Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ペルヴィアンリリーの2019   [入厩馬 / ノーザンファーム空港]
2021/01/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「年末年始の1週間は成長促進を図るべく、軽めのメニューに切り替えましたが、健康状態に不安はありません。坂路入りを再スタートさせてからも、手応えは上々であり、短期間でハロン16秒ペースのメニューに戻せましたよ。ちょうど良いリフレッシュとなり、肌艶の良さが目立ちます。テンションの高さが気にならなくなり、精神的にもしっかりしてきましたね」とコメントしていました。現在の馬体重は461kgです。
2020/12/25
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「入念にトラックでの周回を重ねるとともに、坂路にてハロン17秒ペースのメニューを消化しています。デリケートな精神面に配慮して、あえてセーブ気味の内容に止めていますが、過剰な力みは薄れつつあり、ますます反応の良さが際立ってきました。品がある好スタイルをキープし、疲れが蓄積してきた気配もありません。跨った誰もが、トップクラスの素材だと評価する期待の星ですよ」とコメントしていました。現在の馬体重は458kgです。
まだそれほど速いペースではないものの、乗り味の良さが高く評価されており、今後のペースアップや成長が楽しみでなりません。
2020/12/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「現状は坂路を2本、ハロン17~18秒ペースのキャンターをメインに乗り込んでいます。ここ最近は順調そのもので、体も増えてきて軌道に乗ってきた印象です。強いて言えば繊細なメンタルには配慮していますが、時間や成長とともに改善できるとみています」とコメント。矢作調教師は「先日、北海道で見てきました。馬そのものは良くなっていますし、変わらずに身体能力の高さを感じています。遅生まれですし、じっくりと進めるようにお願いしました」とコメントしていました。現在の馬体重は465kgです。
2020/11/25
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路を2本、ハロン18秒ペースのキャンターをこなしています。繊細さが残る気性に配慮しながらも、順調にメニューを強化できました。一瞬の反応に鋭さを増し、運動神経が伝わってきますね。飼食いが落ちたりせず、安定した健康状態を維持していて、じわじわ馬体もボリュームアップしてきました。豊かな将来性を感じている逸材だけに、しばらくは丁寧に基礎を固めていきます」とコメントしていました。現在の馬体重は457kgです。
2020/11/13
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「敏感な性格ということもあり、ロンギ場での馴致を長めに時間を割きましたが、馬場入りしてからも敏感な面を見せるシーンが少なくありません。しかし、ここまで大事に進めてきたこともあり、一つ目の山を越せた感触がありますし、今後の経験や成長によって変わってくるのではないでしょうか。周回コースでの調教も織り交ぜながら、週に3回ほど坂路2本を登っており、18秒ペースを上限に乗り込んでいます。徐々に体が増えてきているのは好材料ですし、これからも一歩ずつ前進を図っていきたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は453kgです
2020/10/28
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「周回コースや坂路に入れ、スクーリングを開始しました。普段はマイペースを崩さず、扱いに苦労はありません。ただし、まだ気性面が幼く、騎乗時は些細なことに過敏に反応しがちですね。飼食いが落ちたりせず、健康状態に不安はありませんが、遅生まれですし、成長期にしてはスマートなスタイルのままだけに、しばらくは慎重に基礎固めを行うべきでしょう。日によってはロンジングでハミ受けの復習を行うなど、入念にコミュニケーションを図るように努めていますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は444kgです。
無敗の3冠馬となったコントレイルを送り出した矢作厩舎ですが、本馬も偉大な先輩に少しでも近づいてほしいと期待しています。
2020/10/15
ノーザンファーム空港で育成中。この中間も馴致と並行してウォーキングマシンとトレッドミルでの運動を消化しています。
担当スタッフは「現在も馴致を進めている段階ですが、既に鞍を装着することには慣れ、厩舎内だけではなく、ロンギ場にも行きはじめています。性格も従順ですし、現状での課題は見当たりません。遅生まれですし、これからの成長がとても楽しみです。馬体は減少していますが、馴致や運動を開始すればどの馬も減るのは当然のことで気にする必要はありません」とコメントしていました。現在の馬体重は449kgです。
2020/09/29
ノーザンファーム空港で育成中。現在は馴致を行うとともにウォーキングマシンとトレッドミルでの運動を消化しています。
担当スタッフは「9/22にノーザンファームYearlingより当場に移動しました。騎乗馴致を開始しましたが、素直な態度を崩さず、スムーズにマスターしつつあります。現在は標準サイズですが、飼葉をよく食べ、毛艶も冴え、とても健康的だけに、どんどん成長するでしょうね。ウォーキングマシンではキビキビと四肢を運んでいて、運動神経の良さが伝わってきます。成長力の高さを見せていて体もグングン増えていますし、少しでもセリの時期がずれていたら、さらに価格は上昇していたのではないでしょうか」とコメントしていました。現在の馬体重は458kgです。
遅生まれということもあり、購買時と比べても顕著な成長を見せています。今年のクラシック戦線は矢作厩舎のコントレイルが中心を担っていますが、当世代は本馬の活躍を期待したいところです。

測尺:体高156.5僉ゞ三173.0僉ヾ桧20.5
page top
page top