパンカップの裏で有力なジョッキーが少ないこともあり、関東の大野に依頼しました」とコメントしていました。デビュー戦は11/25(日)京都競馬、2歳新馬、芝1800mでの出走を予定。大野拓弥騎手に騎乗依頼しています。
2018/11/01
栗東トレセンで調整中。ゲート練習を中心に調整されています。そんな中、11/1に1回目のゲート試験を受験し、無事に合格しました。
西村調教師は「目論見通り一発で合格することができました。昨日までの練習を見ていても、スッと出ていましたし、シュウジデイさんで仕込んでいただいたおかげで不安はありません。特に気になるところもないですし、このままデビューに向けて進めていくつもりです。今月中にはデビューできると思いますが、番組については追い切りを重ねながら相談したいと思います」とコメントしていました。
2018/10/28
10/28に栗東トレセンに入厩しました。
西村調教師は「ここ最近は順調に乗り込めていましたので、ここで入厩させていただくことにしました。初の長距離輸送、トレセンへの入厩になりますので、少し楽をさせてから進めていきます。シュウジデイさんから来た馬は難なくゲートをパスできると思っていますので、現時点ではデビューまで進めていく考えです。思い描いていたよりは入厩が遅れてしまいましたが、期待していますので、焦らずに調整していきたいと思います」とコメントしていました。環境と気候に慣らしながら、まずはゲート試験の合格を目指します。
2018/10/15
シュウジデイファームで調整中。現在はBTCの屋外および屋内ダートコースと坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「あまりガンガン進めてしまうと動きが硬くなってくるため、さじ加減をしながら乗り込んでいます。以前よりもパワーアップしているのですが、硬さが出てこないように注意する必要はあるのが現状なんですよね。現在は3ハロン40秒ほどのキャンターも行っており、このまま硬さが出てこなければ入厩も見えてくると思います。今後もうまく負荷をコントロールしながら調整し、移動の態勢を整えていきたいですね」とコメントしていました。
2018/09/29
シュウジデイファームで調整中。現在はBTCの屋内ダートコースと坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「まだトモの引き付けや捌きの硬さがあったりと万全ではないのですが、一時期の底の状態からは脱してきました。再度ペースを上げながら乗り込んでおり、歩様や走りも良くなってきています。この調子であれば15-15もコンスタントに行えるのではないでしょうか。並行してゲート練習を行っており、特に問題はなく入厩後にすぐ受かるレベルに達していますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は514kgです。
2018/09/14
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋外ダートコースで軽めに乗り込まれています。
担当スタッフは「一時は体が楽になってきたのかなという感じもあったのですが、また体の硬さが目立つようになってきたことから、現在は坂路入りは休止し、フラットワークのみで進めています。現在は2000〜2500mで軽めにキャンターで乗っているところです。思うように改善されてこないだけにもどかしいのですが、最低限度の調教を積みながら良くなってくるのを待ちたいと思います。ご心配をおかけして申し訳ありません」とコメントしていました。今はジッと我慢し、状態が良くなってからペースを上げていく予定です。
2018/08/31
シュウジデイファームで育成中。この中間もBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「体力は備わってきているように思えますが、進めていく中でやや歩様が硬くなってしまうこともあり、あまり攻め込み過ぎないように進めています。以前よりも走ることに対して前向きさが出てきている分、負担が大きくなってしまう部分はあるのかもしれません。15-15も交えながら進めてはいるのですが、緩急を織り交ぜて進める方が良さそうです。全体的な底上げは図れていますし、あとはもう少し体質が強化してくれればというところでしょうか。じっくり進め、歩様が安定してきてから送り出したいと思います」とコメントしていました。各所の筋肉の付き方を見てもパワーアップしているのは一目瞭然ですが、さらに耐久性を強化したうえで入厩させたいと考えています。現在の馬体重は498kgです。
2018/08/15
シュウジデイファームで育成中。この中間もBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「中間にトモの送り、引き付けがいま一つな印象を持ちましたので、疲れが出ていると判断して1週間ほどウォーキングマシンの運動にとどめました。既に通常時の歩様に戻っており、先週から騎乗調教を再開しています。現在は上限20秒ペースほどですが、問題はなさそうですので、順次ペースアップを図っていくつもりです。一時期よりも動けるようになってきていましたし、必要な体力や筋力が備わってきているのではないでしょうか。もう1〜2段階レベルアップしてから入厩させたいと思いますので、状態を見ながら進めていこうと考えています」とコメントしていました。中間に小休止を挟みましたが、今では問題なく、再度ピッチを上げて乗り込む予定です。
2018/07/31
シュウジデイファームで育成中。現在は屋内ダートコースと屋内坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「まだ動ききれていない印象もあるのですが、以前に比べて体力も付いてきましたし、着実に前進することはできていますね。今では脚元にも不安を感じませんし、このまま進めていきながらレベルアップをしていきたいですね。1ハロン13〜15秒の調教もコンスタントに行えていますし、牝馬でも飼葉をしっかりと食べてくれています。秋口の入厩を目指して進めていきたいですね」とコメントしていました。まだ良化の余地を残し、本州は暑い日が続くため、もう少しの間は当地で鍛え上げることになっています。現在の馬体重は500kgです。
2018/07/13
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「体調面に不安はなく、コンスタントに乗り込むことが出来ています。以前よりもパワーが付いてきた印象で、ダート競馬にも対応できるのではないかという雰囲気になってきましたね。これまでと同じようにもう少しメリハリの利いた走りが出来るように意識しながら鍛えていきます」とコメントしていました。課題は残りますが、一歩ずつ前進を図っていきます。
2018/06/28
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「変わらずにスピード調教をコンスタントに消化できており、調整自体は至って順調です。乗り込み量は豊富ですし、本来であれば入厩できるだけの下地は備わっていると思います。しかし、まだ走りが一本調子なんですよね。少なくとも、もう一段階ギアが上がるはずだと思っていますので、その点を意識して鍛えていきます。気性面や脚元に不安はありません。まだ奥があるだけに、これからの成長も多いに期待できるはずです」とコメントしていました。現状では課題もありますが、目論見通りレベルアップを図れた際には上質なキャンターを披露してくれることでしょう。現在の馬体重は510kgです。
2018/06/15
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「この中間から坂路で3ハロンで40秒台のラップを刻ませています。以前は恵まれた体を活かし切れていないかなという感じもしたのですが、今では体の使い方も良くなって動けるようになってきましたね。パワーも付いてきましたし、ダートでも対応できそうな雰囲気になってきていますよ。着実に良くなってきていますし、この調子でさらにスケールアップさせたいですね」とコメント。西村調教師は「乗り込むごとに良くなってきていますね。それでもまだ奥がありそうですし、夏の間は地力強化に努めたほうが良さそうです。ボリュームも増してきましたし、これからの成長にも期待しています」とコメントしていました。ここにきて良化度が増してきていますが、まだ成長の余地が残るだけにこれからどういう変化を見せてくれるのか期待は膨らむばかりです。
2018/05/31
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。担当スタッフは「この中間も同様のメニューを消化しており、調整自体は順調です。動きに関しては徐々に良くなってきていますが、この馬の持てる資質からすれば、もっと体を使った効率的な走りができるようになるとみていますので、その点を意識して進めていこうと思います。調教のピッチが上がってきても飼い葉はしっかりと食べてくれますし、その点はこの仔のセールスポイントと言えるでしょうね。進めるにつれて、いくらかピリピリしてきている印象もありますので、注意しながら進めていきます」とコメントしていました。今後に向けて伸びしろも多く残されており、成長や状態に合わせながら鍛えていきます。現在の馬体重は510kgです。
2018/05/15
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。担当スタッフは「坂路で3ハロン42~43秒の継続して行っており、この中間も順調に進めることができています。今では脚元に不安も感じませんし、軌道に乗ってきた印象です。もう少し体を使った動きができるように意識しながら進めています。食欲旺盛ですし、気性面もカリカリしたり、テンションが上がることもなく、今のところ調整面で苦労することはありません。この調子で更なるレベルアップを図っていきます」とコメントしていました。まだ良化の余地が残されているため、焦らずに丹念に乗り進めていきます。
2018/04/27
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。担当スタッフは「以前は脚元に疲れが出ることもありましたが、しっかりと乗り進める中でも現在はそういった面を見せなくなりました。スピード調教もコンスタントに行えていますし、3ハロンで42~43秒台のラップも刻めています。良い方向へ成長してくれていますね。欲を言うと、この馬の能力からすれば、もっと動けるようになるはずですし、もう一皮剥けてくれそうな気がしていますので、期待を込めながら成長を促していきたいですね」とコメントしていました。着実な進化を遂げているだけに、デビューに向けて期待は高まるばかりです。今後も状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は512kgです。
2018/04/13
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。担当スタッフは「心身ともに不安はなく、順調に進めることができています。15秒を切るラップも楽に刻んでいますし、見た目だけではなく、体力が備わってきているのを実感しています。乗り進めるにつれて素軽さが出てきているのも良い傾向です。現状でも良い動きを見せているのですが、まだ良さが出てくるはずですので、しっかりと乗り込みながら鍛えていきたいと思っています」とコメントしていました。期待馬が期待通りの成長を見せていますが、さらなる成長も大いに見込めるだけに楽しみは膨らむばかりです。今後も状態を確認しながら乗り込んでいきます。
2018/03/31
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。担当スタッフは「この中間は更にペースを上げて乗り込んでおり、上限15秒のつもりで進めているのですが、持ったままで楽々と15秒を切るタイムをマークしています。冬毛も抜けて毛ヅヤも良くなりましたし、体のボリューム感も上々です。以前からお伝えしているように飼い葉もバリバリと食べますし、ピッチを上げながら体が増えているので、ここまでは理想的な過程を辿ることができています。ゲートの入りと駐立も行っていますが、問題ないですし、その他についても気になるところは特にありません」とコメント。西村調教師は「先日、北海道で見てきました。牝馬にしては馬格があって力強さがありますね。父系の良さも出ていますし、本当に楽しみな馬です。このまま順調なら早めのデビューを考えられるかもしれません。更に期待が高まりました」とコメントしていました。負荷を強めながら体が増えているのはとても良い傾向です。今後も状態を確認しながら乗り込んでいきます。現在の馬体重は510kgです。
2018/02/28
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。担当スタッフは「ダートコースで2400~3000m、坂路で1~2本のキャンターを消化しています。坂路では週に1回1ハロン17~18秒台までペースを上げており、更に動きは良くなってきました。牝馬にしては食べっぷりが良く、ペースアップしながら体が増えているのは頼もしいですよね。今では脚元の状態も心配ありませんし、資質の高さは十分に感じさせるだけに、このまま堅実にステップアップさせながら成長を促していきたいと思います」とコメントしていました。評価は高値安定しており、春過ぎにはどんな姿に成長するのか今から楽しみでなりません。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は505kgです。
2018/01/31
シュウジデイファームで育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの屋内ダートコース並びに坂路を併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「当初は脚元がモヤモヤとしたこともありましたが、今では不安なく調教を進めているのでもう心配は無用でしょうね。まだそれほど速いペースでは乗っていませんが、20秒ペースのキャンターをコンスタントに消化しており、変わらずに素質を感じさせる動きを見せてくれていますよ。冬場は無理をせずじっくりと乗り込む予定で基礎をしっかりと固め、暖かくなってからスムーズにペースアップできるようにしておきたいと思います。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。更に走りの質が上向いているようで期待通りの良化を見せています。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は498kgです。
page top
page top