Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
センティナリーの2017   [募集馬 / ノーザンファーム空港]
2019/04/25
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
西村調教師は「順調に乗り込んでもらっていますし、変わらずに良い状態を維持できていますね。あとは入厩まで調整がスムーズにいくことを祈るばかりです。3回中京開催でのデビューを目論んでいまして、そろそろ入れたいと思っているのですが、今年は長期の連休になっていることもあり、例年以上に渋滞が厳しくなると見込んでいます。初の長距離輸送になりますし、これだけの馬なので考えられるリスクはできるだけ排除したいことから、連休が明け、交通状況が落ち着くであろう来月の20日頃に入厩させたい考えです。少し入厩の時期はずれますが、時間があるので焦ることはまったくありません。重責を担う馬ですし、会員の皆さまに喜んでいただけるように最善を尽くすのみです」とコメントしていました。なお、西村真幸調教師と協議を行った結果、短期放牧の際には滋賀県・ノーザンファームしがらきを使用する予定となりました。
2019/04/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「週に3回、坂路で15-15を消化していますし、うち2日は2本目にハロン14秒までペースアップしていますが、楽々とこなせていますよ。動きの質がさらに上向きました。スピード、スタミナなど、すべての面で高いレベルにあり、ゲート練習でも問題は見られず、こちらでの最終調整を順調に消化中です。先日、西村先生と今後のプランなどを打ち合せました。6月の阪神開催には本馬と同様に仕上がりが進み、既に入厩済の素質馬がスタンバイしていることもあり、敢えて少しずらし、渋滞が緩和されるゴールデンウィーク明けに栗東へ移動する予定です。中京開催の長めの芝でデビューさせたいとのことでしたが、このままの姿を保てれば、問題なく対応できるでしょう。直前まできめ細かな体調管理に努め、将来の飛躍につなげたいと思います」とコメントしていました。現在の馬体重は498kgです。
少し予定をずらすことになりましたが、不安な点は一切ありません。随所に資質の高さを感じるだけに、大きな期待に応える活躍を見せてくれることでしょう。
2019/03/30
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「来月中にはトレセンヘ移動する予定です。既に仕上げの最終段階に入りましたが、動きに関しては十分に及第点といえるでしょう。精神的にどっしりしながら、オン・オフの切り替えが上手です。いざとなれば闘志を燃やし、自らハミを取ってくれますよ。週2回、1、2本目ともラストを15秒、14秒と伸ばしていも、堪えた様子はうかがえません。最も調教レベルが高いグループのレギュラーメンバーを守ってきただけあって、体力的にもしっかりしています。飼い食いが落ちたことなどなく、健康状態は安定して良好です。このままの姿を保ってくれたら、新馬戦の開始早々、嬉しい結果をもたらしてくれるのではないでしょうか」とコメント。西村調教師は「ケチの付けようがないですね。本当にこれだけの馬をやらせていただくのは調教師冥利につきますし、今から責任を感じています。来月の中旬ぐらいに入厩させ、6月の新馬戦を目指す方針です」とコメントしていました。現在の馬体重は499kgです。
入厩予定の西村厩舎は3月に入ってから9勝を挙げるなど、破竹の勢いで勝利数を伸ばしており、本馬の入厩に向け機運が高まってきました。
2019/03/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「至って順調です。場内の2歳をリードするポジションをキープしていますよ。周回コースで豊富な乗り込み量を消化するとともに、週に3回、坂路に入り、2本目に15-15までスピードアップさせています。先日はハロン14秒を課してみましたが、楽々とこなしました。体力に余裕があり、精神的にも大人びた優等生なうえ、すべての面でバランス良く進歩しています。まだ具体的なプランは定めていませんが、あと1ヶ月くらいで栗東に移動することになるでしょう。ゲート練習でも、特に問題は見られません。スムーズに態勢が整うと思います。能力の高さは疑いようがなく、将来に夢がふくらみますね」とコメントしていました。現在の馬体重は496kgです。
いよいよ早期始動に向けてトレセンへの入厩が近づいてきました。父の産駒を代表する存在へと登り詰めることを期待しています。
2019/02/28
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「週2回は坂路での2本目に15-15を行い、しっかりと負荷をかけています。フットワークが大きく、長めの距離に適性がありそうですね。性格的にもおっとりしていて、もっと前進気勢が高まってもいいくらいですが、場内の2歳では最も調整が進んでいるグループに属していますし、在厩するキズナ産駒のなかでは一番、動きがいいと評判です。西村先生からは『6月の新馬戦を視野に入れ、4月あたりの入厩を目標にしてほしい』との指示を受けていますが、十分に対応できると見ていますよ。クラシックを意識して、芝から使い出すことになるでしょうが、ダートもこなせそうなパワーを兼備した個性です」とコメントしていました。現在の馬体重は490kgです。
中間の調整課程も順調なことから、今後は新馬戦の開幕に照準を合わせて進めることになっています。
2019/02/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「極めて順調ですね。週に2回、坂路での2本目にハロン15秒までスピードアップしていますが、きちんとコントロールが付くうえ、フォームのバランスが良く、滑らかに四肢を伸ばせます。これだけ豊富な運動量を消化していても、現時点での完成度が高く、体力に余裕がありますので、疲れに気を遣う必要がありません。もっと速いタイムだって、楽々とマークできるでしょうね。先日、来場した西村先生も想像以上の進歩に目を細めていました。『かなり良くなっていますね。ぐんぐん成長していますし、新馬戦の開始に照準を合わせ、早期に入厩させましょう』とのことでした。携わるこちらも自信を深める一方ですし、大きな夢を託しています」とコメントしていました。
2019/01/31
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「いい意味で変わりなく、すべての面で文句なしといった現状です。坂路での15-15をメインにして、連日、しっかりと乗り込んでいます。メニューを強化しても、体力に余裕があり、難なくこなしていますよ。まだまだ良くなる途上にありながら、調整の進度、動きとも、ノーザンファーム空港内でトップレベルです。この感じなら新馬戦の開幕週に間に合いそうな勢いですね。西村先生も順調な進歩に目を細めていました。私どもの立場からも、会員のみなさんにお薦めしたい期待馬です」とコメントしていました。現在の馬体重は486kgです。ここまでは至ってスムーズに育成が進められています。春先の移動を見据えてしっかりと鍛え上げる予定です。
2019/01/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「多数の2歳馬が在厩する場内でも、一番調整が進んでいるグループに入り、坂路コースでのハロン16〜17秒をメインにして、順調にキャンターを消化しています。着々と基礎体力が強化され、性格も真面目。文句なしの優等生ですよ。この調子ならば、4月あたりにトレセンへ移動できるのではないでしょうか。キズナの産駒は様々な個性に出ていて、母系はダート色が強いのですが、自身のフットワークは大きく、伸びやかさも十分です。長めの距離での活躍をイメージしています」とコメントしていました。現在の馬体重は480kgです。
現状でも完成度は高く、確実性が見込まれているうえ、大成の期待も高まっています。このままの姿を保ちながら、さらに伸びてほしいと願うばかりです。
2018/12/27
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「この中間も週3日坂路に入って3本登っているように順調の一言です。現在も16〜17秒台をメインにしていますが、変わらずに15秒台のラップも刻みますし、来月の後半には本格的な15-15に移行していきたいと思います。このまま順調であれば、春には本州に移動させようという話が出てくるのではないでしょうか。現状の場内では、全体的にキズナ産駒の評価が高いとは言えないのですが、この仔に関しては担当者の評価も高いですし、期待はさらに大きくなっていますよ。早期始動も視野に入れているだけに、頓挫することなく進めていけるようにしたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は486kgです。
素質馬が多数いる中でも、本馬に対する評価は上がってきているだけに、自ずと期待も高まってきています。西村調教師も大きな手応え掴んでいる様子でした。
2018/11/26
ノーザンファーム空港で育成中。この中間も周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「現在は週3日坂路に入っており、1日は1本、2日は2本登っており、16〜17秒台のキャンターを中心に乗っていますが、15秒台になることも珍しくありません。一番進んでいる組に属しており、年内には15-15を重ねられるようになると思います。速い調教を重ねながら体が増えているのは心強く、疲れを見せることもないですし、体質も強いのでしょうね。見た目にも大きさを感じますが、動きに重苦しさはないですし、レベルの高い走りを見せています。気性面、脚元を含めて現時点で気になるところはなく、早めに始動できそうな雰囲気です」とコメントしていました。現在の馬体重は482kgです。
育成は至って順調に進められており、早くも評価が高まってきています。先日も西村調教師が当地を訪れており、さらに期待と自信を深めている様子でした。
2018/10/26
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「馴致は一通り滞りなく終えることができました。現在は周回ダートコースと坂路での調教を開始していますが、心身ともに特に問題点はなく、週に3回は坂路で16〜17秒のキャンターも行っています。週に2日は1本、週に1日は2本登坂している状況です。ここまでの過程は理想的で充実した調教メニューを消化できていますよ。体をしっかりと使えていますし、柔軟性も増してきました。特にこれといった不安はなく、現状で心配な点はありません。早めの始動が可能なタイプと見ていますが、焦らずに素質の芽を摘まないように大事に育てていきたいですね」とコメント。西村調教師は「セレクトセールの下見の段階からこの馬が一番良い馬だと思っていました。それだけにお預かりできることになったのはとても嬉しいですし、結果が求められます。見た目はもちろんのこと、伸びやかな動きを見せていて走りも素晴らしいですね。クラシック路線に乗せなければならない馬だと思っています」とコメントしていました。成長力のある血統だけに、将来は西村厩舎の大黒柱に育ってほしいと期待しています。現在の馬体重は473kgです。
page top
page top