Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
サマールナの2017   [募集馬 / シュウジデイファーム]
2019/04/15
シュウジデイファームに在厩。現在は舎飼休養しています。
担当スタッフは「BTCの屋内坂路で3ハロン42秒くらいのスピードメニューを消化し始めていたのですが、他馬の動きに驚き、放馬するアクシデントがあり、右膝の上部内側に外傷を負いました。たいへん申し訳なく思います。患部を縫って対処しました。しばらくは馬房でゆっくり静養させますが、幸い骨や筋に異常はありません。来週には抜糸を済ませ、ウォーキングマシンでの運動へと移行できる見込みです。そろそろ疲れが出るタイミングでしたし、もっと馬体に幅を出したい状況でしたので、この機会にしっかり英気を養わせ、スケールアップにつなげたいですね。精神状態は引き続き安定していますし、健康面の不安もありません」とコメントしていました。現在の馬体重は440kgです。
武英智調教師と早期始動も視野に入れる旨の話をしていた矢先の出来事で、残念ではありますが、大きな頓挫にはならないとみています。期待馬だけに焦らずに育成を進めていく予定です。
2019/03/30
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「この間も坂路での15-15を継続しています。今週はラストでハロン14秒を切るくらいまで加速させてみましたが、無理なくこなせました。現時点での反応は上々ですね。場内の2歳では調教進度の進んだグループに属していますが、安定した健康状態を保ち、疲れなど見せません。芯がしっかりしているうえ、素直な調教態度にも好感を抱きます。スピードの緩急が容易に付き、操縦性に関しても着々と進歩していますよ。ゲート練習も順調に消化中です。さらに馬体に幅が出たら、もっと自信を深めることができるでしょう。きちんと乗り込みながらも、余力を残すようにメニューを工夫して、将来の飛躍につなげたいと思います」とコメント。武英智調教師は「先日、北海道で調教を見させていただきました。まだ成長途上とはいえ、素直でお母さんを彷彿させる動きを見せてくれました。これからの成長がとても楽しみです」とコメントしていました。現在の馬体重は440kgです。
まだ幼さを残しますが、母譲りの軽快なキャンターを披露しています。このまま順調に進めば自ずと頭角を現すことになるでしょう。
2019/03/15
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「坂路でラスト3ハロンを15-15まで伸ばすとともに、日によってメニューにバリエーションを付けて乗り進めています。気性面がしっかりしていて、真面目な調教態度を崩しません。これからパワーアップしていく途上にあり、力の要るウッドコースでは非力さを感じる現状とはいえ、しなやかにストライドを繰り出せ、手先の軽さが目立ってきました。飼葉はよく食べていますし、疲れを翌日に持ち越すことなどなく、健康状態は引き続き安定していますね。しばらくは成長を妨げない程度の調整を心がけていきますが、活躍した母の産駒らしさが顕在化しつつあり、鍛えて味がありそうです。このままの姿を保ちながら、スケールアップしてくれれば文句はありません。この仔にはぜひ父の名を高めてもらいたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は440kgです。
当初は幼さが目立った本馬ですが、成長とともに評価は上昇してきました。将来は両親の評価を高める働きを見せてくれることでしょう。
2019/02/28
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「トラックでの乗り込み量を増やすとともに、ウッドチップの屋内坂路を使ってハロン15秒くらいのメニューも開始しました。脚元のトラブルとは無縁ですし、イメージ以上に体質もしっかりしています。ペースアップしても、堪えた様子は見せません。ここにきて上背が伸び、ずいぶん垢抜けたシルエットとなりました。フォームに安定感が加わり、ますます動きも上向いています。従順な性格はまったく変わらず、折り合いに苦労することなどありません。ゲートで駐立する練習も行っていますが、きちんと理解して、素直に消化しています。すべての面でバランス良く進歩していますので、成功の確率は高いと思いますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は437kgです。
的確なジャッジで知られる責任者のトーンも高くなっており、想像を超える良化ぶりを見せています。初仔ながら、母を超える存在になってくれるのではないかと期待が大きくなってきました。
2019/02/15
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「周回コースで2600mほど走らせて体をほぐしたうえ、直線コースや坂路に移って2本、キャンターをこなしています。ハロン18秒までペースアップしましたが、手応えは楽ですよ。体が締まり、筋力も向上し、どんどん動きは良化しています。調教時は前向きに自らハミを取るうえ、コントロールが容易なのも好印象です。軽快なスピードで勝負できるタイプでしょうね。武英智調教師が来場した際に『前回見た時とはガラッと変わってきましたね。このまま成長してくれればルナに負けない活躍が期待できそうです』と喜んでくれましたよ。確かな能力が伝わってきますし、当初の感触より早い時季にデビューできるのではないかと期待しています。素直な性格もセールスポイントですし、とても従順で手がかかりません」とコメントしていました。
ひと頃に比べると幼さが薄れ、心身ともに確かな成長を感じさせます。初仔から母の評価を高める走りを見せてくれることでしょう。
2019/01/31
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「順調にペースアップしています。トラックでのウォーミングアップを2600mほど消化したうえ、直線コースや坂路へ入って2本、キャンターを消化するのが基本メニューです。ハロン20秒くらいまで加速させていますが、元気いっぱいで活気に満ちています。気持ちが前向きに切り替わり、軽快さを増していても、気になる癖などなく、とても乗りやすいですよ。無駄肉が削がれたぶん、体重が減っていても、飼い葉はしっかり食べています。上背が伸びていますし、ずいぶん大人っぽい雰囲気になりました。これから筋肉量が増え、もっと見栄えがするようになるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は440kgです。
母にも負けない活躍を果たし、ゆくゆくは父の最高傑作に育ってくれることを期待しており、それも十分に可能な逸材と見ています。
2019/01/15
シュウジデイファームで育成中。この中間もBTCの坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「ブレーキングで手がかからなかったように、素直な性格です。BTCの様々なコースを経験させても、鞍上の意のままにキビキビと動け、今のところ文句なしの優等生ですね。現在は屋内ダートコースでのキャンター2500mをメインにして、ハロン22秒くらいを消化中です。しばらくは基礎体力のアップに重点を置き、丁寧に乗り進めますが、ウッドチップの坂路も使って、少しずつ調教内容を強化していますよ。これから成長する余地が大きいとはいえ、まとまった馬体に好感を抱いていますし、健康状態はすこぶる良好です」とコメントしていました。現在の馬体重は456kgです。
3勝をマークしたうえ、息長く走った母の仔らしく、鍛えて味があるはず。調整は軌道に乗りつつあり、現地でも確かな手応えを感じ始めています。
2018/12/27
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「今後の調教を進めるにあたり、必要なことをマスターし、人間との関係も築けてきたことから、この中間よりBTCでの調整をスタートさせました。まだ1ハロン22秒が上限ですが、素軽い動きを見せており、先にBTC入りした馬たちに難なく付いていけていますよ。体が大きくなって見栄えも良くなりましたし、ゲートの通過も問題ありません。今後も成長度や状態を確認し、徐々にピッチを上げていければと思います」とコメントしていました。現在の馬体重は458kgです。
おとなしい性格ながら、調教時には気合の入った姿も見られるだけに、母と同じようにオンとオフの切り替えがしっかりできるタイプとみています。
2018/11/30
シュウジデイファームで育成中。現在は牧場内のロンギ場とウッドチップコースで騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「11月中旬にこちらへ移動し、馴致を無事に終えています。現在は牧場内のロンギ場と馬場でハミ受けを中心とした基本動作を教え込んでいる状況です。慣れ親しんだ場所から移ってきたことで移動当初は戸惑いも見られましたが、今ではすっかりこちらの環境に馴染んでくれています。現時点では気性面、健康面、脚元に気になる点はありませんので、来月に入ってからBTCでの運動を開始できそうです。初仔ですが、ひ弱さを感じませんし、お母さんが活躍した馬なだけに良いモノを持っていると思います」とコメント。武英智調教師は「助手時代にお母さんの担当をしていたご縁もあり、お預かりできることになって喜んでいます。ルナはアドマイヤムーン産駒らしくスピードのある馬で、手先の軽い馬でした。この仔も手先が軽いですし、母の長所を受け継いでいるようです。母は普段おとなしい性格でしたが、走り出すとピリッとしたところのある馬だったので、気性も似てほしいなと思っています。お母さんの分まで息子には頑張ってもらいたいですし、大事に育てたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は443kgです。
初仔とは思わせない雰囲気を醸し出しており、これからの成長も大いに期待できることから、母を超える活躍、そして父の産駒を代表する存在になってほしいと期待しています。
page top
page top