Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
サマールナの2017   [募集馬 / シュウジデイファーム]
2019/02/15
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「周回コースで2600mほど走らせて体をほぐしたうえ、直線コースや坂路に移って2本、キャンターをこなしています。ハロン18秒までペースアップしましたが、手応えは楽ですよ。体が締まり、筋力も向上し、どんどん動きは良化しています。調教時は前向きに自らハミを取るうえ、コントロールが容易なのも好印象です。軽快なスピードで勝負できるタイプでしょうね。武英智調教師が来場した際に『前回見た時とはガラッと変わってきましたね。このまま成長してくれればルナに負けない活躍が期待できそうです』と喜んでくれましたよ。確かな能力が伝わってきますし、当初の感触より早い時季にデビューできるのではないかと期待しています。素直な性格もセールスポイントですし、とても従順で手がかかりません」とコメントしていました。
ひと頃に比べると幼さが薄れ、心身ともに確かな成長を感じさせます。初仔から母の評価を高める走りを見せてくれることでしょう。
2019/01/31
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「順調にペースアップしています。トラックでのウォーミングアップを2600mほど消化したうえ、直線コースや坂路へ入って2本、キャンターを消化するのが基本メニューです。ハロン20秒くらいまで加速させていますが、元気いっぱいで活気に満ちています。気持ちが前向きに切り替わり、軽快さを増していても、気になる癖などなく、とても乗りやすいですよ。無駄肉が削がれたぶん、体重が減っていても、飼い葉はしっかり食べています。上背が伸びていますし、ずいぶん大人っぽい雰囲気になりました。これから筋肉量が増え、もっと見栄えがするようになるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は440kgです。
母にも負けない活躍を果たし、ゆくゆくは父の最高傑作に育ってくれることを期待しており、それも十分に可能な逸材と見ています。
2019/01/15
シュウジデイファームで育成中。この中間もBTCの坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「ブレーキングで手がかからなかったように、素直な性格です。BTCの様々なコースを経験させても、鞍上の意のままにキビキビと動け、今のところ文句なしの優等生ですね。現在は屋内ダートコースでのキャンター2500mをメインにして、ハロン22秒くらいを消化中です。しばらくは基礎体力のアップに重点を置き、丁寧に乗り進めますが、ウッドチップの坂路も使って、少しずつ調教内容を強化していますよ。これから成長する余地が大きいとはいえ、まとまった馬体に好感を抱いていますし、健康状態はすこぶる良好です」とコメントしていました。現在の馬体重は456kgです。
3勝をマークしたうえ、息長く走った母の仔らしく、鍛えて味があるはず。調整は軌道に乗りつつあり、現地でも確かな手応えを感じ始めています。
2018/12/27
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「今後の調教を進めるにあたり、必要なことをマスターし、人間との関係も築けてきたことから、この中間よりBTCでの調整をスタートさせました。まだ1ハロン22秒が上限ですが、素軽い動きを見せており、先にBTC入りした馬たちに難なく付いていけていますよ。体が大きくなって見栄えも良くなりましたし、ゲートの通過も問題ありません。今後も成長度や状態を確認し、徐々にピッチを上げていければと思います」とコメントしていました。現在の馬体重は458kgです。
おとなしい性格ながら、調教時には気合の入った姿も見られるだけに、母と同じようにオンとオフの切り替えがしっかりできるタイプとみています。
2018/11/30
シュウジデイファームで育成中。現在は牧場内のロンギ場とウッドチップコースで騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「11月中旬にこちらへ移動し、馴致を無事に終えています。現在は牧場内のロンギ場と馬場でハミ受けを中心とした基本動作を教え込んでいる状況です。慣れ親しんだ場所から移ってきたことで移動当初は戸惑いも見られましたが、今ではすっかりこちらの環境に馴染んでくれています。現時点では気性面、健康面、脚元に気になる点はありませんので、来月に入ってからBTCでの運動を開始できそうです。初仔ですが、ひ弱さを感じませんし、お母さんが活躍した馬なだけに良いモノを持っていると思います」とコメント。武英智調教師は「助手時代にお母さんの担当をしていたご縁もあり、お預かりできることになって喜んでいます。ルナはアドマイヤムーン産駒らしくスピードのある馬で、手先の軽い馬でした。この仔も手先が軽いですし、母の長所を受け継いでいるようです。母は普段おとなしい性格でしたが、走り出すとピリッとしたところのある馬だったので、気性も似てほしいなと思っています。お母さんの分まで息子には頑張ってもらいたいですし、大事に育てたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は443kgです。
初仔とは思わせない雰囲気を醸し出しており、これからの成長も大いに期待できることから、母を超える活躍、そして父の産駒を代表する存在になってほしいと期待しています。
page top
page top