Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
クインポルカの2017   [募集馬 / 三嶋牧場]
2019/06/14
三嶋牧場で育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「中間も順調に坂路での15-15を重ねることができました。だいぶ芯が入った実感があり、基礎体力の向上を実感しています。まだ幼さを残す中でも、常に元気さを保っていますし、飼葉をしっかり食べ、それが着々と実になって、メリハリが付いたスタイルに変わってきました。現時点でも反応は素軽く、確かな才能に自信を深めていますよ。トラックなども併用してバリエーション豊かなメニューを組み立てていますが、特に問題点は見当たりません。だんだん気合いが乗るようになり、自ら前向きにハミを取るとはいえ、きちんと鞍上の指示を守れ、スピード調整も容易です。このままの姿を保たせながら、さらなるスケールアップを目指していきます」とコメントしていました。現在の馬体重は450kgです。
他馬よりも遅れての調整ですが、馬体や動きからはそういったことは微塵も感じません。将来はリュヌドミエルとともに、亡き父に捧げる活躍を期待しています。
2019/05/31
三嶋牧場で育成中。この中間もBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路での15-15も織り交ぜ、メニューをワンランク強化しました。手応えに余裕があり、無理なくこなせています。気持ちのオン・オフが上手に切り替わり、普段は手がかかりません。操縦性の向上も明らかですね。1周1600mある広いトラックコースへ入れ、ハロン20秒ペースのキャンターも行っていますが、コーナーリングなどの課題は見当たりませんし、前進気勢を保ちながらも、きちんと折り合えます。勝気な性格の持ち主ですので、レースでは闘争心としてプラスに活かせるでしょう。安定した健康状態を維持でき、体重は増加傾向にあります。いい筋肉が備わってきましたよ。まだまだ成長する余地がたっぷり見込めるだけに、今後の変貌ぶりが楽しみでなりません」とコメントしていました。現在の馬体重は447kgです。
いまでは頓挫の影響もなく軽快かつ力強いキャンターを披露しています。秋を見据えてしっかり乗り込みながら地力強化に努める予定です。
2019/05/15
三嶋牧場で育成中。現在はBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「ウッドチップの屋内坂路にてハロン16秒までペースを上げました。いまが伸び盛りのタイミングにありますので、成長を促すべく、野外のトラックや直線コースにも入れ、メリハリを付けたメニューを工夫して、丁寧に乗り進めていますが、脚元はすっきりとしていて好状態を保っていますし、体力的にも堪えた様子はうかがえません。周囲に気を取られたりせず、調教態度が大人っぽくなりましたよ。適度に気合いが乗り、前向きにハミを取ってくれます。体の使い方も上手になり、フォームに安定感が加わってきました。現時点でも確かな素質が伝わってきますね。この姿を保たせながら、中身の強化を図っていきたいと思います」とコメントしていました。現在の馬体重は445kgです。
遅れを取り戻すべく、活発に乗り込まれています。この調子で乗り進められるようであれば、当初の見込みよりも早くデビューを迎えることができそうです。
2019/04/30
三嶋牧場で育成中。この中間もBTCの直線ウッドコースを中心にダートコースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「1周1600mあるBTCのダートトラックを活用して、キャンターの距離を延ばすとともに、ダートやウッドチップの直線コースにも入れ、ハロン18秒ペースまでメニューを強化しました。普段は落ち着いて過ごしていますが、スイッチの切り替えが上手ですね。馬場へいけば活気にあふれ、自らハミを取ってくれます。骨膜が見られた左前もしっかりと固まり、引き続きキビキビしたフットワークで走れていましたよ。健康面の不安はなく、馬体の張りも上々です。無事に素質開花できるよう、しばらくは基礎体力の向上に主眼を置き、焦らずに乗り進めていきますが、さらにペースアップが可能な状況です。ますます将来が楽しみになりました」とコメントしていました。現在の馬体重は448kgです。
心身ともに成長の余地がたっぷり残されていますが、今夏の間に充実期を迎え、秋にはガラッと変わった姿に変貌を遂げてくれることでしょう。
2019/04/15
三嶋牧場で育成中。現在はBTCの直線ウッドコースを中心にダートコースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「まずはトラックでじっくりと乗り込みを進めてきましたが、元気にあふれ、飼葉もよく食べています。メインの調教場をBTCの屋根付き直線ウッドチップコースへと移し、メニューを強化させました。まだハロン20秒ペースが基本であっても、骨膜が見られた左前はすっきりした状況を保ち、順調に消化できています。前向きな気持ちに切り替わり、手応えは良好ですね。コントロールもきちんと利き、ハミ受けなどの問題は見られませんよ。まずは丁寧に体力アップに努めていきますが、現時点でも背中の感触が良く、脚さばきも軽く、確かな素質が伝わってきます。今後にどう変貌していくのか、楽しみでなりません」とコメントしていました。現在の馬体重は450kgです。
乗り出しが遅くはなりましたが、将来性の高さを感じさせるだけに、焦る必要はまったくありません。管理予定の伊藤圭三調教師は先週の開催で2勝を挙げており、ともにダート戦でした。ダートでの活躍が期待される本馬にとっては心強い限りです。
2019/03/30
三嶋牧場で育成中。この中間もBTCの屋内ダートコースで軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「トラックでの速歩とスローキャンターを消化しています。まだ足慣らし程度の段階ながら、順調に距離を延ばせました。もともと負けん気が旺盛ですので、手入れの際など、ちょっと敏感な面も見せますが、走り出せば素直な態度を守り、きちんと集中できています。いまのところ、口向きなど操縦性に気になる点もありません。キビキビしたフットワークに好感を抱いてますし、非凡なポテンシャルが伝わってきますね。これからペースアップしていけば、自らぐいぐいハミを取るようになるでしょう。飼葉を完食し、健康状態も安定して良好です。乗り込むごとに毛艶やハリが上向いていますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は458kgです。
同場で育成されたポートナイトサイト、プリミエラムールが堅実な活躍を見せており、将来は先輩たちとともにクラブを盛り上げる存在になってくれることを期待しています。
2019/03/15
三嶋牧場で育成中。現在はBTCの屋内ダートコースで軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「骨膜はすっかり固まった状況にあり、獣医師からも騎乗開始の許可が下りました。慎重に手順を踏み、じっくりと常歩を踏ませたうえ、今週からはトラックでの速歩、ハッキングへと進ませています。元気いっぱいですね。メニューの強化に伴い、飼葉を増量していますが、よく食べています。短期間で幅が出て、馬体の張りも良化しました。オン・オフの切り替えが早く、気の強さも見せ始めましたが、これも良い傾向だと捕えています。乗り手に反抗することなどありませんし、競走向きの懸命さとして活かしていけるでしょう。しばらくは丁寧に乗り込み、基礎体力の向上に努めます」とコメントしていました。現在の馬体重は450kgです。
2019/02/28
三嶋牧場で育成中。この中間もウォーキングマシンでの運動を行っています。
担当スタッフは「毎日、1時間ほどウォーキングマシンで歩かせています。すべきことを理解してくれ、扱いは容易ですよ。だんだん精神面がしっかりしつつあっても、表情が愛らしく、場内ではアイドル的な存在です。まだ冬毛に覆われ、幼さが残る体型ではありますが、飼葉をよく食べ、元気もあり、健康状態は安定していますね。歩様はスムーズなままですし、左前を触診しても熱感や反応はありません。まもなくレントゲン検査を行い、獣医師に骨膜の回復具合を確認してもらったうえで、次のステップへ移行できる見込みです。常歩から始め、段階的にハミ受けなどのコントロールを磨いていきたいと思います」とコメントしていました。現在の馬体重は440kgです。
今後の伸びしろが多く残されているだけに、乗り込むにつれて良さが表面化してくることでしょう。父産駒の晩年の傑作と言われるような活躍を期待しています。
2019/02/15
三嶋牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動を行っています。
担当スタッフは「先週に行ったレントゲン検査でも、左前の骨膜は順調に固まっているのが確認できました。歩様も滑らかです。獣医師からも運動再開の許可がでましたので、ウォーキングマシンに1時間ほど入れています。馬に活気が出て、キビキビと歩いていますよ。飼い食いが旺盛ですし、とても健康的です。パドック放牧も継続して、適度にストレスを発散できていますので、精神面の不安もありません。今月下旬より騎乗をスタートさせる予定です。しばらくは慎重に手順を踏みながら基礎固めを進めますが、どんどん遅れは挽回できるでしょう」とコメントしていました。
ようやく騎乗を開始できる兆しが見えてきています。焦りは禁物ですが、遅れを取り戻せるように進めていきたいところです。
2019/01/31
三嶋牧場で育成中。引き続きパドック放牧を行っています。
担当スタッフは「パドック放牧を継続中です。定期的にレントゲン検査を実施しながら、骨膜が治まるのを待っています。当初の見込みより回復に時間を擁していますが、もう少しの辛抱ですね。来週の結果を確認したうえ、獣医師とも相談したいと思いますが、検査後にはウォーキングマシンでの運動へと移行できる見込みです。すっかり休養生活に慣れ、落ち着きを保っています。それでいて目をくるくる動かし、表情が豊かですし、生気は失われていません。調教馬と違い、カロリー控えめの飼い葉を与えていますが、ペロリと完食してくれています。健康状態は安定して良好です」とコメントしていました。現在の馬体重は438kgです。
休養が延びていますが、着実に快方へと向かっており、今後に与える影響は少ないと見ています。素質は感じさせるだけに、今後も焦らずに進めていきたいところです。
2019/01/15
三嶋牧場で育成中。引き続きパドック放牧を行っています。
担当スタッフは「先週、改めてレントゲン検査を行いましたが、まだ左前の繋骨には骨膜が確認できます。獣医師からも、大事をとって、今月中はパドック放牧に止めたほうがいいとの指示を受けました。歩様には見せませんし、馬は元気があり、食欲も旺盛ですが、ここで無理をさせても将来につながりません。コンパクトなスタイルでも、もともとキビキビした身のこなしに確かな素質を感じていた馬です。もうしばらく回復を待てば、遅れはどんどん挽回できると思います。行動を制限されていても、人には従順ですし、精神的にも安定していますね。ストレスを感じている様子はありません」とコメントしていました。現在の馬体重は434kgです。
我慢の時期が続き、運動の再開が待ち遠しい限りですが、間もなく脚元の不安も解消する見込みです。管理予定の伊藤圭三調教師は先日のニューイヤーステークスを含め、今年に入ってから早くも3勝を挙げています。師の緻密な采配も大きな後押しになるはずです。
2018/12/27
三嶋牧場で育成中。引き続きパドック放牧を行っています。
担当スタッフは「左前脚の骨膜は良化が認められますし、歩様にも見せなくなりましたが、獣医師の判断で年内は大事を取って休ませることになりました。治まってしまえば今後に影響が出ることはないですし、もう少しは楽をさせたいと思います。年明けに再度レントゲンを撮り、問題がなければウォーキングマシンの運動から開始していく予定です。遅生まれでまだ随所に幼さが残りますが、能力は感じる馬ですので、焦らずに進めていきたいと思います。運動を控えている中でもそれほどテンションが上がることもないですし、脚元さえ落ち着いてくれれば順調にステップアップしていけるのではないでしょうか」とコメントしていました。現在の馬体重は436kgです。
脚元の状態も着実に良くなってきており、そう遠くないうちに調教を始めることができるとみています。素質は感じるだけに、見切り発車はせず、万全の態勢で立ち上げる予定です。
2018/11/26
三嶋牧場で育成中。引き続きパドック放牧を行っています。
担当スタッフは「左前脚蹄骨は良くなったのですが、中間に同じ左前の繋骨にも骨膜が見られたことから、大事を取って休養を継続しています。恐らくは同じタイミングでぶつけたと思われ、徐々に表面化してきたのではないかという獣医の見解でした。あと一ヵ月ほどは休養させる必要がありそうで、レントゲンを撮って問題がないようであれば馴致を進めることになります。伸びしろが大きいタイプですので、見切り発車にはならないようにしたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は430kgです。
他馬が順調に進む中で歯痒い現状ではありますが、今が我慢のしどころであり、しっかり不安を解消させてから馴致を進めていきます。
2018/10/26
三嶋牧場で育成中。現在はパドック放牧を行っています。
担当スタッフは「今月上旬にこちらへ移動してきたのですが、向こうの牧場で左前脚をぶつけたとのことで、到着後も庇うような歩様でしたので、すぐにレントゲンを取りました。その結果、蹄骨に骨膜が出ていることが判明したため、馴致は見送って休養させています。幸い今後に影響するものではないとのことですが、少しでも痛みがある状態で無理に馴致を進めてしまうと、人間に対して恐怖感が芽生えてしまったり、運動自体がこの先も嫌に感じてしまう恐れがあるため、獣医師とも相談して、あと1〜2週間は現状の生活を続けながら回復を待つことになりました。1ヶ月ほど育成の開始が遅れる形で申し訳ないのですが、最初が肝心ですので、不安のない状態でスタートさせてください。遅生まれで伸びしろが大きいだけに大事に立ち上げたいと思います」とコメント。伊藤圭三調教師は「馴致は少々遅れますが、大きな影響はないと見ています。遅生まれということもありますし、まだかなり腰高で幼い体型ですから、これからの成長が大いに見込めます。身のこなしは機敏で身体能力は高そうですし、父の最終世代ですので結果を出したいですね。期待しています」とコメントしていました。上昇度という点では募集馬の中でも随一の存在なので、焦らずに育成を進めることになっています。現在の馬体重は428kgです。
page top
page top