Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
スポークンファーの2017   [募集馬 / シュウジデイファーム]
2019/04/15
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「ときどき四肢の球節に浮腫みが出ることがあり、慎重にケアしているとはいえ、短期間ですっきりと治まる程度です。坂路を中心にじっくり乗り進めていますが、日によってはハロン16秒くらいのメニューも織り交ぜていますよ。真面目な調教態度を崩しません。伸びやかに体を使えるようになり、だいぶフォームが安定してきました。もっとボリュームアップさせたいスタイルながら、堪えた様子などうかがえず、飼葉も完食していますよ。さらにペースアップできる状況です。奥深さを感じている馬なだけに、この調子で鍛錬を積んでいけば、いずれ父らしいシルエットに変貌していくでしょう」とコメント。池上調教師は「ようやく思い描いている姿になりつつあるのかなという印象を持ちました。それでもさらに良くなる余地が大きい馬ですし、期待が大きいからこそ、無理せずに進めるように牧場にはお願いしています。これからの成長がとても楽しみです」とコメントしていました。現在の馬体重は459kgです。
昨日の春興ステークスを制したイレイションが7歳にしてオープン入りを果たしたように、馬の成長に合わせてじっくり取り組み、素質を開花させる池上調教師の手腕も大きな後押しになりそうです。
2019/03/30
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「この間も坂路でハロン17秒ペースのキャンターを継続しながら、日によって強弱を付けて乗り進めました。トラックや直線コースも活用し、できるだけ余力を持たせるように配慮していますよ。ここまでの調整過程でも、センスの良さは十分に感じ取れました。だいぶ芯が入ってきた手応えがあり、フットワークは力強さを増していますが、依然として線が細いシルエットだけに、焦らずにペースアップさせたいと思います。とても素直な性格ですが、この母系は調教を積むと気性の部分で短距離色が強まる傾向にありますので、成長段階ではソフトな対処に努め、内面の充実も図っていきたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は458kgです。
現時点でも優れた身体能力の高さを感じさせますが、まだ成長段階にあるため、じっくりと育成を進める方針となっています。
2019/03/15
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「歩様の硬さが気にならなくなり、順調な進歩を実感しています。他馬と変わらぬ調教時間を割き、様々なコースを走らせて操縦性を磨きながら、坂路ではハロン17秒くらいまでペースを上げました。真面目な態度を崩さず、調整しやすいですね。まだフォームに安定味を欠くとはいえ、手応えに余裕があり、無理なく消化できています。ただし、横から見れば垢抜けたバランスでも、トモなどは薄いまますので、成長期に差しかかるのはこれからでしょう。池上先生とも相談のうえ、たっぷり食べさせ、適切な負荷をかけつつ、しばらくは体力づくりに重点を置く方針です。確かな素質を無事に開花させるために、いまは我慢の時期だと捉えていますよ。丁寧な対処に努め、しっかりと基礎を固めていきます」とコメントしていました。現在の馬体重は459kgです。
今後に向けて伸びしろがたっぷり残されているだけに、持てる資質を十分に発揮できるように成長に合わせた負荷を与えながら成長を促していきます。
2019/02/28
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「トラックやウッドチップの屋内坂路を使い、じっくりと乗り込みを進めています。硬めだった歩様もスムーズに戻りましたが、まだ体が薄いままですし、背肉が付き切らない状況にあります。成長を妨げないよう、ハロン20秒くらいを上限にして、体力向上に努めています。現役時代に気の強さを見せたエピファネイアの産駒ですし、精神的な難しさを抱えた母系ですが、この仔は穏やかな性格です。コントロールに課題はありません。ゲートの駐立を練習しても、素直にこなせていますよ。奥手な印象ではありますが、これから芯が入ってくれば、大成できるはずの素材です。手順を踏みながら、丁寧に育てていきたいと思います」とコメントしていました。現在の馬体重は450kgです。
現在は成長の途中段階といった印象は拭えませんが、資質の高さは間違いないだけに、焦らずに進めて素質の芽を摘まないように育てていきます。
2019/02/15
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「順調に周回コースでキャンター2600mを消化しています。直線コースや坂路でのハロン22秒程度も継続していますが、筋肉が付き切らず、まだ全体のシルエットは薄いままですし、非力な面が残っています。調教後は歩様が硬くなりがちですので、慎重に基礎固めを進めているところです。ただし、背中の感触は柔らかく、走り出せば伸びやかなフットワークを繰り出せます。完成されるのに少し時間が掛かるかもしれませんが、単調なスピードタイプではなく、奥の深さを見込んでいますよ。先日、来場した池上先生も同様の将来像を思い描いていて、『この世代の中でも期待馬なので、早期のデビューに拘らず、じっくりと乗り進めてほしい』と話していました。成長段階に合わせ、適切にペースアップを図っていきます」とコメントしていました。
まだ成長段階にあり、伸びしろがたっぷり残されている現状ですので、素質の芽を摘まないように焦らずに開花させたいと考えています。
2019/01/31
シュウジデイファームで育成中。この中間もBTCの坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「調整はすっかり軌道に乗りました。トラックコースで2600mほど走らせて体をほぐしたうえ、直線コースや坂路に移って2本、キャンターをこなしています。体付きなどを見れば、伸びる余地をたっぷり残しますので、基礎体力の向上に主眼を置き、丁寧に乗り進めているところです。現在はハロン22秒くらいのペースを基本にしていますが、確かな素質は十分に伝わってきますよ。無理なく加速できますし、最後まで余力は十分です。乗り手の指示に従順ですし、調教態度も真面目ですので、この調子でパワーアップしてくれたら、文句はありません」とコメントしていました。現在の馬体重は444kgです。
まだ成長過程の真っただ中ですが、的確なジャッジで調教師からの信頼も厚い責任者の評価も高いだけに、将来は期待に違わぬ走りを披露してくれることでしょう。
2019/01/15
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「寝違えによる歩様の乱れはすっかり解消しました。まずは慎重に騎乗調教を立ち上げましたが、もともと体力がしっかりしているだけに、ブランクの影響など感じさせません。順調にペースアップできています。屋内トラックで2500mほど乗り込みを消化するとともに、坂路にも入れ、ハロン20秒を切るくらいまでラストを伸ばしていますが、楽な手応えで動けますよ。父はエピファネイアですし、気難しさがポイントとなる母系であっても、この仔はとても穏やかです。走り出せば前向きながら、きちんとコントロールが利きます。飼い葉もよく食べますし、馬体の張りもいいですね。これからどんどん成長するでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は452kgです。
スピード色が濃いファミリーですが、しなやかさも兼備しています。ミドルディスタンスでの大成を期待させる逸材です。
2018/12/27
シュウジデイファームで育成中。現在はウォーキングマシンの運動を行っています。
担当スタッフは「順調に乗り込んできたのですが、先日に右トモを寝違えてしまったようで歩様に違和感が生じました。腫れや熱感はありませんので、大事には至らないとみていますが、歩様が良くなってから騎乗を再開する予定です。乗るにつれて父系の血が騒いできたようで、行きっぷりが良くなっていました。普段はおとなしいですから、オンとオフがしっかりしているのでしょうね。身体能力の高さは間違いないですし、池上先生も大きな期待をかけてくださっていて、よく見に来られています。これからの成長が楽しみですし、大事に育てていきたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は448kgです。
一時的に調教を休ませていますが、今後に向けて大きな支障はありません。調教では資質の高さを存分に見せていただけに、頓挫は残念ではありますが、素質を開花できるように慌てずに育てていきたいところです。
2018/11/30
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整されています。
担当スタッフは「セリの後にこちらでお預かりすることになり、馴致とここまでの調教は至極順調に進めることができています。とても素直な性格で操縦性が高いですし、物怖じすることがありません。まだおっとりした性格ですが、血統面を踏まえると、これから嫌でも気合が乗ってくると思いますよ。現在は色々な場所で調教しており、既に坂路ではハロン20秒ペースの調教を行っていますし、この調子で進めていきたいですね。身体能力の高さを存分に感じていますので、期待が大きいのは言うまでもありません」とコメント。池上調教師は「セリで高い評価を受けた馬ですし、お預けいただけることになり光栄です。柔軟性があって筋肉の質も良いですし、随所に資質の高さが感じられます。現状ではおっとりとした雰囲気ですが、これからピリッとしてくるのではないでしょうか。まずはシュウジさんでしっかり鍛えていただき、地盤を固めていきたいですね」とコメントしていました。良質な筋肉を纏い、柔軟性に富んだ歩様を見せており、多くのバイヤーから注目されたのも頷けるところです。卓越したポテンシャルを有しているだけに、完成された際にどれほどのパフォーマンスを見せてくれるのか期待は高まります。現在の馬体重は453kgです。
page top
page top