Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
バラシングの2017   [募集馬 / KSトレーニングセンター]
2019/06/14
KSトレーニングセンターで育成中。現在は角馬場とダートコースを中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「到着後も健康状態は良好です。普段は落ち着いた精神状態を保ち、飼葉もよく食べてくれ、もう北海道を出発したころと同じくらいまで体重が戻りました。角馬場で2000mくらいの乗り込みから始め、トラックコースにも入れて足慣らし程度のキャンターを消化しています。思いのほか、口向きが安定せず、頭を上げたりしますが、こちらの調教環境に慣れない影響もあるのでしょう。ハミを替えるなど工夫して、矯正に努めたいですね。それでも、柔軟に背中を収縮できますし、伸びやかなフットワークにも感心させられました。素質の高さは疑いようがありません。もう少し体を充実させ、精神面のバランスを整えたうえ、厩舎へバトンタッチしたいと思います」とコメント。岩戸調教師は「移動後も問題なく乗れています。もう少し本州の気候に馴染ませながら乗ってもらい、もう一段状態を上げてから入厩させるつもりです。血統も厩舎も地味ですが、結果を出してアッと言わせたいですし、父の代表産駒には育てなければいけないと思っています」とコメントしていました。現在の馬体重は483kgです。
変わらずに岩戸調教師の評価も高く、入厩を心の底から楽しみにしている様子でした。現時点では来月上旬の移動を視野に入れています。
2019/06/09
6/8にKSトレーニングセンターに移動しました。
担当スタッフは「北海道を出発した時の体重が486kgということでしたが、到着後の数字が466kgでしたので、ちょうど20kgほどの減少で平均点な数字で収まりましたし、熱発もありませんでした。岩戸師は数週間での入厩を示唆していましたが、まずはこちらの気候や環境に慣らしたいと思います」とコメントしていました。今後はまだ到着間もないことから徐々に調整を進めていく予定です。
2019/05/31
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「この間も順調に坂路での15-15を継続できました。疲れた様子はなく、健康体を保っています。適度に余裕がありながらも、見栄えがするスタイルになりました。1600mの直線コースを活用して、長めにキャンターを消化しても、ラストまで真っすぐに走り切れ、スタミナ強化を実感していますよ。1周1600mのトラックにてコーナーリングの確認も行いましたが、フォームのバランスが良く、課題など見受けられません。岩戸先生は暑さが厳しさを増す前の入厩をイメージしていますので、ゲート練習も入念にこなしています。真面目な態度を崩さず、きちんと指示に従っていますね。これから厳しさを増すトレーニングにも問題なく対応できるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は494kgです。
この中間も順調そのもので、早ければ来週にも美浦近郊へ移すことになりました。父の産駒は苦戦を強いられていますが、本馬にはその評価を覆す活躍を見せてほしいと期待をかけています。
2019/05/15
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路での15-15を開始しました。一段階、メニューを強化しても、疲れなど感じさせず、健康状態に不安はありません。精神面もフレッシュなままですね。さらに操縦性を磨くべく、バリエーション豊かなメニューの組み立てを工夫し、1周1600mあるトラックや全長1600mの直線コースへも入れていますが、行きたがったりせず、注意力が散漫になることもなく、鞍上の指示通りにペースの緩急が付きます。文句なしの優等生といえるでしょう。着実に筋力がアップして、スピードの乗りも早くなりました。現行のメニューを丁寧に積み重ね、全体的なパワーアップを図っていけば、トレセンへ移動できる日も近いと思います」とコメントしていました。
乗り込むごとに必要な筋肉が身に付き、それが走りにも表れてきており、来月上旬には入厩に備えて美浦近郊に移す予定です。
2019/04/30
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「ウッドチップ1000mの坂路2本をメインに置き、1600mの直線ダートコースも活用して、順調にキャンターの距離を伸ばしています。柔らかいフットワークを維持しつつも、体力面の向上が著しく、疲れを翌日に持ち越す心配はありません。まだハロン17秒を上限にしていますが、手応えは楽ですよ。飼葉をよく食べ、狙い通りに馬体もボリュームアップしました。奥の深さを見込んでいる馬ですし、めきめき成長している段階だけに、ここで焦る必要はないと思いますが、精神的にも安定し、操縦性の課題なども見当たらず、問題なくペースアップできる状況です。あと1、2月あれば、美浦に移動できるメドが立つのではないでしょうか」とコメント。岩戸調教師は「血統が地味で注目度は高くないでしょうが、私は大きな期待をかけており、先日も着実な成長ぶりを確認してきました。冗談抜きにクラシック戦線を歩ませるようにしたいですね。クラブとも相談し、6月上旬に美浦近郊へ移すイメージを思い描いています」とコメントしていました。現在の馬体重は495kgです。
師の期待も大きく、早くも将来の活躍に胸を躍らせている様子でした。なお、岩戸孝樹調教師と協議を行った結果、短期放牧の際には茨城県・KSトレーニングセンターを使用する予定となりました。
2019/04/15
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。この中間もBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「ウッドチップの屋根付き坂路を2本、順調に駆け上がっていますが、気温の上昇とともに屋外のダートコースも走りやすい馬場状態となりましたので、今週より全長1600mある直線走路にも入れ、一段階、メニューを強化しました。もっとボリュームアップさせてから、15-15を開始したいと思っていますが、終始、手応えは良好です。着々と中身が強化され、堪えた様子などうかがえません。息の戻りも早く、心肺機能の向上は明らかですね。レースへいけば、いい脚を長く使えそうな予感を抱かせます。現時点での課題は見当たりませんし、鍛えて味があり、私どもも将来に自信を深めているところです」とコメントしていました。
牧場からは変わらずに景気の良い報告が上がってきており、地味な存在ながらも期待は決して小さくありません。
2019/03/30
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。現在はBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路でハロン18秒ペースのキャンターを継続しています。今週よりBTCの屋外トラックや直線コースへも入れ、メニューに幅を持たせました。素直な調教態度は変わりません。どのコースでも自由自在に操れますよ。疲れなど見せず、健康体を保っているうえ、フットワークに力強さが加わり、着々と中身は充実に向っています。それでいて、この仔ならではの柔軟性は失われず、とても伸びやかな走りですね。先日、来場した岩戸先生も、順調な進歩に目を細めていました。態勢が整い次第、入厩させたい意向です。ゲートの通過だけでなく、扉が閉まった枠内での駐立やスタートの練習も開始しました」とコメントしていました。現在の馬体重は471kgです。
血統面から奥手の印象を抱いていましたが、いまではそんな印象も薄まってきています。奥深さを感じるだけに、今後の変貌ぶりから目が離せません。
2019/03/15
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。現在はBTCの屋内坂路を中心にダートコースも併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「連日、ウッドチップの屋内坂路に入り、ハロン20秒から18秒程度のキャンターを消化しています。引き続き心肺機能の強化に努めている段階ではありますが、柔軟な身のこなしに好感を抱きますね。健康面は引き続き安定していますし、精神的にもフレッシュな状態を維持しています。脚元のトラブルとも無縁なだけに、さらなるペースアップにも難なく対応できるでしょう。これから骨格のバランスにふさわしい筋肉が備わり、緩さが解消してくれば、もっとパワフルに動けるようになるはずです。こちらも例年より春の訪れが早く、今月末にはBTCが誇る屋外の1600mトラックや、全長1600mと1200mの直線ダートコースも使用可能になりますので、バリエーション豊かなメニューを組み立て、確かな素質に磨きをかけていきたいと思います」とコメントしていました。
責任者の評価は高い位置で安定しており、トーンはさらに高くなってきました。
2019/02/28
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。この中間もBTCの屋内ダートコースを中心に坂路も併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「トラックでの入念なキャンターと並行して、ウッドチップの屋内坂路にてハロン20秒から18秒くらいまでペースを上げ始めました。順調に基礎体力が備わりつつあり、翌日に疲れを持ち越すこともありません。飼葉もしっかり食べています。まだ子供っぽい仕草を見せますが、鞍上の指示には従順です。楽な手応えでスムーズに加速できる点も好印象。まだ緩さが残るとはいえ、しなやかなストライドもセールスポイントですね。乗り込むごとにたくましさを増し、奥が深そうな感触を得ています。今後の変貌が楽しみでなりません。この調子でパワーアップしていけば、血統のイメージ以上に出世できると思います」とコメントしていました。現在の馬体重は470kgです。
当初から育成責任者の評価が高い1頭ですが、ここにきて評価はさらに上昇しています。岩戸調教師も大きな期待を寄せていました。
2019/02/15
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。現在はBTCの屋内ダートコースを中心に坂路も併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「ウッドチップの屋内坂路も併用していますが、厳寒期は行き帰りの馬道が凍結して滑りやすいため、トラックコースでのキャンターを中心にメニューを組んでいます。本格的な登坂は来月あたりからスタートさせます。長めのキャンターをこなし、だんだん中身が詰まってきた印象を受けますね。スマートな体型なりに、幅も出てきました。柔らか味があるフットワークがセールスポイントですが、動きに力強さを増しています。この姿を保ちながら、スケールアップしてほしいですね。一番安い募集価格と聞きましたが、ここ最近の良化ぶりを見ると、もっと高くすれば良かったのにと思ってしまいますよ」とコメントしていました。
さらに評価を上げており、期待は高まる一方です。本格化の兆しを見せる兄ジェミニズにも負けない、馬主孝行な馬に育ってくれることでしょう。
2019/01/31
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。引き続きBTCの屋内ダートコースでの騎乗運動を中心に行っています。
担当スタッフは「トラックコースでキャンター4800mを消化しています。薄めのシルエットですし、身のこなしに緩さが残るとはいえ、背中の感触はいいですよ。ハロン22秒程度を入念に乗り込んでいる段階であっても、最後まで余力があります。だいぶ体質がしっかりしてきた印象があり、ボリュームも増し、順調な成長がうかがえますね。飼い食いが落ちたりせず、健康状態は安定して良好です。まもなくウッドチップの屋内坂路へも入れる予定です。素直な態度を保てていますし、鍛えて味がありそうですね。このままメニューを強化していけば、どんどん筋肉が張り出し、もっと見栄えがするスタイルになると思います」とコメントしていました。現在の馬体重は465kgです。
馬体重が示すようにレベルアップが図れています。先日、強烈な末脚で勝利を挙げた兄ジェミニズと適性は異なりますが、本馬も成長力の高さを感じるだけに、兄に負けない堅実な活躍が期待できそうです。
2019/01/15
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。引き続きBTCの屋内ダートコースでの騎乗運動を中心に行っています。
担当スタッフは「現在もトラックコースでキャンター4800mをこなし、ペースアップに備えている現状です。厳寒期に差しかかり、降雪する日もありますが、BTCでも万全の体制を敷き、馬道は確保できていますし、調整は問題なく進行していますよ。子供っぽさが残る中でも、走ることには真面目ですし、体力の向上も明らかです。伸びやかなフレームな割りに、まだ肉付きに物足りなさがありますので、あと30キロくらい増量させたいですね。飼い葉に工夫をこらしながら、しっかり運動させ、坂路入りに備えたいと思います」とコメントしていました。現在の馬体重は448kgです。
入念に磨きがかけられ、まっすぐに成長しています。窮屈さのない好バランスだけに、これから骨格にふさわしい筋肉が備われば、さらに魅力的な容姿に変わってくるはずです。
2018/12/27
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。この中間もBTCの屋内ダートコースでの騎乗運動を中心に行っています。
担当スタッフは「今は坂路調教に向けての下地作りの段階で、現在も600mのダートコースを毎日8周させています。血統は地味ながら、元から期待している馬ですが、ここ最近の成長ぶりから、さらに期待を高めているところです。実が入ってきた印象で、腹袋もどっしりしてシルエットに厚みが増してきました。前向きさもありますし、良い流れで推移していますよ。ダンスインザダークの血が入っている馬は気性に難しい部分を抱えていたりしますが、この仔は問題ないですね。適性を考えても、早めから使う馬ではないと感じていますが、仕上がりが遅れるという感じはしません。体重が20kgほど増えましたが、まだまだ増えてくるはずです。来月から坂路調教をスタートさせる予定なので、その時の様子を見ながら進めていきましょう」とコメントしていました。現在の馬体重は444kgです。
半兄ジェミニズはここにきて安定したレースを見せており、来年の飛躍が期待される存在です。兄とともに会員様孝行な走りを見せてほしいと期待しています。
2018/11/26
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。現在はBTCの屋内ダートコースでの騎乗運動を中心に行っています。
担当スタッフは「馴致から騎乗の初期運動まで順調に進めることができましたので、この中間からBTCのダートコースでの乗り込みを始めました。現在は600mのダートコースを毎日8周乗っていますが、見た目の印象よりも体を柔らかく使える馬ですね。現時点では骨の成長が先行しているイメージで、筋肉の成長が追い付いていないように感じているので、そのあたりは意識しながらバランスを整えていきます。これからの成長の幅が大きいとみているので、成長を阻害しないようにリフレッシュも交えながら進めていきますが、これといった欠点もないですし、今後の成長が楽しみな1頭です」とコメントしていました。現在の馬体重は423kgです。
母の父にダンシングブレーヴを持つ活躍馬は牡馬に偏っており、成長力の高い馬も多いだけに、本馬もこれからの調教でグングンと頭角を現してくることでしょう。
2018/10/26
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。現在は角馬場で軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「順調に馴致を進めることができ、間もなくBTCでの乗り込みを開始する予定にしており、現在は角馬場で動作や反応の最終確認を行っている状況です。特に問題なく移行できると見ていますよ。まだまだ体が薄くて鍛える必要がありますが、乗り込むにつれて良さが表面化してくるタイプでしょう。脚元も丈夫そうな印象ですし、しっかりと食わし込みながら鍛えていきたいですね」とコメント。岩戸調教師は「現状はまだ薄い印象を受けますが、これから乗り込んでいけば筋肉が付いて厚みが出て逞しくなるはずです。動きに柔軟性があって伸びやかさもあるだけに、芝の中距離路線での活躍をイメージしています。地味に思われている馬でしょうが、父系の良い部分が表れているので楽しみですし、こういう馬で結果を出すのが調教師の醍醐味です」とコメントしていました。どんな血統の馬にも真摯に向き合い、個性に合わせた調教で最善を尽くすのが師のモットーです。本馬の持てる資質を十分に引き出してくださることでしょう。現在の馬体重は423kgです。
page top
page top